HANA1003.GIF - 4,507BYTES生化学検査

 生化学検査では、血清中の金属や有機物の単位あたりの量や活性値などを測定します。

 これらの物質は病気にかかると体内で作られたり、逆に利用されたりして、増えたり減ったりします。例えばGOT(AST),GPT(ALT)は肝臓などの中にある酵素ですが、肝細胞が壊れるとこの物質が血液内にこぼれます。その活性値で肝臓病か否か診断するときの参考にします。

 次に主な疾患で参考にする検査項目を紹介します。ただし、必ずしもその疾患を示すとは限りません。あくまでも参考にするだけですから、過剰反応はしないでください。1項目だけで診断を下すわけではありません。様々な検査を行い、その中で確定するわけです。

 TP(総タンパク)・・・増加すると、腫瘍、多発性骨髄腫など。減少すると栄養失調やネフローゼ症候群など。

 ALB(アルブミン)・・・減少すると、ネフローゼ症候群など。

 TTT・ZTT(膠質反応)・・・増加で、肝硬変、リウマチなど。HANA1006.GIF

 GOT(AST)・・・増加で心筋梗塞、溶血、各種肝・胆疾患など。

 GPT(ALT)・・・増加で各種肝胆疾患など。

 γ-GTP(γ-GT)・・・増加で各種肝胆疾患。アルコール肝炎や慢性活動性肝炎では特に増加。

 LDH(LD)・・・増加で溶血、心筋梗塞、各種肝疾患、腫瘍など。

 ALP(アルカリホスファターゼ)・・・肝・胆疾患・骨疾患・小腸疾患など。

 T-cho(総コレステロール)・・・増加で高脂血症、減少で低栄養、甲状腺機能亢進症など。

 TG(中性脂肪)・・・増加で、本態性高脂血症(高コレステロール血、キサントーマ、動脈硬化、リポタンパクリパーゼの欠乏)ネフローゼ症候群(抹消の取り込み障害時に2000r/㎗以上)、肝疾患(脂質利用速度の低下、肝硬変では正常)心冠動脈疾患、甲状腺機能低下症、糖尿病、すい臓炎、繊維性腫、グリコーゲン蓄積症、アジソン病、尿毒症、肥満、痛風、副腎皮質機能亢進症、薬剤性(ステロイドホルモン、サイアザイド系利尿剤)、食事性(脂肪、炭水化物、アルコール、飢餓)。減少では、先天性βリポタンパク欠乏症、クワシオルコール症、甲状腺機能亢進症、悪液質、衰弱、ヘパリン、副腎皮質機能低下症、甲状腺機能亢進症、栄養障害などが考えられる。食後5〜6時間でも高値を示すので、採血前の食事には注意。

 HDL-C・・・俗に善玉コレステロールと言われています。しかし、多すぎるのはやはり、問題です。

 BS(血糖)・・・増加で糖尿病、糖原病など。糖尿病治療中インスリンの量が多すぎると低血糖になります。
膵臓に腫瘍が出来ても血糖が高くなることがあります。  CAKE105.GIF           

 1・5AG・・・高値で2週間くらい前血糖が高かったことを示しています。

 UA(尿酸値)・・・高尿酸血症・痛風・腫瘍。薬物による副作用。

 BUN(尿素窒素)・CREA(クレアチニン)・・・増加で腎疾患。BUNの減少では肝疾患。

 Na(ナトリウム)・・・増加で利尿薬過剰投与。、尿崩症。ステロイド過剰投与。原発性アルドステロン症、クッシング症候群等。低下は、心不全、肝硬変症、ネフローゼ症候群、低アルブミン血症などによって起こる。腎不全による水の過剰摂取にもよる。

 K(カリウム)・・・増加で腎機能低下、溶血など。低下は下痢や嘔吐、原発性アルドステロン症、クッシング症候群など。

  CK(CPK・クレアチニンリン酸キナーゼ)・・・増加で心筋梗塞、筋外傷、進行性筋ジストロフィー、など。

 LD(LDH乳酸脱水素酵素)・・・増加で溶血、腫瘍、肝胆疾患など。

 ALP(アルカリフォスファターゼ)・・・肝胆疾患、骨疾患、小腸疾患、免疫疾患など。

 ACP・・・前立腺がんの骨転移で上昇。

 HbA1c(ヘモグロビンA1c)・・・過去一ヶ月くらいの血糖の状態がわかる。高値で糖尿病、腎不全など。

 CL(クロール)・・・高値で下痢、呼吸性アルカローシス、代謝性アシドーシス等。低値では代謝性アルカローシス、呼吸性アシドーシス、燐酸、硫酸、有機酸、ケトン体の増加、低カリウム血症など。

