プランニング


プランのコンセプトを立てる

まず大切なのは、どういう庭にしたいかという、主張(コンセプト)をもつこと。庭の立地条件、自然環境、ライフスタイルに合わせて庭を作っていくことが、家庭の庭づくりの基本になります。

1. ライフスタイルを考える

あなたの暮らしに無理なく溶け込むプランを立ててください。日々の暮らしにそったプランの中でこそ、あなたの庭の思いも育っていきます。

2. 庭に何を植えるか決める

1) 好きだから植えたい植物
2) 自分の庭に必要な植物
3) 自分の庭で育つ植物


1. ライフスタイルを考える
あなたの暮らしに、無理なく溶け込むプランを立ててください。
日々の暮らしにそったプランの中でこそ、あなたの庭の思いも育っていきます。


2. 庭に何を植えるか決める

1) 好きだから植えたい植物

2) 自分の庭に必要な植物

3) 自分の庭で育つ植物

3.庭の色合いを決める四つの方法

1) 庭全体を統一する
自分や家族の好みに合う色合いで、庭全体を同じトーンにおさめる方法
1色を選んでその濃淡におさめるというだけでなく、たとえばパステルカラーにするとか、白やブルーを合わせて寒色系にするなど、色づかいで庭全体のイメージを統一する方法です。

2)場所毎にイメージカラーを設定する
庭全体を同じ感じにするのではなく、外から見たときの効果や家の中から見たときの調和を考え、玄関、中庭、裏庭などを、それぞれ異なる色合いで構成する方法です。

3) 一年中同じ色合いにする
一年を通じて自分の気に入りの色合いで統一することで、自分のスタイルを確立することができます。またこの方法は、庭を見る人にもコンセプトが伝わりやすい方法です。

4) 季節毎に色合いを変える
春は春らしくやさしい色を中心に、夏は情熱的な色をポイントにーーーといったぐあいに、季節や年中行事に合わせて色合いを変えていく方法です。季節感を堪能しながら、季節ごとの趣向を凝らす楽しみが選られます。

リビングから眺める庭


リビングルームは、家族が思い思いに集まってくつろげる大切な空間です。

そこから眺める庭は、やはり長く見ていても飽きず、できることなら眺めているうちに心が安らぐ雰囲気が望ましいと思います。

もちろん見ていてうっとりするような美しさを兼ね備えていればいうことありません。


アプローチと玄関


アプローチや玄関など、通りに面した小さな植え込みスペースには、現状では、ほとんどツツジが植えられたり、敷石が敷かれたりしてます。

でもここは、その家の顔となる部分です、いくら小さいなスペースとはいえ大切にしたい場所です。


建物のまわり


建物を囲む外回りの部分は、庭と建物の調和をとるための大切な場所です。

できるだけ土を見せず、植物で建物を包むように埋めていくと、庭と建物が一体化して見えるでしょう。外回りの植栽は、そのまま家の第一印象につながります。

そして壁はつる植物を育てるための貴重なスペースです。

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!