がんは、遺伝子治療の対象なのか?


がんは、がん遺伝子やがん抑制遺伝子の異常によって起こることがほぼ明らかになってきた。それならば、異常をきたしたがん遺伝子やがん抑制遺伝子を正常に戻したり、正常なものと入れ換えることができれば事は簡単だが、そこまでの道のりははるかに遠い。

現状では、がんと闘う免疫力を強化する免疫遺伝子治療―がん組織にp53(がん抑制遺伝子)を入れて、その場で働かせるーとか、がん遺伝子の発現を抑えるといった局所的治療、毒性のない薬剤を毒物に変えてがん細胞を殺す自殺遺伝子の導入などの方法が考えられている。

たとえば、単純ヘルペスウイルスが持つ酵素の遺伝子(単純ヘルペスチミジンキナーゼ)も自殺遺伝子だ。この遺伝子ががん細胞に取り込まれて、チミジンキナーゼという酵素を産生するようになったところで、ガンシクロビルというプロドラック(そのままでは毒性がないが、ある酵素によって活性化され毒性を持つようになる薬)を投入する。すると、酵素の遺伝子を導入されたがん細胞で薬剤が毒性をもち、がん細胞だけが死ねと言うわけだ。普通の抗癌剤治療と違って、正常な細胞には害を与えずにすむというのが大きな利点だ。

こういう酵素の遺伝子と薬の組み合わせは、他にもいくつかわかっている。すでにアメリカ国立衛生研究所(NIH)で、脳腫瘍の患者を対象に臨床治験が行われ、腫瘍が小さくなることも確認されている。ただ、この治療はがん細胞全部を殺すというわけにはいかない。この点が難しい。

今後は、遺伝子の運び屋(ベクター)をさらに改良するなどして、すべてのがん細胞に確実に遺伝子を導入することが必要となる。

戻る 進む


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!