利己的な遺伝子 遺伝子の川 遺伝子の夢 ウイルスの陰謀 利己的遺伝子とは何か

複製されるヒト ゲノムを読む

「利己的な遺伝子」
著者:リチャード・ドーキンス

我々は遺伝子という名の利己的な存在を生き残らせるべく盲目的にプログラムされたロボットなのだ
遺伝子は、マスター・プログラマーであり、自分が生き延びるためにプログラムを組む。
個体というものは、その全遺伝子を、後の世代により多く伝えようとする。
自然淘汰における中心的な役割を演じているのは、遺伝子と生物個体である。

1.遺伝とは 2.遺伝子とは 3.ゲノムとは
4.クローンとは 5.癌遺伝子とは 6.遺伝子治療とは

人間の遺伝子 DNA人類進化学 行動を操る遺伝子たち 遺伝子が語る生命像 遺伝子と脳

ドリー誕生〜生命科学の行方
クローン羊「ドリー」ママに 体細胞クローン牛誕生 クローンマウス誕生

人間に魂はあるか 遺伝子治療の誕生
「利己的遺伝子」を正しく理解しよう 人間は遺伝子を越えられるか
遺伝子は、どこまで医療を変えられるか? 遺伝医学のためのインターネット情報

ミーム:心を操るウイルス


人体・環境異変

遺伝子汚染
遺伝子汚染を起こすバイオ事故 遺伝子汚染を起こす地球環境問題
身近に存在する遺伝子汚染 電磁波と遺伝子汚染

環境ホルモン
奪われし未来 メス化する自然


生命誕生の最新のシナリオ

地球創造
THE MIRACLE PLANET 地球創造の150億年

生命:40億年はるかな旅
海からの創世 進化の不思議な大爆発 魚たちの上陸作戦
花に追われた恐竜 大空への挑戦者 奇跡のシステム”性”
昆虫たちの情報戦略 ヒトがサルと別れた日 ヒトは何処にいくのか


脳と心
心が生まれた惑星「進化」 脳が世界をつくる「知覚」 人生をつむぐ臓器「記憶」
人はなぜ愛するか「愛情」 ひそめられた復元力「発達と再生」 果てしなき脳宇宙「無意識と創造性」



なぜいま「利己的な遺伝子」なのか

戻る ホーム


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!