5月のケーキ(ラ・テール洋菓子店)

Cake in May

*****************5月のケーキ

cake_3.gif (1557 バイト)史上最高の淡白ケーキ

旬のフルーツ・ルロー、ショコラ・ブラン、シュークリーム


Guri 三宿の街は、以前、僕が住んでたことあるんだよね。その頃は、これほどおしゃれなレストランとかなくて、ケーキ店も1軒くらいしかなかったような気がするな。
Gula その1軒って、ラ・テールだったの?
Guri いや、別のケーキ店。ラ・テールのある場所って、昔はなんだったかな・・・。全然記憶にないんだよね。
Gula このラ・テールって、けっこう好きな人が多いみたいなの。ちょっと期待してるんだ。
Guri じゃあ、どんなもんか、さっそく食べてみますか。
Gula 最初は旬のフルーツ・ルローからね。
Guri ルローって、もしかして、「ロール」をひっくりかえしたギョーカイ用語だったりして。
Gula ギョーカイ用語じゃなくて、これはれっきとしたフランス語よ。ま、意味は「ロール」で、間違いないけどね。
Guri バナナにイチゴにキウイにブルーベリー・・・。とにかくいっぱいフルーツを詰めこみました・・・ってロールケーキなんだね。
Gula スポンジがスフレのようにふわふわしてて、いい感じ。スポンジの内側にガナッシュが薄くぬられているのがポイントになってる。でも、甘さがかなり抑えられてて、ちょっと締まりのないぼけた感じの味になっちゃってる気がする。
Guri クリームにもスポンジにも甘さがないんだよね。フルーツの味がすべてっていう感じのケーキだな。僕も、もうちょっと甘くしてもいいんじゃないかって思うよ。
Gula こっちのショコラ・ブランは、どうかしら。
Guri 外側はホワイトチョコで、中はホワイトチョコのムースになってるね。あと、ラズベリーのジャムも入ってる。ホワイトチョコもラズベリージャムも、それぞれは美味しいんだけど、両方が合わさると、これも味がボケるような気がするな。
Gula 私もそう思う。ホワイトチョコとラズベリーって相性がいま一つなんじゃないかしら。お互いの良さがうまく引き出されていないというか・・・ホワイトチョコのミルク臭さみたいなものが鼻につく。つきなみだけど、やっぱりブラックチョコは、お互いの苦味と酸味がうまく引き立て合っていいのね。
Guri おそらく、ここのパティシェは、濃くはっきりとした味より、淡い微妙な味を目指してるんじゃないかな。こういう味は、日本人には好かれやすいからね。
Gula 私も淡白なケーキは好きだけど、ここの淡白さはズバ抜けてる。自然派志向路線のケーキというのはわかるけど、もうちょっと味にメリハリをもたせた方が、良いような気がする。
Guri もうひとつ残ってるよ。シュークリームだね。
Gula クリームはぽってりタイプ。皮はしっかり焼き込んであって、さっくりしてる。
Guri 僕には、これも甘さが足りない気がするな。
Gula Guriも私も、ケーキを食べまくって、だんだん濃厚な味を好むようになったのかもね。砂糖の甘さって、味をはっきりとさせる効果もあるから。
Guri そうだなあ。ラーメンにめちゃくちゃはまって食べまくったときも、やっぱり最後には、コッテリ系ばかり食うようになったからな。
Gula ラーメンなら、油増しとか、おろしニンニク入れるとかできるけど、ケーキはできないからね。
Guri そうか! ケーキ用にシロップやらジャムを用意しておけばいいのかも・・・って邪道?

2000年5月7日


Shop Data

ラ・テール洋菓子店

246号線を渋谷方向から来て、三宿交差点を右折。郵便局の先、右手

最寄り駅/新玉川線・池尻大橋駅

世田谷区池尻3-27-10


●この記事は、GuriとGulaのまったくの主観で書かれています。文章のテイストには、二人の好みが大きく左右していますので、それを考慮して読んでください。

二人の好みを知っておきたい方は→[Guriの部屋] [Gulaの部屋]をのぞいて下さい。