早崎 和也

循環器疾患の専門医として超人的に働き続けていた著者を突然襲った脳腫瘍。死に直面してもなお、著者は生き甲斐を求めて、ロマンを語った。誰もが避けることが出来ない死。迫り来る生命の危機を意識したとき、人は冷静に死と向かい合えるのか。そして、生きる努力が出来るのか。明日に不安を抱くすべての人に贈るドクター早崎のメッセージ。

戻る