発癌のプロセス


樋野 興夫(癌研究会癌研究所病理部)
青木 宏 (日本学術振興会特別会員)



1. 癌は遺伝子病である

「癌は遺伝子の病気である」ことが現在定着してきた最大の理由は、癌化の標的遺伝子である癌遺伝子(proto-oncogene:1976年発見)および癌抑制遺伝子(tumor suppressor gene:1986年発見)が具体的に発見されたことによる。

すなわち、癌化遺伝子(癌遺伝子および癌抑制遺伝子の両方を含む)の発見によって、ヒト癌化機構は、特定の遺伝子レベルで多段階的に描けるようになってきた。最近、ヒトゲノム解析の進展によって病気の本態が具体的に考えられるようになってきた。

癌の遺伝学という言葉は「遺伝性の癌」と「遺伝子病としての癌」という二つの事柄を含んでいる。癌細胞の起源は1個の体細胞に由来し、内なる遺伝子の異常により起始される。この意味するところは、癌は「遺伝子病」であって、「遺伝病」ではない。

2. ヒト癌の起源

Kundsonは、癌発生の病因論から、環境因子と遺伝子因子との組み合わせによって、癌患者を4つのグループに分類(Oncodeme)した。

Oncodeme1は、バックグラウンドとして起こるもので、長寿を願う人間にとって宿命的なものである。自然突然変異を抑える有効的な手段がない現状において、残念ながら癌の発生を避けることはできない。ヒト癌の20%はOncodeme1からなるものと考えられる。

Oncodeme2は、環境因子によるものである。たとえば化学変異原物質、放射線、ウイルスなどがあげられる。肝炎ウイルス(B型およびC型)による肝癌は、この代表例である。

Oncodeme3は、環境因子の関与が大きいが個人の体質(例えば癌原物質の代謝の個人差などに遺伝的に規定されている)によって左右されるものである。タバコと肺癌の関係などがこのタイプに入ると思われる。

Oncodeme2と単純に考えられているものでOncodeme3に入るものが実際のところ多いと考えられる。癌の遺伝的素因は最近の癌研究の中心課題である。

ヒト癌の80%はOncodeme2と3によって占められていると言われている。そもそもOncodeme2および3は、癌化のステップそのものの数を減少させるものではなく、癌化のヒットの頻度を高め、バックグラウンド(Oncodeme1)の発癌率を上昇させていることになる。

Oncodeme4は、遺伝性の癌化のステップが他のOncodemeより少なく、その分だけ癌化の確率が高くなる(high risk group)。癌全体から見ればOncodeme4は少数である(約4%)。しかし、病因遺伝子がわかっているので、発癌機序の解明には極めて重要であり、最近の癌研究のトピックである。

3人に1人が癌になり、4人に1人が癌で死亡する現代では、浸透率(penetrance)の低い遺伝性癌の場合には、どれが遺伝性で、どれが非遺伝性の癌なのか区別が困難な症例が出てくることが今後予想される。

肝胆膵 37(2)

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!