5月のケーキ(コブ)

Cake in May

*****************5月のケーキ

cake_1.gif (1581 バイト)飾りじゃないのよ、マロンは・・・

ワインクリームといちごのトルテ、フランボワーズ、モンブラン


Gula ワインを使ったケーキがあったから、買ってきたの。食べてみない?
Guri ブランデーやらリキュール類を使うのはよくあるけど、ワインを使うってのはめずらしい。ワインクリームといちごのトルテか。いっちょう試してみるか。見た目はいちごのショートケーキに近いよね。
Gula ワインを使ったお菓子って冷菓が多いけど、これもご多分にもれずゼリーのケーキね。上のゼリー部分に赤ワイン、スポンジの間に挟まっているクリームに白ワインが使われているのね。けっこうアルコールが強い気がする。
Guri いちごもすっぱいし、赤ワインゼリーもワインの酸味がかなりきいてる。このケーキは一言でいうと酸味系のケーキだね。
Gula そうね。はしっこに添えてある生クリームだけが唯一甘くて、白ワインクリームも甘さは抑えてある。最初にいちごの酸味、後からワインの風味が口の中に広がる。お酒に弱いわたしには、ちょっときつい・・・でもおいしい。
Guri でも、この手の酸味系のケーキが好きな人、いるんだよね。そんな人には喜ばれるかも。次ももしかすると、ちょっと酸味がきついかも・・・フランボワーズのケーキ。
Gula このフランボワーズは大丈夫。すっぱくないから。ガナッシュとチョコレートスポンジがロールケーキ状に巻かれていて、中心にフランボワーズのクリーム。このガナッシュとフランボワーズクリームがどちらも主張してるんだけど、しっかりマッチしてるのよ。濃い系で。
Guri スポンジがかなりしっとり! 底の部分はとろけるくらいにね。
Gula このスポンジは、もしかするとシフォンに近いかも。味も食感も◎だな。
Guri もう一つ、モンブランがあるね。このケーキは、ビスキュイを使っているんだね。ビスキュイだから生地がしっかりした感じ。それに合わせたかどうかはわからないけれど、マロンクリームも固めに仕上げてある。
Gula このマロンクリーム、バタークリームにしてあるのね。でも、ケーキの中に入ってるのは生クリームで、甘さを抑えていて、クリームの素材自体の風味を生かしてるって感じ。
Guri lぼくには、このクリーム、あまりにも砂糖が少なすぎて、味がしないような感じだけど。まあ、だからこそマロンの味がはっきりとしてくるんだろうけどね。
Gula そうよ、「このケーキはどんな味を出したいのか」って考えたとき、一番前面に出したい味を殺さないように、他の素材を合わせていかなきゃね。だから、このモンブランは「栗」を押し出すために、こういうケーキになったんじゃないかしら。
Guri そういう意味では、このモンブランには上にマロンがのっかっていないんだけど、食べていくと、中にまるるごとひとつ、大きいのが入ってる。これはけっこう驚いたけど、「飾りじゃないのよ、マロンは。ハ、ハァ〜」ってことなのかね。
Gula うーん、その例えがよくわからないけど、とにかく、わたしはこのモンブラン、おいしいと思う。
Guri ぼくはそれほどでもないと思ったけど、マロンの味を立てようとしている精神は気に入った。
Gula まあ、素材の味を引き立てるお菓子作りって、考え方のひとつとして大切なことよ。それと、日本人に好まれる作り方をしていて、ここはけっこうウケのいいお店だと思ったな。

98年5月23日


Shop Data

コブ

吉祥寺駅北口を出て、左手へ直進。かなり歩いてから路地を右折し、右手

最寄り駅/JR中央線・井の頭線・吉祥寺駅

武蔵野市吉祥寺本町2-12-5


●この記事は、GuriとGulaのまったくの主観で書かれています。文章のテイストには、二人の好みが大きく左右していますので、それを考慮して読んでください。

二人の好みを知っておきたい方は→[Guriの部屋] [Gulaの部屋]をのぞいて下さい。