3月のケーキ(アテスウェイ)

正方形のタイルみたいなキャラメルムース

吉祥寺・アテスウェイ
パヴェ・ブルトン・オ・キャラメル/プランタン・オ・フレーズ/デリス・ショコラ・バナーヌ


Gula すごい、強風!
Guri いやあ、春だねぇ。
Gula ちょっと、強風で困らないの? 花粉が飛ぶし、洗濯物も飛ぶし。
Guri ホコリも舞うしな。そりゃ困る。
Gula そうでしょ。外歩くのつらいよね、風が強いと。
Guri ま、こんなときは、出歩かないのが一番だね。家でゲームでもしてろってこと。
Gula うーん、ゲームぅ? そんな気にならないなぁ。そんなことよりケーキでしょ。
Guri そうだな。ホコリにまみれる前に喰わなきゃね。
Gula 今日のケーキは吉祥寺のアテスウェイってお店の。パヴェ・ブルトン・オ・キャラメルっていうんだけど、長い名前だよね。パヴェって「敷石」とか「四角い」って意味だったと思うけど、まさにそういう形してるよね。
Guri なるほど、タイルみたいな形してるよね。キャラメルムースとココアスポンジの層が交互に重なってるのを、上の2色で表してるのかもね。
Gula キャラメルの味はしっかりあるよね。見た目よりはシンプルな味かな。ムースはゼラチンが多いって感じ。
Guri このプリッと感、そんなに悪くないよ。これが、このケーキの特徴なのかもよ。
Gula ちょっと常温に戻してもねちっとした食感。ま、これでもいいか。ビスキュイはしっとりしてておいしいし、上にのってるあめをいっしょに食べると、パリパリ感とあいまってけっこうおいしいしね。
Guri こっちのいちごのも変わってるね。
Gula プランタン・オ・フレーズっていういちごのムースのケーキ。表面はいちごが入った生クリーム。中はたっぷりのいちごのムース。中央にブルーベリーとピスタチオのビスキュイ。台にもうひとつピスタチオのビスキュイと、ホワイトチョコとフレーク。けっこう凝った作りだよね。
Guri この台の部分がめちゃくちゃおいしいよ。こういうフレークっぽいのって、珍しいんじゃないかなぁ。
Gula なんかチョコフレークのホワイトチョコ版みたいだよね。わたしも好きだな。ムースもいちごの味がしっかりしてておいしいよ。口当たりも軽いし。
Guri でもさ、いちごムースの甘さが、ちょっと人工甘味料っぽいっていうか、アメリカのお菓子っぽいっていうか、そんな味しない?
Gula ん〜、人工的な味はしないけどなぁ。
Guri バランスの問題かな? そしたら、次いこう。デリス・ショコラ・バナーヌだって。ほんと、ここのは、名前長いなぁ。
Gula 表面はグラサージュ・ショコラにヘーゼルナッツが散らしてある。下にはガナッシュ、ココアスポンジ、バナナのムース、ミルクチョコムース。これも凝ってる〜。
Guri ナッツの風味が強いよ。逆にムースは意外とあっさり。
Gula そう? このバナナのムース、けっこう味、濃いけどな。ピュレをそのまま固めたような感じじゃない? チョコムースも味はしっかり出てるし。
Guri このムースもプリッと系だね。このほうが形が整っていいと思うけど。
Gula 私はもうちょっとクリームっぽいねっとりしたほうが好みかなぁ。でも、スポンジはしっとりしててグッド。全体的にもバランスはいいよね。
Guri ま、それがここのお店のムースの特徴ってことかな。
Gula どれもクセがなくて、素直な味なんだけど、それでいてコクがあってしっかりとした味のものばかり。形もかわいくて、見た目もおいしそうでいいよね。春らしさを感じられて、いいじゃない。
Guri そうそう。僕らも春らしくしなきゃなぁ。こうなんかウキウキするようなカッコでもして。ピンクのジャケットでも着ちゃおうかな。
Gula 春らしいカッコはいいけれど、その前にGuriのホコリのかぶったセンスをどうにかしてほしいよ。

(試食日)2002年2月12日
(レポート日)2003年3月22日


Shop Data

アテスウェイHP

女子大通り、東京女子大前

最寄り駅/JR中央線・井の頭線・吉祥寺駅

武蔵野市吉祥寺東町3-8-8


●この記事は、GuriとGulaのまったくの主観で書かれています。文章のテイストには、二人の好みが大きく左右していますので、それを考慮して読んでください。

二人の好みを知っておきたい方は→[Guriの部屋] [Gulaの部屋]をのぞいて下さい。