第12章:反応


今こそ、私たちは教訓を学ぶべきなのだろう。


庭の草花、太陽の暖かさ、繰り返される四季の移り変わり、自然は一見単純そうに見える。
だが自然はこれまでにもたびたび、人智では計り知れない驚くべき複雑さを明らかにしてきた。

私たちの生活を一変させた化学物質が、永遠の黄金時代へ導いてくれるかと思われたすばらしい発明品の数々が、微妙な悪影響の複雑な絡み合いによって、気づかないうちに私たちを文字通り生物学的に変化させてしまうとは、いったい誰が予想しただろうか?

だが、一握りのすぐれた科学者たちが、経済力でも政治力でも人間の傲慢さでも、どうしても隠しきれなかった一連の証拠を白日の下にさらした。

問題は非常に複雑だが、彼らが提示した証拠は、驚くべき環境汚染が現実に存在し、それが危険きわまりないものであることを示している。

今私たちは、汚染物質が大地にも、雨にも、海にも、誰もが口にする食物にも、呼吸する空気にも含まれていることを知った。それからは逃れるすべは、まったくない。

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!