「利己的遺伝子」を正しく理解しよう


遺伝子は自分の利益のために生物を進化させているのか?

東北大学大学院理学研究科助教授 河田雅圭

1976年、イギリスの動物行動学者リチャード・ドーキンスは「利己的遺伝子」をあらわし、これまでの進化理論に新しい見解を提唱した。

ドーキンスは自然選択を考える上で、「複製子」と「乗り物」という概念を提出した。進化において代々情報を伝えていくのは、コピーを作って増えていく「複製子」という単位である。その複製子が複製していく上で必要なのが、複製子の乗る「乗り物」である。複製子は自分のコピーをより多く残すために乗り物を作り、その乗り物がほかの乗り物や環境の中でうまく生き延びられるように操作するというのである。

現実の地球上で生物にとって、複製子とみなされるのが遺伝子である。そこで、ドーキンスは「遺伝子にとって有利な性質が進化してきた」という比喩的な表現が妥当であると述べたのである。

また遺伝子を運んでくれる乗り物の候補として、最も有力なのが個体である。実際に多くの場合、遺伝子は個体が生存し繁殖することで、増えていけるからである。遺伝子は自分のコピーを残すのに都合の良い乗り物の性質(表現型)を、作りだそうとし続けた。その結果、利己的にふるまう遺伝子が進化してきたのだという。乗り物を個体ではなく集団とみなせば、集団が生き延びることで遺伝子が増えていくと見ることができる。

利己的遺伝子の問題点

利己的遺伝子の見方には問題点も多い。ドーキンスの見方では、最終的に複製され、引き継がれていくのは遺伝子であるというのがもとになっている。

しかし、ある遺伝子が生き残ってきたのは進化の結果であり、進化の原因ではない。実際に遺伝子を広めたり広めなかったりするのは、個体などの乗り物のほうなのである。自然選択を正しく理解するためには、どのレベルの現象が遺伝子を増減させているのかを調べる必要がある。

さらに「遺伝子にとって有利な性質が進化する」というフレーズは、別の誤解も受けているようである。「遺伝子にとって」という意味から、同じ遺伝子を持った集団、つまりは種全体にとって有利な性質が進化するというように、誤解される場合がある。しかし、集団に有利になるような性質が進化する可能性は、血縁や比較的小さな集団においてはありうるが、種全体のために進化するという可能性はほとんどない。

もともと、種の繁栄のために自然選択が働くとする考えの否定するところから、ドーキンスの利己的遺伝子の発想は始まっている。しかし結果としては、種に働く自然選択に関して、謝った理解を促してしまっているようである。

遺伝子で人間行動を説明できるか?

ドーキンスの著書「利己的遺伝子」が出版されてから20年以上が経過した。この考えは現在、正しいとも間違っているともいえない。なぜなら、それはものの見方であるからだ。適切な見方であったのかといえば、利己的DNAの進化などについては有効だったと思われる。

しかし自然選択によってどのような生物が進化してきたのかという、進化のメカニズムの理解に関してはそれほど有効であったとはいえないのではないだろうか。

ドーキンスの用いるさまざまな比喩は、むずかしい進化理論を直感的に理解しやすくするというメリットがある。しかし同時に、誤解されやすくなるという危険性もともなう。

利己的遺伝子の見方を、人間を含めた生物一般にあてはまる仮説であるとする認識は、遺伝子レベルですべて説明できるという過剰な思いこみをする人が増えるだけでなく、遺伝子で人間の行動を説明できるはずがないという過剰な反発を招いてしまうだろう。

Newton .3 .1999



戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!