一般検査

 一般検査で取り扱う検体は、尿、喀痰、便、髄液などです。

 尿検査

  尿検査ではさまざまな事柄がわかります。肝胆疾患ではウロビリノーゲンが尿に多く出現します。また、腎疾患では蛋白尿、潜血尿、糖尿病では糖尿が、多発性骨髄腫ではベンスジョーンズ尿が出現します。また、フェニルケトン尿症やアルカプトン尿症のような先天疾患、ヴァニリルマンデル酸尿のような副腎疾患もわかります。尿沈渣というのを行うと、腎疾患では蝋様円柱や、顆粒円柱が出現します。また、ネフローゼ症候群ではしばしば脂肪円柱が見られます。
  試験紙による尿の定性は手軽に行える検査で、学校や会社の健康診断で圧倒的に行われています。もちろん、病院では欠かすことができません。糖や蛋白、潜血が見られるものがコストも安く済ませることができますが、そのほかに、ウロビリノーゲンや白血球、亜硝酸塩、PHなどがわかるものがあります。白血球や亜硝酸塩が多いときは細菌感染が疑われます。
 

 便検査

 便は潜血反応がかなり、重要です。上部出血では黒色便が出ます。下部出血では多くの場合、赤色便が出ます。しかし、肉眼的に分からないこともしばしばです。そこで、オルトトルイジン法やグワヤック法など生化学的検査法とOCヘモ法という免疫学的検査法で潜血の有無を確認します。前者では感度が高く、特異度が低いため、肉食や一部の野菜を食べただけで陽性が出てしまいます。そこで、そういう間違いが生じないようそれらを省いた潜血食というものを食べます。

  また、便検査のもうひとつの面は細菌やウイルスや寄生虫の感染検査です。細菌検査室での細菌検査では培養が行われ、菌名の同定から、抗生物質に対する感受性・耐性などを調べたりします。一般検査室ではロタウイルスなどの検査もおこないますが、力を入れるのは寄生虫検査です。ウイルス検査は免疫学的検査において血清より検査が行われることが多いように感じます。感染症について一般検査では便により寄生虫の検査を行います。寄生虫卵があるかないか、あればそれは何の寄生虫かを調べるのです。
 培養も行わないとわからないこともありますが、虫卵から寄生虫名がわかることも多いのです。大きさや形状は重要です。

 回虫は70μm、肝蛭は100μm、横川吸虫は35μmと覚え、これらと比べて他の寄生虫は大きいか小さいかという風に覚えていくのが大きさを覚えるコツかもしれません。

ホームへ