笑う土佐弁・完全版



トップに戻る

掲示板

過去のゲストブック


リンク集



笑 笑 笑………………………………………………………………………………………
 う う  
土 土 土                       笑う土佐弁 No.25
 佐 佐   
弁 弁 弁………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………
                http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/
……………………………………………………………………………………………………

御購読ありがとうございます。笑える土佐弁をお届けします。投稿はありませ〜ん。

登場する土佐弁は以下の通りです(順不同)。

【かったし】【とぎ】

…………………………
注)固定フォントで御覧ください。
…………………………

■笑う土佐弁■…………………………………………………………………………………


【かったし】


「かたっぱしから」の意。子どもの母親が「片付けるかったし子どもが散らかす」な
どと言う。しかしこの例なら「片付ける端から……」と言ったほうが自然だ。高知も
標準語化しているのだ(嘘)。「かったし」と聞くと、何となくベルトコンベヤーを
思い出す。次から次へとやる「かったし」ネジなど締めなくてはいけないからである。
ベルトコンベヤーか。小学校では「画期的なシステム」「文明の勝利」みたいに習っ
たけど、今は没個性の小腸、象徴、負の印象。そういう変化って多いっす。焼き畑農
業なんかも「特記すべき農法」として習ったのに、今や世界的に悪名を馳せてるもん
ね。

                 …………………

【とぎ】


これもわりと大人になって初めて聞いた言葉。「仲間」のこと。「えいとぎができた」
などと言うのをよく聞きます。しかしどっから来たのかねー。「ほうばい」なんてこ
とを言う人もいて、これは「朋輩」だろうと予想はついたけど「とぎ」も「ほうばい」
も聞けばやっぱり笑ってしまう。痙攣してしまうくらい。年取って聞いた言葉だから、
県外の人が聞くのと同じようにおかしいと思うのかなあ。とぎ。


■編集後記■……………………………………………………………………………………

今回は正真正銘投稿なかったです。では、次回までごきげんよう。御投稿お待ちして
おります。

……………………………………………………………………………………………………


笑 笑 笑………………………………………………………………………………………
 う う  
土 土 土                       笑う土佐弁 No.27
 佐 佐   
弁 弁 弁………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………
                http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/
……………………………………………………………………………………………………

御購読ありがとうございます。笑える土佐弁をお届けします。本日投稿下さったのは、

・ゆっくんの代理さん

です。ありがとうございました。登場する土佐弁は以下の通りです(順不同)。

【ひがち】【ほいと】【ぐつが悪い】【ぞんぞんする】【はがいい】

笑うのは「ぞんぞんする」、これです。

…………………………
注)固定フォントで御覧ください。
…………………………

■笑う土佐弁■…………………………………………………………………………………


【ひがち】


「必死」の意。「ひがちになる」などと使う。「ひんがち」とも言うだろう。試験前
に友人の一人が「ひがちかっぱで(試験勉強を)やったでー」と言うのを聞いたこと
がある。聞いたとたん、パッタリ倒れるかと思った。おかしくて。「ひがちに」は知っ
ていたけど、それにカッパがつくとは知らなんだのだ。笑える土佐弁の代表であろう。

                 …………………
【ほいと】


この言葉は「ほいとの袋」という使用方法でしか耳にしたことがない。「ほいとの袋」
は口を引き絞った布製のズタ袋で、何でもホイホイと投げ入れるから「ホイと」の袋
なんだと思っていた。土佐弁講座によると「ほいと」は「乞食」の意味らしい。乞食っ
て、地方では見ないからなあ。乞食はこじきと呼ぶし(今はホームレスか)。「ほい
との袋」は、乞食の人が持ってそうなズタ袋、という意味だったのやね。

(のちに「ほいとは土佐弁ではない、というメールをいただきました)


■そういえば土佐弁■…………………………………………………………………………


>>高知県出身のゆっくんと話していると……というゆっくんの代理さんからです。

寒くなってきて寝るときに布団と毛布を一緒にかぶると、もこもこして嫌だそうで。
「ぐつが悪い」。

寒い時に――「ぞんぞんする」

マジックや蛍光ペンが紙をこする音が苦手だそうで――「はがいい〜」

@ぐつは聞いたことないです。「具合」という意味でしょうか。「ぞんぞんする」は
使いますね。笑えます〜。はがいいのは、キュキュキュという音?


■編集後記■……………………………………………………………………………………

ひやい季節になりました。高知はまだ暖かいのかな。

では、次回までごきげんよう。御投稿お待ちしております。

……………………………………………………………………………………………………



笑 笑 笑………………………………………………………………………………………
 う う  
土 土 土                       笑う土佐弁 No.28
 佐 佐   
弁 弁 弁………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………
                http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/
……………………………………………………………………………………………………

御購読ありがとうございます。笑える土佐弁をお届けします。本日投稿下さったのは、

・ブエブエさん

です。ありがとうございました。登場する土佐弁は以下の通りです(順不同)。

【いぬる】【ちくと】【もんた】

…………………………
注)固定フォントで御覧ください。
…………………………

■笑う土佐弁■…………………………………………………………………………………


【いぬる】

「いぬ」とも言う。「帰る」の意。「帰れ」が「いね」となるのは有名。こういうの
聞くと、生粋の土佐弁だなあ、と思う。お帰りの際は一声「もういぬるきねえ」と声
かけて。「もう帰らなければならない」は「もういなんといかん」となる。命令形は
「いね」。昔ラジオのCMで「いね」「おーの、嬉しいちや」「嬉しいつか」「あた
しゃ、こっちのほうが好きじゃきに」……ってゆーかなりしつこい(頻繁に放送され
る)のがあった。何のCMだったのか。まだやってるのか。

と書いたら「それは泰作さんのCMでしょう」というメールあり。そうそう、泰作さん
のほうが好きじゃきに、というのでした。泰作さん。どんなお菓子かよく知らない。
陣太鼓に似てるかな。

                 …………………
【ちくと】

「少しだけ」「ちょっと」の意。「ちっくと」とも発音する。「一杯やりませんか」
は「ちくと飲んでいかんかえ」となる。これもおじさん言葉で、若い人が「ちっく
と」というのは、かなり土佐弁を意識してのことではないだろうか。


■そういえば土佐弁■…………………………………………………………………………


>>ブエブエさんからです。

【いぬる】ですが、変な活用の仕方しますよね。「先にいんじょって」とか。あと、
同じような意味を持つ【戻る】という言葉。高知では「もうもんた」「まだもんちゃー
せんが?」とか変な活用しますよね。「もんたよしのり」が「よしのり もんた」に
なると、「よしのりが帰ってきた」という立派な土佐弁になります。

@「いぬる」ってほんと、古語ですよね。古文の勉強で、何度土佐弁に会ったやら。
「もう戻っただろう」は「もうもんつろう」。うーん、土佐弁って変だ。


■編集後記■……………………………………………………………………………………

方言辞典なんていうのも、探せばあるんでしょうね。方言地図とか、方言ネットなん
てないんでしょうか。一つの言葉が、地域によって少しずつ変わっていって、日本の
端と端ではまったく違ってしまう、といったような。インターネットの時代には、そ
ういう調査もできてしまいそうな気がします。

では、次回までごきげんよう。御投稿お待ちしております。

……………………………………………………………………………………………………