人体・環境異変

-破局か 再生か-


Newton臨時増刊号


守るべき生命の星



ついに地球環境に変化のきざしが現れ始めた。

1998年、全地球表面の平均温度は、観測史上最高の値を記録した。

原因は人間活動の増大であることを、多くの研究者が指摘している。

環境の変動は予想を超えた速度で進行しているという。

急激な変化に生態系はどこまで順応できるのか。オゾン層の破壊や動植物の絶滅、砂漠化など、

人間活動が地球に及ぼす影響は多岐にわたる。

地球がはぐくんできた多様な生命。その命運を人間が握っている。



守るべき未来



胎児は、母親の子宮の中で姿を大きく変えながら、成長していく。

その形態変化は、太古の祖先が歩んだ38億年におよぶ生命進化の歴史をたどるという。

現在、胎児は人類の放出した科学物質にさらされている。

この状況は、生命の歴史において、はじめての事態に違いない。

それが未来の人類にどんな結果をもたらすか結論は出ていない。

しかし問題を克服すべくさまざまな取り組みが開始されている。

人類は今、破局と再生の大きな分かれ道に立っている。


戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!