紅葉といえば、秋の京都

高桐院


高桐院は、江戸時代初期の武将で茶人として有名な細川忠興(三斎)が、建立した大徳寺の塔頭で細川の菩堤所である。
境内には、我が熊本ゆかりのガラシャ夫人の墓があります。

直立する竹の緑を背景に、女性的な枝振りのもみじの
紅葉に心打たれました。
日本人に生まれてよかった思える瞬間でした。
写真では、その感動を伝えられないのが残念です。
京都旅行の際には立ち寄ってみてください。

わびさびと言えば、日本の伝統である茶道

裏千家今日庵ホームページ

戻る ホーム


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!