レイチェル・カーソンの「沈黙の春」から30年

化学物質の危険性はがんだけではなかった!

ダイオキシンやPCB、DDTはたとえ微量でも体内にいるとホルモン作用を攪乱し、
胎児の性発達をさまたげてしまう。

その結果ー人類はもう子孫を作れない!

著者


シーア・コルボーン WWF米国委員会の化学顧問。
内分泌系攪乱化学物質の専門家


ダイアン・ダマノスキ 「ボストン・グローブ」紙に米国内外の環境問題に関する
記事を執筆している。


ジョン・ピーターソン・マイヤーズ 環境保護と核戦争廃絶に取り組む私的財団である
W・オールトン・ジョーンズ財団の理事

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!