8月のケーキ(スリジェ)

Cake in August

**********************8月のケーキ

cake_2.gif (1654 バイト)後味すっきり理想のムース!

ガトー・ブリ、プラリネット、ベル・ドゥ・フォントネ


Guri 調布辺りにもにも有名なケーキ店、多いみたいだね。
Gula ここはその中でも、駅から近いところ。パルコの裏!
Guri 駅から近いのはいいけど、車で来るもんじゃないね。駐車するのに困っちゃうんだよね。
Gula まあ、文句いわないで。ここは、それほどまでして来る価値ありなんだから。
Guri ・・・・・・(ショーケース見て)うん、なるほど、なるほど。こりゃ見るからに食いたくなる。このガトー・ブリなんて、どう?
Gula なんか、形がおまんじゅうみたい。これ、ベースはレアチーズね。
Guri まんじゅうのあんがレアチーズ。薄い皮が生クリーム、底の台がパートシュクレ・・・って感じだね。
Gula このレアチーズ、濃いの。酸味があってこってり。
Guri それでいて、スッキリしてるんだよね。食感はもったりなんだけど、後味がいつまでも残るようなことはない。甘さが抑えてあるからかな。
Gula サイズも小さいから何個でも食べられそう。
Guri ケーキバイキングにこれがあったら、箸休めにいいかも。
Gula 次は、このお店の代表作・プラリネット。名前からわかるように、プラリネを使ったケーキね。
Guri さっきのケーキとは打って変わって、外見に凝った作りだね。この金箔が上に乗っかった玉の飾りはなんだろ。プニッとして変な感じ。
Gula たぶん、プラリネムースを丸くしてゼリーを上がけしたものじゃないかしら。こっちのクッキーみたいなのはチュイール。
Guri 三角のチョコレートをまわりにはったり、金箔がのっかってたり、見た目はほんとゴージャス
Gula でもね、すべて基本の味はプラリネで、統一感がある。プラリネのムースは、口の中に入れると瞬間まったりしているけど、スーッと溶けて香ばしさが広がるの。しかも、味が後を引かない。これ、理想的よ!
Guri 真ん中に入った生クリームもすっきりしてる。一口目はおいしいけど、全部食べるとけっこう重いってケーキはよくあるけど、食べおわって後味が変に残らないおいしいケーキって、そうないよね。
Gula じゃあ、もうひとついっちゃおうか。これはベル・ドゥ・フォントネっていうケーキ。
Guri フランボワーズとチョコを組み合わせたケーキだね。フランボワーズはけっこうあっさりしてるのに対して、チョコガナッシュは濃い味。このバランスは悪くない。
Gula フランボワーズのムースがクリーミー! ここのパティシェはムースが上手い! 私にもできるかしら?
Guri 確かにこのムースは、他では食べられないかもね。やっぱりこれほどのムースを作るには、そうとう研究しないとできないんじゃない。
Gula ところで、フランボワーズのムースとジャムの境目にチョコが薄く敷かれてるんだけど、これが均一に入ってないのよね。
Guri あ、それ、僕も気になった。これだけ丁寧なケーキ作りしてるのに、切り分けたところで違うのはどうしてかなって。それとも、このチョコのかたよりって、意図的なものなのかな?
Gula どうだろう・・・。でも、このパティシェの作るケーキは、吟味された素材で、心を込めて丁寧に作ってあるという感じ。それに、あのパティシェの対応も、とてもソフトで丁寧で、誠実さが伝わって来る。
Guri そうだね。パティシェも“後味すっきり”って感じだった。ケーキって、パティシェと似るのかもね。
Gula 食べてるときは満足の行くしっかりした濃い内容で、後は嫌み無くスーっと引いていく・・・ていうのかなあ。ん!? じゃあ、私の作るケーキって、どんな感じ?
Guri ・・・・・・・・・。

98年8月19日


Shop Data

スリジェ

旧甲州街道を調布方面に走り、調布パルコを越え、すぐの路地を入って右側

最寄り駅/京王線調布駅

調布市小島町1-35-8


●この記事は、GuriとGulaのまったくの主観で書かれています。文章のテイストには、二人の好みが大きく左右していますので、それを考慮して読んでください。

二人の好みを知っておきたい方は→[Guriの部屋] [Gulaの部屋]をのぞいて下さい。