ウジュンクロン国立公園

近日中に写真入れます


ウジュンクロン紹介

ウジュンクロン(Ujung Klon)はジャワ島の西端、ジャカルタから車で2〜5時間、船に乗り換えて2〜10時間の所にあります。所要時間にものすごい差(^o^;がある理由は下で説明します。

ウジュンクロンは半島一帯と島から成ります。そこには豊かな自然と美しいビーチがあり、ダイビングも可能です。私が行ったときにはウインドサーフィンをしている人もいました。(これらはチャリタビーチのホテルで申し込まないとだめでしょう。シュノーケリングの道具は借りられました。)

ビーチは非常にきれいです。粒子の細かい本当に白い砂浜です。プロウスリブよりきれいかもしれない。しかし、海の中はけっこう荒れていました。ダイビングするにはあまり収穫のないところかもしれません。

生き物も豊富で、猿、鹿、いのしし(?)、豹(?)の写真がレンジャーの事務所に貼ってあり、猿、鹿、猪は実際に見られました。また半島側には、サイが50頭ほど生息していると言われています。
設備は非常に整っていて、清潔で豪華な(相対的に)宿に泊まり、ちゃんとしたレストランで食事し、親切なガイドに案内してもらえます。

国立公園というとなにかハードな感じがありますが、意外にプロウスリブの陸地版?みたいなところです。





行き方

リッチな人向け まずジャカルタから自家用車のベンツでチャリタビーチのリゾートホテルに乗り付けます。2〜3時間でしょう。そこでクルーザーにのっけてもらえば、ああら、あなた2時間でPeucang島に着きます。(2時間というのは漁師さん情報なので要確認です。) ほら、簡単です。下手すりゃ日帰りだってできるかも・・?
チャリタビーチのホテルからはクラカタウにも行けるはずです。
リッチじゃない人向け 私が知っている限り、二つ方法があります。
ひとつはチャリタビーチ経由。チャリタから車で10分ぐらいのところにLabuhanという町があります。(チャリタ、ラブハンへはジャカルタからバスも出ています。)そこで漁船等をチャーターします。看板出てます。あるいはチャリタの通りの私設観光案内所でも世話してもらえます。
ただし、チャリタから行く場合、船の大きさや季節、出発する時間にもよりますが、5〜10時間を覚悟しなければならないようです。私がクラカタウに行ったときの経験からすると、船はけっこう揺れると思います。

もうひとつは、チャリタからさらに南へ下り、よりウジュンクロンに近い港から船に乗る方法です。私の場合、Sunurという漁港から船に乗りました。
ただし、この場合、チャリタから先の道が未整備で非常にひどい状態なので、チャリタからSunurまで3時間以上を覚悟しなければなりません。そこから船で3〜4時間ですから、結局、船で行くか車で行くかの問題で、時間的にはあまり変わらないということです。
これも地元の人からの情報なので要確認ですが、チャリタからスヌールへの道は98年前半中には全舗装の工事が終了するそうです。もしそれが本当ならばチャリタから1時間半ぐらい? かなり早く行けます。
スヌールには一軒宿があり、そこで船を世話してもらえますが、私がそこで一悶着起こしてしまったので、日本人はあまり歓迎されないかもしれません。すみません・・・。

旅の注意

た、たかい・・・。 とにかくなんでも高いです。
スヌールで漁船をチャーターするときに40万ルピアと言われ、うそだろ・・と思いましたが、Peucang島の宿は最低30ドル、最高は90ドル! レストランのナシゴレンは7千ルピア。ジャカルタから散歩気分で行くと、思わぬ散財をすることになります。私はジャカルタに戻ってきたときに財布に1万ルピア札一枚でした・・。
まあ、その分、きれいな宿に泊まってゆったりしつつ、自然を満喫できますが・・。
どうやらチャリタに泊まるお金持ちがちょっと遠出で来る場所のようです。


97.11.30更新

[ トップへ | フローレス | マナド | テルナテ | ティドレ | クラカタウ | ウジュンクロン ]
[ 旅行必需品 | イカット | ジャカルタの暮らし | 日本語教育 ]
[ 自己紹介 | 映画 | 音楽 | ゲストブック読む | ゲストブック書く ]

(C)Copyright BU 97-98

メールはこちらへ