今、最も期待されている「免疫遺伝子治療」とは何か?


浅野教授によると「がんが全身的な病気であることなどから、今世界でもっとも研究が進められているのは、全身的な効果を期待できる免疫遺伝子治療だ」と言う。ごく簡単にいうと、人間が持つ免疫力を強化して、がんをつぶそうという考え方です。

人間の体には、異物や病原菌などを排除するため免疫システムが存在している。しかし、がん細胞は、免疫細胞が認識しにくく、そのために免疫系の攻撃から逃れている。しかし、そのなかでも悪性黒色種や腎臓がんは比較的免疫細胞に認識されやすく、細胞障害生Tリンパ球などが攻撃に当たる。

そこで、こうしたがんを攻撃するリンパ球などを標的とした遺伝子操作を行い、免疫システムによる攻撃力を増強しようという方法が一つ。逆に、がん細胞のほうに遺伝子操作を加え、目印を強化して攻撃部隊に認識されやすくしよう、というのが腫瘍ワクチンという手法だ。

これまで世界で行われたがん遺伝子治療では、この腫瘍ワクチンの手法を用いたものが一番多い。
東京大学医科学研究所付属病院でも、腫瘍ワクチンの方法を使って腎臓がんの遺伝子治療を行う計画を国に申請、すでにゴーサインが出ている。

これは、専攻した腎臓がんの患者から取り出したがん細胞を培養し、レトロウイルスを運び屋(ベクター)にしGM-CSF(顆粒球マクロファージコロニー刺激因子)という生理活性物質の遺伝子を導入する。さらに、がん細胞が活性化しないように放射線をあててから体内に戻す方法だ。戻すところはどこでもかまわないが、今は皮内や皮下に注射で戻す。

うまくいけば、「攻撃目標であるがん特異的なペプチド」を提示する免疫細胞が活性化し、その刺激から免疫に関わる細胞が増殖して、最終的には細胞障害生Tリンパ球などの攻撃部隊が全身を巡り、手術で取り残したがん細胞や転移したがんを破壊してくれる。

戻る 進む


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!