10月のケーキ(?????)

Cake in October

*****************************10月のケーキ

食べごろを過ぎたらダメでしょ

モンブラン、ガトーショコラ、ミルフィーユ


Guri 我が家にもご多分にもれず、ケーキショップの本はいっぱいあるけど、本に載ってても、もうなくなっちゃってるお店もあるだろうね。
Gula お店があっても、パティシェが変わっちゃって、全然違うケーキになっちゃうってこともあるだろうし。
Guri そうだよね。中野のあのお店だって、シェフが変わって全然お店の評判が変わっちゃったしね。やっぱり食べ物って、お店の看板よりもどんなパティシェがやっているかが問題だよな。
Gula だからケーキ好きの人は、どのパティシェがどこのお店に移ったとか、詳しいのよ。
Guri でもさ、ケーキ店の記事を書いてる雑誌が全部、そういうことまで知って書いてるかどうか疑問だね。本に紹介されているけど、案外イマイチだったりすること、あるもん。
Gula そうね。ひとつの雑誌で取り上げられると、それを見た他の雑誌の記者が、その記事をたよりに取材して紹介するってこともあるでしょ。一つ目の雑誌のときと、後から記事にした雑誌のときとでは、パティシェが替わってて、全然テイストが違ってるってことだってあるだろうし。
Guri 今日のお店は、この本に載ってるんだけど、この本自体がけっこう古いからなぁ。どうだろうね。
Gula マスコミがどう書いてたって気にしない! 自分で味を確かめなきゃ。
Guri そうだそうだ。じゃあ、まず最初は定番・モンブランから。
Gula スポンジの台に、マロンペーストとカスタードと生クリーム。日にちがたってるのかなぁ、スポンジがパサパサしてる〜。
Guri そうだねぇ、口の中でザラっとした感じ。マロンペーストもどことなく粉っぽい。それがマロンが濃いっていうんじゃなくて、ただ粉っぽいんだよな。
Gula そうそう、マロンの味、しないよね。これじゃあねぇ・・・。
Guri こっちのガトーショコラは?
Gula これもなんかチョコの味がしないよ。コクがないというか、安っぽいチョコの味というか。
Guri チョコレートが命のケーキなのにね。これもスポンジがザラっとしてる。やっぱり日がたって乾燥してるのかな。
Gula こっちのミルフィーユも、ちょっとダメ。パイがおいしくない。しかも、ミルフィーユなのに、フィユタージュと同じ位の割合でスポンジが使われているのも気になる。
Guri うんうん、なんか古い油を使ってるっていうか、生クリームが分離してるっていうか・・・。しかも使ってるジャムが色も甘さもなんか人工的でいやだな。なんか頭の中が、すべてネガティブに感じられちゃうよ。
Gula でも、まだこのスポンジは、しっとりしてて、まあ許される味だけどね。
Guri なんか、今日買ってきた3つのケーキがたまたまそうだったのかもしれないけど、どれも古くなってるのを買わされたって感じがするな。もちろんケーキって、作り立てより日にちがたったほうがおいしいものもあるよね。でも、これはそれを通り越して、ただ古いってだけのような気がする。こういう状態になったら、迷わず廃棄してほしいよなぁ。
Gula 実はね、お店で気がついちゃったんだけど、プライスプレートが上から張られたものだったのよ。もしかすると賞味期限の関係で値下げしてでも売っちゃいたかったのかも。こんなの初めて見た・・・。ケーキってある意味夢のあるものなのに、なんか変に生活感が出ていてちょっとがっくりしちゃうなあ。お店の照明が暗いのも、節約のためかなあ、なんて余計なことまで詮索したりして・・・。(ごめんなさい!)
Guri う〜ん、今回はたいへん辛口なお話になっちゃったね。まあ、もしかすると、「これがいいんだよ」っていう人がいるかもしれないし、食べ物ってのは自分が口にしなければわからないってことだね。
Gula そうよ。最後に信じられるのは自分の舌。百聞は一食に如かずってことね。

99年10月3日


Shop Data

????

東京都練馬区小竹町


●この記事は、GuriとGulaのまったくの主観で書かれています。文章のテイストには、二人の好みが大きく左右していますので、それを考慮して読んでください。

二人の好みを知っておきたい方は→[Guriの部屋] [Gulaの部屋]をのぞいて下さい。