胃癌


1.胃癌

日本の胃癌の頻度は世界的にも多く、胃癌多発国であります。
我が国の胃癌年齢調節死亡率は減少傾向にあるとはいえ、男性で第2位、女性で第1位を占めています。また、早期胃癌の発見の増加や老齢人口の増加のため推定罹患数は年間5万人程度で横這いと考えられます。

病型:1.早期胃癌:癌浸潤の浸潤度が粘膜内または粘膜下層に限局しているもの。
          (5年生存率  粘膜内癌 93%、 粘膜下層癌 83%)
    2.進行癌:癌浸潤が粘膜下層を越えるもの

2.検査
 
 胃癌の存在診断に最も有力なのは、内視鏡検査です。多くの早期胃癌は治癒が期待でき、早期診断の重要性は大きいと考えられますので、定期検査が大事です。

3.内視鏡治療

 現在内視鏡治療の条件は、以下のものが考えられています。

1)分化型腺癌
2)進達度が粘膜固有層まで
3)大きさが、隆起型で直径2p、陥凹型で1pまで
4)潰瘍・潰瘍はん痕を伴わない

上記基準を満たす症例では、リンパ節転移がほとんどなく、内視鏡治療が可能です。


戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!