緊張の一瞬 捺印!!

セキスイハイムの書類とそれへの捺印について,どのような書類にどういうタイミングで 捺印するかをまとめます。 引き替えに,最終的にどのような書類を受け取って,それが意味を帯びてきたか というような観点から見て下さい。 ◆は捺印するもの、●はもらう書類です。お金の動きなども、若干記載してみました。 ◆住宅展示場を見に行ったときのアンケート: なにかとうるさい「アンケート」です。       捺印は必要ありませんが,住宅メーカーに名前が登録されるのでしょう。。。 ◆マイホーム申し込み:  申し込み時の簡単な捺印 三文判です。              これで,名前の登録が正式なものになりますね。              メーカーからすると,これ以降,営業さんが本腰を入れて              顧客として対応していくことになります。このうち何割かが              契約に進むのでしょう。 ◆土地調査書類: 土地調査を行うための委任状などに、署名捺印しました。 ●マイホーム計画シート: A3横長のシートで、見積書(A4縦長;標準外の追加工事などに              ついてのみ記載)と一体のものです。金額と引き渡しスケジュールが              割合細かく記載されています。下記、三立ちまで、図面とこの書類で              営業さんとお話を進めます。三立ちの時には、この見積もり内容をベースに、              工事内容確認を行うことになります。                           見積書には営業さんの印がありますが、マイホーム計画シート自体には              印はなく、サインだけです。 ◆契約書: 「大切な意味を持つ印」をついた書類です。もちろん実印です。 ●領収書:  頭金の支払いに関する領収書を、契約書とともにくれます。        そうです、契約と同時に頭金が要ります。大事に保管しましょう。 ◆計画図面: 営業さんと何度も打ち合わせし,これで「大体いい」という段階で,        図面に直接捺印しました。        建築確認や設計図面などの詳細図面作成をスタートするという区切りの印です。        これは普通の印鑑。 ◆資金関係書類: 公庫の融資関連など。種々捺印しました。          団信書類などへの捺印など,契約の次に緊張する瞬間です。実印です。 ◆建築確認関係: 計画図面などに捺印しました。これも実印。          この図面は最終的に登記に利用されていました。 ◆工事同意書:大型のクレーンを利用した工事であるため、近隣の同意が必要になります。        用紙はハイムでくれます。署名捺印して、自治会長さんのお宅に確認をお願いに        あがります。何か、菓子折の一つでも。。 ◆三立ち: 営業,設計,施主が膝を詰め合って行う最後の確認です。       ここは重要ですので、別の項目にまとめました。きわめて重要です。       この日,種々の確認をし捺印しますが、これ以降は,図面に基づいて工場生産を開始する       関係で,工場作業に係わる部分(ごく基本的な家の形など)は変更できなくなります。       といいながら,それ以外の部分(内装など)は実はいっぱい変更しました。 ●セキスイハイム計画書: 上記三立ち図面に基づき、納入期日と、最終的な価格や支払方法、       支払い日、振込先まで記載されたもので、要するに、いついつこんな家を、       ナンボの支払いとともに引き渡す という会社としての約束書類のようなものかと       思いました。営業さん外、その上司の方の捺印まで入り、ちょっと重くなった感じです。 ◆変更契約: こちらも大切な意味を持っています。価格や納期などの変更に関する契約。        A3横長の書類で、正式には「ハイム建築工事請負契約の変更に関する確認書」と        いうものものしいものです。その割に、3文判です。        私のところでは,2度ほど,変更契約を交わしました。        結果的に,最終的に有効な変更契約から見ると,引き渡し期日が1ヶ月        遅れています。        引き渡し遅延のペナルティーは,請求すれば相当な金額になるはずです。。。 ●確認書:  変更契約とペアで、契約後すぐに、管理部門から確認の用紙が送付されて来ます。        値段や期日の変更などが記載された、コンピュータ用紙です。        これ以外に、同じようなフォーマットで、支払い内容と残金の明細がおおむね毎月        送付されてきます。これは安心できます。 ◆中間支払い:上記、ハイム計画書に記載された期日を前に、請求書とともに振込用紙が送付        されてきます。大金が動きます。。。 ●確認書:  支払い内容と残金について記載された確認書が、すぐに送付されてきます。   ◆工事完了の捺印: 竣工検査の時に工事監督にせかされて捺印。           あとで,これは,工事部門の責任修了の意味を持つ重要な印           であることが分かって愕然。           つまり,以降の責任はアフタサービス部門へ移管。           要するに,監督は「建てっぱなし」ということです。。。           時間的に少し余裕を見て,しっかり確認することが必要だと思います。 ◆引き渡し書類への捺印: 鍵をもらうときに引き替えに捺印              引き替えに、引き渡し証なるものをくれます。 ●保証書: 立派な保証書をもらいました。表彰状のようなものです。。。 ●工事監理報告書,検査済み証: 突然郵送されてきました。                 重要書類で,書留扱いでした。 ◆登記関係: 新しい家の住民票を渡しました。        その後3週間弱で,新しい権利書等が送付されてきました。        建築確認の書類や,諸費用あづかり金の精算書類も同封されていました。        ものものしい,配達証明付きの書留でした。 ◆登記所類の受領書: 登記書類の受け取りと,精算金の銀行振り込み依頼書に            捺印して送付しました。            その後,精算金は2、3週間で振り込まれ,これですべての            処理を修了したようです。。。。            最終的に全て終わったとの連絡がないので,よく分かりませんが。            途中にあった確認書のような、最終的なものが欲しいところです。  ◆アンケート: 待ちに待ったアンケートです。A3版、書きがいがあります。         思うところを記載してあげて下さい。私は下書きまでして、ポイントを         逃さないように注意して書きました。 ◆ファミエス点検実施確認書: セキスイファミエスで実施される点検などの際の、実施確認書                への捺印です。 ◆一年アンケート: 一年点検を受けた後、ファミエスのサービス内容などを問うアンケートが           来ました。 もらった書類は,ハイムからもらった専用の書類ファイルにすべて収納しています。 これはなかなか良いものです。
地震からの復活に戻る
ジオシティーズの入り口へ このコミュニティの入り口へ ご近所を訪問する