 CRP(C反応性タンパク)・・・炎症・感染症・悪性腫瘍などで上昇。

 SAA・・・炎症・感染症・悪性腫瘍などで上昇。ウイルスの感染にも反応することが多い。

 Fe(鉄)・・・鉄欠乏性貧血、悪性腫瘍などで減少。

 VB12(ビタミンB12)・・・悪性貧血

 TSH…甲状腺機能亢進症で低下。甲状腺機能低下で上昇。
 FT3…甲状腺機能亢進症で上昇。甲状腺機能低下で低下。
 FT4…甲状腺機能亢進症で上昇。甲状腺機能低下で低下。Ca(カルシウム)・・・高値でPTHまたは類似物質の過剰(原発性副甲状腺機能亢進症、悪性腫瘍によるPTH様物質の放出)、悪性腫瘍(液性因子を介するもの{HHM}、骨局所の溶解によるもの{LOH})、ビタミンDまたは、類似物質の過剰(ビタミンD中毒、サルコイドーシス、結核、リンパ腫、肉芽腫性疾患)、その他の内分泌疾患(甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫、副腎皮質機能低下症、Addison病、家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症)、骨破壊による放出(悪性腫瘍の広範な骨転移)、カルシウム排泄障害(急性腎不全)など。低値では、副甲状腺機能低下症、低マグネシウム血症、クル病、肝硬変、慢性腎不全、ビタミンD欠乏症、骨軟化症、腎尿細管障害、糖質コルチコイド過剰、Hungry boneなど。

  アミラーゼ

    1 膵型(P型)アミラーゼ活性・・・急性膵炎、慢性膵炎増悪期、膵癌、膵嚢腫、胆道系の炎症性疾患などで増加、慢性膵炎、末期膵癌、膵切除後で、低下。
    2 唾液腺型アミラーゼ活性・・・流行性耳下腺炎、術後、外傷後、肺炎、アミラーゼ産生腫瘍、肺結核、肝疾患などで増加する。放射線治療後やシェーグレン症候群で低下。
 トリプシン・・・急性膵炎、慢性膵炎の急性憎悪時、膵癌の一部などで上昇。低値の時は慢性膵炎非代償期、膵癌の一部など。 

OGTT(経口的糖負荷試験)・・・糖尿病があるかないかを調べます。75gのブドウ糖を経口的に摂取し、摂取直前・摂取後30分・60分・90分・120分の血糖を調べます。30分・90分の採血は省略してもかまいません。
ACE(アンギオテンシン転換酵素)…サルコイドーシス ・  腎不全・甲状腺機能亢進症 ・ 肝硬変  ・ 慢性肝炎 ・ 糖尿病などで高値となります。甲状腺機能低下症 ・ 多発性骨髄腫 ・・ 慢性白血病 などで低値となります。

KL-6(シアリル化糖鎖抗原 )…間質性肺炎
SP-D(サーファクタントプロテインD)…間質性肺炎




 

 腫瘍マーカー

 CEA・・・高値で消化管癌、肺癌など。

 CA19−9・・・膵癌・胆嚢癌など。

 PSA・・・前立腺癌、前立腺肥大など。超音波検査や生検などが必要です。

 PAP・・・前立腺癌、前立腺肥大など。超音波検査や生検なjどが必要です。

 AFP・・・肝臓癌・肝硬変など。上昇のときは分画を見る必要があります。

 フェリチン・・・各種腫瘍・鉄剤過剰投与など

  BFP・・・肝臓癌など

 SCC抗原・・・肺がん、食道がん、卵巣がんなど

 

これらの基準値は検査法や各施設により異なりますので、検査データを聞いたときには基準値を確認してください。

 

        ホームへ