11月のケーキ(ロオジェ)

Cake in November

*****************************11月のケーキ

しっとりどっしり+パリパリ=!

ピラミッド、ショコラ・ヴァニーユ、シブスト・フランボワーズ


Guri よーし、今日はバリバリ、ホームページを更新するぞ!
Gula どうしちゃったの、そんなに意気込んじゃって。
Guri 実はホームページ作成ソフトを新しいのに替えたんだよ。これまで使っていたのは、かなり昔のソフトだったから、使いづらかったからね。
Gula よーし、じゃあ、いってみようか。今日はね、資生堂パーラーの中にあるケーキ屋さんなの。
Guri この形面白いじゃん。名前もピラミッド。そのままだね。
Gula 中はチョコレートのムースで、真ん中にヘーゼルナッツのプラリネが入ってる。台はビスキュイになってるね。見た目は柔らかそうだけど、フォークを入れてみると、硬い!
Guri プラリネがパリパリしてて、大きな塊になってる。これ、おいしいよ。
Gula 表面のチョコのスプレー、クーベル、中のムース、ナッツと絶妙な組み合わせ。チョコも微妙に異なった食感が味わえてすばらしい、この完成された味はさすが!
Guri このチョコのどっしりとした濃厚さがたまらないよね。
Gula これは、プロの味! 絶品よ。一つ目から脱帽だわ。
Guri こっちもよさそうだぞ。ショコラ・ヴァニーユ
Gula これはミルクチョコのムースと、グリオットチェリーが入ったバニラムース、下にはフィナンシェみたいな生地。こっちはムースが軽くて、それでいて味は濃厚でコクがある、理想的なムースになってる。
Guri このチェリー、なに? お酒が強烈! しかも苦い。それ以外は、いいんだけどな。
Gula たしかにグリオット結構入ってる。でも、その存在感が強い分、他の素材はあまり主張していない。ところがそれぞれの味はしっかりとしていて、どれかが欠けても物足りない。そんなバランスを考えた計算された味。
Guri スポンジがペタッとしちゃってるのは、こんなもんなのかな。
Gula ムースの水分がうつっちゃってるってのもあると思うけどね。
Guri 最後はシブスト・フランボワーズ。言葉どおり、シブストの下は、フランボワーズが入ったカスタード。かなりゆるめに作ってあるね。
Gula このシブストは正統派な作りだね。けっこう卵白くさい。フランボワーズの酸味と、シブストクリームの甘味のバランスはグッド。
Guri フランボワーズの種が、口の中に残るんだよね。僕は、これ、あんまりいいとは思わないなぁ。
Gula でも、それが特徴でもあるのよ。それと、これだけ水気の多いカスタードなのに、ケースのパートシュクレがある程度サクサク感を保ってて、これってすごいことだなぁと思うけど。
Guri 今回はGula、べた褒めじゃん。
Gula どれも、素材の組み合わせがすばらしい。一緒になってお互いを引き立て合うの。理想的よね。Guriはどうなのよ。けっこう評価してたじゃない。
Guri そうだなぁ、シブストの卵白くさいの以外はいいよね。
Gula じゃあ、あとはよろしくね、ホームページの更新!
Guri え、僕にまかせて、どこかいっちゃうの? そりゃないよ。
Gula だって、新しいソフトが入ってやる気満々なんでしょ。邪魔しちゃ悪いと思ってね。じゃ、遊びにいってくるね・・・。

2000年11月23日


Shop Data

資生堂パーラー・ロオジェ

銀座中央通沿いに2丁目ショップ、4丁目レストラン、8丁目ショップなど数店あります

最寄り駅/地下鉄丸の内線・銀座駅

東京都中央区銀座8-8-5(銀座8丁目ショップ)


●この記事は、GuriとGulaのまったくの主観で書かれています。文章のテイストには、二人の好みが大きく左右していますので、それを考慮して読んでください。

二人の好みを知っておきたい方は→[Guriの部屋] [Gulaの部屋]をのぞいて下さい。