ミステリ道入門

 

ミステリを読んでみたいけど、どれから読んでいいのか分からない!
そんな方のために、ミステリ入門&中毒への指南書となりそうな本をチョイスしてみました。
少しでもお役に立てれば幸いです。^^;
(体力と時間の許す限り、随時、追加していきます/現在3冊)


『ハサミ男』殊能将之/講談社文庫 

何をおいても、まずはこれ。現代新本格の最高峰でしょう。何の予備知識もなく、とにかく読んでみてください。強烈無比。マジでぶっ飛びます。

世間で恐れられる連続少女切り裂き魔「ハサミ男」。だが、その手口を模倣する犯人が現れ、真犯人たる「ハサミ男」は、犯人を探し出し、自分に掛けられた濡れ衣を晴らそうとするのだが…

犯人にして探偵、けどやっぱり殺人鬼、という主人公が極めてユニーク。『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』のレクター博士みたいだけれど、なんだかとっても能天気でマイペース。どこか憎めない。

サイコホラーなのに、飄々としてつかみ所のない文体が、クールでカッコいい。軟投派ピッチャーの球にタイミングをつかみかねていると、いきなりど真ん中に超速球が来る、そんな感じ。

多くを語る必要はない傑作。あなたが本書をまだ読んでいないのなら、今から未曾有の経験ができるその幸運を、神に感謝するべきだろう。

 

 

 『北の夕鶴2/3の殺人』島田荘司/光文社文庫

『ハサミ男』がいきなりの変化球だったので、これぞ王道という本格推理小説を紹介しておきます。

時刻表を使ったせせこましいアリバイだの、糸と針を使ったチンケな密室だのに興味はないアナタでも、本書のウルトラC級の大トリックには目を見張ることでしょう。

奇想天外にして大胆不敵、そして実に《絵》になる美しいトリック。それなりの数のミステリを読んできた僕ですが、本書を超えるトリックは、それこそ、同じ作者の『占星術殺人事件』や『斜め屋敷の犯罪』くらいしか思いつかないほどなのである。

ただ、トリックが美しいだけではない。トリックが判明した瞬間、人が死ぬ晩に聞こえる夜鳴き石だの、鎧武者の亡霊だのといった、物語を盛り上げるためのオカルト話としか思えなかった要素が、バシッと一本につながって論理的に解明される。その見事なこと、気持ちいいこと。本格ミステリとはこう組み立てるものだという、お手本のような作品なのだ。

別れた元妻の無実を証明するためという、主人公の刑事の行動原理も熱い。満身創痍で意識朦朧となりながら謎解きをするシーンのテンションの高さは尋常ではない。ロマンス小説としてもオススメできる一冊。

実は、本書は吉敷刑事の活躍するシリーズ3作目なのだが、いきなり本書から読んでもらっても少しも構わない。前2作も良作ではあるけれど、いかんせん地味なので、本書にたどり着くまでに挫折してしまう危険性がある。むしろ、この『夕鶴』から世界にはまっていく方が無難だろう。

参考までに、他の吉敷シリーズでは、『奇想、天を動かす』『Yの構図』『消える!「水晶特急」』などが、ミステリ濃度が高くてオススメ。特に『奇想、天を動かす』は、島田荘司のベスト(ということは、国産本格ミステリのベスト)と個人的に思っている傑作である。合わせて読んでみていただきたい。

 

 

 『七回死んだ男』西澤保彦/講談社文庫

ちょっと一休みというか、趣向を変えてといいますか、気軽に読めて楽しい、「ああミステリって面白いな〜」「こういう面白さもあるのか〜」ということを再認識できる一冊を挙げておきます。

主人公は高校一年生のくせに、ちょっとおっさん臭い精神構造の少年。彼は特異な持病(超能力?)を持っていて、その病気が出ると、彼の周りの世界が八日間、24時間ごとに時間がリセットされ、まったく同じ一日を繰り返すようになるのだ(それを認識しているのは彼のみ)。

大好きな祖父が殺されるという日に、この病気になってしまったから、さあ大変。少年は、祖父を殺しそうな人物を推理して、そのたび犯人の行動を妨害していくのだが、何故か違う人物の手によって、やっぱり毎回祖父は殺されてしまうのである。

《歴史》を変えられるのは、少年ただ一人。タイムリミットは八日間。それまでに、祖父を助ける方法を見つけないと、時は前に動き出し、祖父の殺害という事実が、《歴史》に確定されてしまうのだ…

SFと本格ミステリの融合という面白さもさることながら、一つの事件を何度も推理するという多重解決ものの楽しさが、またオツである。むかーし、初めて読んだ探偵小説やSF小説のような、奇妙な懐かしさや心地よさもある。つまり、純粋で原初的な《面白さ》というもののツボを抑えてあるのだろう。

オチは見抜けてしまうかも知れないが、読み終った後、誰もが「あー、面白かった」と満足の吐息を漏らせる一冊。SF+ミステリという同じ趣向のものとしては、同じ作者の『人格転移の殺人』(講談社文庫)もオススメ。