ウイルスの陰謀ー40億年目の地球制覇

根路銘 国昭


生命の謎を解くウイルスたちの40億年の歴史



およそ40億年前、熱い海のスープの中で、ヌクレオチドとアミノ酸が自然に合成された。やがてヌクレオチドは自然にRNAになる。そしてそれにアミノ酸がいくつか結合してできた蛋白質がからみつく。生命の発端となったその物質は、RNAと蛋白質からできた、小さな塊にすぎなっかただろう。

ところがRNAには遺伝情報を蓄積できる能力と触媒反応をする能力がある。最初は単なる浮遊物として海に漂ううちに、自然にそれらの能力が働き、海水中の物資を利用して、自分で蛋白質を合成するようになった。

RNAウイルスの誕生である。地球上の生命の祖先はRNAウイルスだったのである。

RNA生物は、自己増殖可能な環境では次々に仲間を増やしていき、過酷な環境では結晶化して時を過ごすなどして地球上に広がっていく。と同時に、それこそ目まぐるしく変異して進化を続けていった。

そして無数にその種類を増やしていき、地球は、RNAワールドとなった。
このようにしてRNAワールドが生まれ、それが数億年つづく間に、おそらく、蛋白質と核酸に自己複製と情報伝達の機能を分担する形に進化していったのだろう。二重の脂質で身をまとい、自らを保護することも覚えていったに違いない。こうしてRNAウイルスの前駆体へと進化していく。

だがRNAワールドの住民たちは、行動力はあったが、自分自身の分子構造が不安定という負い目があった。

RNAは紫外線に大変弱く、またアルカリ溶液や高温、ある種の金属イオンによっても簡単に分解されてしまう。これでは安定できない。生命を維持し、種族を繁栄させていくことが難しい問題である。

たぶん分子が不安定なため必要以上に変異を重ね、さまざまな酵素を作り出したに違いない。そのうちには逆転写酵素を作り出したものがいた。これがレトロ・ウイルスの祖先であるレトロ・ウイルス様生物の出現である。

DNA生物はRNA生物よりはるかに強い。遺伝子が安定しているから、確実に子孫の繁栄が行える。したがって、その当然の帰結として、RNA生物をしのぐ勢いで勢力を増していったに違いない。

こうしてRNAワールドが終焉して、生物の世界はDNAワールドへ移っていく。DNA生物は、第一次生命体であるRNA生物から、彼らが試行錯誤で得てきた遺伝情報を引き継いで始まったのである。

そしてRNA自体はDNAを補佐するものとして取り込まれていくものと、RNA生物のままで生き続けようというものとに分かれていったであろう。ウイルスのRNAウイルスたちは、いわばRNAワールドの生きた化石なのである。

こうしてRNAワールドからDNAワールドに移行することにより、生物はまさに驚くべき進化を遂げてきた。現在DNAが地球を支配し、華やかな進化の歴史を繰り広げている。その裏で、RNAワールドに残ったものたちも、きちんと進化を続けてきた。ウイルス様の生命体からウイルスへと。

では、そのRNAワールドはどこにあるのだろうか。いうまでもなく、それはわれわれDNA生物の細胞の中である。動物にも植物にも、もちろん、バクテリヤにも潜んでいる。

30数億年前、DNAワールドが始まると共に、彼らはDNA細胞の中に潜入したのである。そして時には大暴動を起こしながらも、基本的には彼らは静かに、ひっそりとDNAと共存してきた。

レトロ・ウイルスも同様だ。癌のウイルス、エイズ・ウイルス、白血病を引き起こす成人T細胞白血病ウイルスなどがよく知られているいるが、その仲間たちも、生物の細胞に生存している。

そして免疫力が低下するなど、細胞内の環境が変わり、いづらくなると突然RNAウイルスにもどり、恐ろしい病気を引き起こすのである。

それだけでなく、レトロ・ウイルスたちは、逆転写酵素によってRNAを宿主のDNAに書き込んで同化し、繁殖しつづけるのである。それはつまり、我々のDNAを変異させてきたのである。

最近、新種のウイルスによる疫病の発生が増加してきている。注目したいのは、それらの大半がRNAウイルスによるということだ。それは、RNAワールドに異変が起きていることを暗示しているように思える。何かがRNAワールドで始まっている。21世紀にはウイルスが大反撃してきそうだというのは、多くのウイルス生態学者がいだいている不安である。

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!