7月のガーデニング


7月初旬は集中豪雨が起こりやすいので注意が必要です。
梅雨明けは7月中旬から。南から順に明けていきます。

昨日まで続いた梅雨空が一転して晴れわたり、太陽が照りつけ、突然夏が始まります。
夏のガーデニングは水やりと草取りで大忙しです。


雑草取りに大忙し


 夏は雑草の生い茂る季節。いつの間にか生えて、育てている植物の養分を横取りして旺盛に成長し日光を遮り、育てている植物を弱らせ、時には枯らしてしまいます。

雑草は小さいうちに抜き取ってします、それがいちばんです。
根の深い多年草の雑草は、花壇の土の表面を軽く耕すようにしておくと抜きやすく、楽にできます。

バークやピートモス、腐葉土などマルチしておくと、雑草防止になります。



夏の病害虫対策


 高温多湿の7月の花壇は病害虫が多発します。

うどんこ病にはベントレーを、灰色かび病にはベントレーやロブラールなどを散布して防除します。

ヒマワリやダリアの白絹病、ペチュニアやマリーゴールドなどの青枯れ病や立ち枯れ病にかかった株は見つけ次第、株を抜き取り焼き捨てます。
これらの病気は土壌中のウイルスの感染によって発生するので、治療できません。

予防のために、用土を水はけをよくし、植え付け間隔を広めにして風通しをよくし、強健に育てることが大切です。

ハダニの発生にはケルセン乳剤やオサダンなどが効きます。

アブラムシにはオルトラン粒剤を株もとに散布して駆除します。

アブラムシはユリなどのモザイク病の媒介をするので、特に注意が必要です。モザイク病にかかった株は抜き取って捨てます。

庭木に発生するイラガやチャドクガなどの毛虫は小さいうちは葉の裏に集団を作っています。
木の葉をよく見て早く発見し、葉ごと処分します。毛虫の仲間には刺されるとひどく痛むものがあるので、手に触れないように気をつけて作業します。

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!