English Roses


オールドローズの花形、香りとモダンローズの四季咲き性をあわせもった人気のバラ。

イングリッシュローズは、オールドローズの花形や花色、雰囲気を残しながら、モダンローズの四季咲き性を備えた新しいバラです。

イギリスのデビット・オースチン詩が50年の歳月をかけて作り出したもので、現在約100品種が発表され、その多くは入手が可能です。

なによりも病気に強く、育てやすいことで人気を集めています。

GLAMIS CASTLE

イングリッシュローズの中でも四季咲き性は1,2を争う。秋遅くまで純白のカップ咲きの花を次々と咲かせる。
GRAHAM THOMAS

中輪カップ咲きの整った花形と深みのある黄色の人気の品種。
ティーローズの強い香り。
FAIR BIANCA

純白のかわいらしい花。咲き進むにつれて、カップ咲きから平らなロゼット咲きに変化する。香りは心地よいミルラの芳香。
CHAROTTE

黄色の美しいカップ咲きの花。香りは強いティーローズの香り。
RADIO TIMES

鮮やかな桃色で、オールドローズのような花形。すっきりとしたロゼット咲き。香りは強いオールドローズ香。
BOW BELLS

ローズピンクの花径6−7pの中輪の花。性質は丈夫でよく成長する。香りは弱い。
KATHRYN MORLEY

中輪の優しげなカップ咲き。ソフトピンクの透き通るような花色で香りも良い。
WILLIAM
SHAKESPEARE

ロゼット咲きの濃紅色に変化していく。香りも強いオールドローズ香。

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!