笑う土佐弁・完全版



トップに戻る

掲示板

過去のゲストブック


リンク集



笑 笑 笑………………………………………………………………………………………
 う う  
土 土 土                       笑う土佐弁 No.20
 佐 佐   
弁 弁 弁………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………
                http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/
……………………………………………………………………………………………………

御購読ありがとうございます。笑える土佐弁をお届けします。

本日投稿くださった方は、

・キーコさん
・むーさんさん
・K.O.さん
・兄ちゃんさん

です。登場する土佐弁は(順不同)、

【がいな】【ねき】【つべっこをはねる】【つべ】【やりかえる】【ずつない】
【おまん】【てれこ】【しょっちゅう】【目イボ】【げに】

です。笑う?

…………………………
注)固定フォントで御覧ください。
…………………………

■笑う土佐弁■…………………………………………………………………………………


【がいな】


強情な、気が強い、という意味だと思って使っていたが、土佐弁講座では「手荒い
こと」となっている。そういえば「そないにがいにせられん」と言うが、これは
「そのように荒っぽくしてはいけない」の意。しかし「がいな人」というときには、
やはり「気の強い」の意味だろう。バーゲンセールで品物を取り合って勝つ人を見
て「まあ、がいな人やねえ」。我意から来たのだろうか。それとも単に感覚を文字
にしただけか。特に否定的な意味合いはないと思うが、これは私が自分勝手なワガ
ママ者には好意的だからかもしれない(アタシこんなに我慢してるのよー偉いで
しょー気づいてよー、という手合いは苦手。関係ないけど)。反対語は「やわ」か
な、とも思うが、そのような土佐弁は存在しない(と思う。「たっすい」なんての
も、ちょっと違うし)。

                 …………………

【ねき】

これは「そば」とか「傍ら」という意味らしい。何となく「軒」を連想して「根元」
「足元」の意味で使用していた。「そのねきへ置いちょいて」などと使用する。ね
き。これも聞くと笑ってしまう言葉だ。「脇」から来たのだろうか。それとも「根
基」か。


■そういえば土佐弁■…………………………………………………………………………


>>(キーコさん)同窓会で地元にすんでいる級友(旧友?)にわざわざ聞いた土
佐弁――「つべっこをはねる」。わかった人には賞品をさしあげたいくらい……。

つまずいて転ぶことを指すんですが、それにしてもどうしてこういうことになった
のかはカンカンガクガク、酒もはいってアカデミックな結論はなしでした。輪の中
の一人が、内容がわかると女性はかなり赤面するという話をしていたのですが、案
外当たりかも。

因みに「つべ」は、かの地域では「お尻」のこと。パンツなどというものの無かっ
た時代の女性が、お尻をさらすほどに激しく転ぶところからきているというのです。

もうひとつ、現在も普通に使っているのが「やりかえる」。現に2次回の席で、級
友が水割りを手にとってホステスさんに向かって「やりかえて!」。いわれた彼女、
微笑みながら受け取ったものの、どうしていいやらオロオロ。別の級友が「梼原し
かわからん言葉をいうな、ここは高知(市内)ぜよ」ということで、標準語では
「取り替える」。薄くなった水割りを替えてくれという要求でありました。

*)「づつない」を聞くと深刻――前号掲載の「づつない」は、私などそれこそ
しょっちゅう見聞しました。お説のとおり発音は「ずつない」のほうでした。病気
で体調が悪い時、程度に拘わらず使っていました。「苦しい」であっていると思い
ますが、いろんな苦しみを合わせたような響きがあって……「ちょっとずつないけ
(から)」とわざわざ形容詞をつけても、聞く方は「これは相当大変なんだな」と
受け取ったものです。

眉間の皺が想像されておかしいという感想には、とてもつながらない深刻さがあり
ました。

@お尻のことは「おつべ」なんて言いますね。使いませんが……使うとしたら、土
佐弁が話題になったときくらいかも。

@「ずつない」については失礼しました。純粋に「苦しい」の意味なんですね。何
せ、使ったことないもので……初めて聞いたときには???でした。

              …………………………

>>(むーさんさん)「おまん」:昭和20年、東京から高知・宇佐に疎開してま
したが、級友が「おまん」と言うのを聞いて何となく恥ずかしかった記憶が。

「てれこ」:子供の頃、メンコやってて、全部、巻き上げられたとき「てれこ」に
なったと言ってました(於、東京)。

「しょっちゅう」:えーっ、「しょっちゅう」は土佐弁だったんですか? 土佐出
身の母親が「しょっちゅう」使ってたので、身についちゃったんでしょうね。

@「しょっちゅう」は果たして土佐弁なのか? 謎ですね〜。

              …………………………

>>(K.O.さん)高知に滞在中、特に記憶に残っていることがあります。当時極度
の疲労から、標準語で言う〈ものもらい〉になったんですが、薬局へ目薬を買いに
行ったんです。地元関西では〈目ばちこ〉と言いますが、当然高知では通じないだ
ろうと思い「〈ものもらい〉に効く目薬下さい」って言ったら、薬局のオジさんが
「ああ、〈目イボ〉ねぇ!」って言ったので、思わずのけぞってしまいました。

それで、他の人にも聞いてみたら、やっぱり高知の人はみんな〈ものもらい〉を
〈目イボ〉って言うんですよ。目にイボですよ! イボって言えば、お尻にできる
もんじゃないですか! それじゃまるで〈ニコちゃん大王〉ですよ、って、思った
次第です。

