脂肪肝


外の臓器から運び込まれてくる脂肪分や肝臓で作られる脂肪分が増加し、肝臓での脂肪の代謝や肝臓からの脂肪の放出が減少すると、肝臓の脂肪蓄積量が増加します。それが高度になった状態を脂肪肝と呼びます。

原因はいろいろありますが、普段よく見るものとしては栄養過多によるものとアルコールによるものが大半です。

飽食の時代を反映して過栄養性脂肪肝は増えています。若い人にもたくさんいます。脂肪肝は可逆的な病気なので、あまり深刻な病気ではないのですが、身体が重くなり疲れやすかったりして爽快感が損なわれます。また、脂肪肝の人は血中のコレステロールや中性脂肪の値が高く、動脈硬化が促進されることも心配です。

アルコール性脂肪肝はアルコールの肝障害作用により起こりますが、我が国では飲酒と共に大食する人が多いので、大半の人が過栄養性の要素をもっています。中年のサラリーマンの半数は脂肪肝といわれています。

診断にはコリンエステラーゼ値やγGTP値が上昇するほかに、超音波で肝臓が高輝度になるのが特徴です。

治療には薬はいりません。暴飲暴食を慎み、適度に運動する必要があります。

与芝 真著「肝臓病の生活ガイド」(医歯薬出版株式会社)

戻る