ところで、僕は関西人なんですが、前回の【づつない】は、まったく別の意味で関
西で使われています。同じように苦しいと言う意味ですが、食事をした後にお腹が
いっぱいで、もう何もいりませんって時に使ってます。

@「目イボ」――私は「めぼ」とか「めぼう」だと思ってました。やはり「目のイ
ボ」から来てるのでしょう。

@「ものもらい」ができるとイイコトがあるって言いませんか。何せ「ものもらい」。
何かもらえるかも。

              …………………………

>>(兄ちゃんさん)わたくしの父方の祖母がよく「げに」をつかってました……
っというより今も使って使ってるでしょうけど。「げにまっこと〜」っというのは
よく耳にしますけど、祖母は驚きの表現でも「げにぃ」と言ってました。

@「ホンマに〜」という感じなんでしょうか。「げに」で漢字変換すると「実に」
と出ます。妙に納得。


■土佐弁進化論■………………………………………………………………………………


@前回投稿下さいましたいとえー@高知さんのホームページ、高知県に関する記事
もあって興味深いので、ここで紹介させていただきます。

「いとえーのHomePage」 http://member.nifty.ne.jp/itoe-/

御本人は「高知県に関係のある話題は、そう多くはありませんし、主張等に“偏り”
もあるので、皆が読んで楽しいページではないと思いますが……」と言っておられ
ますが。


■編集後記■……………………………………………………………………………………

今回投稿が多いです。げに人生は複雑系。また、ホームページの掲示板が、かなり
(書き込まれた土佐弁で)充実しております。ぜひ一度お立ち寄りください(^_^)。

では、ごきげんよう。御投稿お待ち致しております。

……………………………………………………………………………………………………


笑 笑 笑………………………………………………………………………………………
 う う  
土 土 土                       笑う土佐弁 No.21
 佐 佐   
弁 弁 弁………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………
                http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/
……………………………………………………………………………………………………

御購読ありがとうございます。笑える土佐弁をお届けします。

本日投稿ありませ〜ん。登場する土佐弁は(順不同)、

【こげる】【まぎる】

です。笑う?

…………………………
注)固定フォントで御覧ください。
…………………………

■笑う土佐弁■…………………………………………………………………………………


【こげる】


東京出身の人の「高知県人は、日に焼けることを『焦げる』というので変」という
言あり。別に変とも思わず使っていた。焦げる、というのは標準語にもあるが、や
はり日焼けのことを指すのは土佐だけなのだろうか。沖縄などではどうだろうか。
案外いつも日焼けしていて、かえってそういう言葉はないかもしれない。海水浴な
どにいって日焼けバリバリで現れた人に「まあ、焦げたねえ」と言ったりする。やっ
ぱり変ですかね。肯定的でも否定的でもない、ただの叙述。アムロちゃんなんか
「あの人よう焦げちゅうねえ」というところだろうか(最近は美白?)。

                 …………………

【まぎる】


「まぎれる」の意、と書こうとしたが、まぎれる自体が土佐弁かもしれない。「邪
魔になる」の意。間切れる、から来たものか。「そんなとこへ置いたらまぎるろう
がね」……やはり「まぎれるろうがね」のほうが正解なのかも。同じ高知でも場所
によって結構言葉が違うし、個人的に変形したりもするからね。言葉は生き物。国
語審議会なんかで「これが正しい日本語」と息巻く人の気がしれません。


■編集後記■……………………………………………………………………………………

投稿が少ないと、広告を増やしてカサを上げます。何だかごちゃごちゃしちゃって
スミマセン。

では、ごきげんよう。御投稿お待ち致しております。

……………………………………………………………………………………………………



笑 笑 笑………………………………………………………………………………………
 う う  
土 土 土                       笑う土佐弁 No.22
 佐 佐   
弁 弁 弁………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………
                http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/
……………………………………………………………………………………………………

御購読ありがとうございます。笑える土佐弁をお届けします。

本日投稿ありませ〜ん。登場する土佐弁は(順不同)、

【めった】【じゃか】

です。笑う?

…………………………
注)固定フォントで御覧ください。
…………………………

■笑う土佐弁■…………………………………………………………………………………


【めった】


「まいった」の意。「こりゃあめった」というフレーズは有名(もちろん一部の間で)。
滅入った、を思わせるが、さほど滅入って使うわけでもない。むしろ「してやられた、
脱帽」という感じでの使用が多いのではないだろうか。病気などを宣告されて、もっ
と深刻に「める」ことも、あるにはあるかもしれないが。

                 …………………

【じゃか】


「……ではないか」の意。主に男性が、親しい間柄で使用する。昔、坂本竜馬の銅像
をバックに「勉強はしゆうかよ」というコピーをあしらった地域ポスターがあったが、
これをパロって、やはり竜馬に「勉強しゆわけないじゃか」と言わせた読者の投稿を
見たことがある。地域情報誌の小さな読者欄でも、インパクトのある記事はいつまで
も覚えている。他にも忘れられない一行に「猫を見れば指を出す」というのがある。
真実を突いているが、特に土佐弁には関係がない、もちろん。


■編集後記■……………………………………………………………………………………

前回今回とも、発送が少し遅れてしまいました。失礼しました。

今回、ちょっとURLの広告を載せてみました。御自分のHPを宣伝したいという方はお
気軽にどうぞ。

では、ごきげんよう。御投稿お待ち致しております。

……………………………………………………………………………………………………