車ネタと音楽ネタのページです
最近はレースネタに偏ってるかなぁ
もっと他のネタも披露していくよ(謎)

コンパのページへ戻る
9月までの日記を見る

桜坂
 2〜3日忙しかったので、更新さぼってしまった・・・ 今までみたいにとまることはないからね(笑)
さて、今回はいつもと違って音楽ネタを書こうかな?みんな水曜日21時からはテレビは何見てます?紺白はここ数ヶ月TBSの「ウンナンのホントコ」見てるんだけど、その中のコーナーで「未来日記」っての知ってる?あれがいいんだわ!今は5つめの日記でテーマは「言葉の壁」。ナンチャンが脚本を書いて、素人の台湾の女の子と日本人のスノーボーダの恋愛を扱ってるんだけど、それがメロドラマの王道みたいな作りですっごくいい!みんなにもぜひ見てもらいたいね!それにBGMがまたいい!福山雅治の「桜坂」。まだ発売されていないみたいだし、彼のオフィシャルページにも載っていないんだけど、プロモーションビデオはケーブルで2度ほど、FMでも数回聞いたことあるからもうすぐだと思う。これは絶対にお勧め!!!shockwaveが使えるなら ば、 TBSのホームページ で聴けるからぜひ行ってみてね。
ちなみに大ヒットしたサザンの「TSUNAMI」も4つ目の日記で使われて、発売された経緯があるから今度も期待できるぞ!紺白の勘は絶対当たるから、ここに記録しておこう。数ヶ月してここを読み返せば証拠になる。(笑)
2000年04月20日 19時53分09秒

虎之介2連勝!
 虎之介がもてぎでも勝った。鈴鹿の開幕戦から2連勝。しかも今回はポールトゥウィン、車のアドバンテージがあるとはいえ、やはり2年間のF1経験は無駄にはなっていないようだ。特に雨の予選では気合いの入った走りを見せてくれたし、決勝後のコメントでも「フォーミュラニッポンは常に100%の力で走らなければ勝てない!」と言い放ち、それを実行したことは大したものだと思う。
 先週はF1で勝てない日本人について書いたが、まず彼がF1へ復帰するためには、国内レースでその実力を証明せねばならないだろうし、マネージャとしての中嶋総監督の力も必要だ。そして彼にドライバとしての運があるのならば可能だと思う。その運の部分では、こんな噂がある。来年から参戦するといわれているトヨタがドライバーを捜しているのだ。トヨタと虎之介は4輪デビュー時にフォーミュラトヨタだったこともあるから、あながち荒唐無稽な話しでもない。ヤマハと技術提携した経緯も好条件かもしれない。もともと虎之介はヤマハカートの出身だからね(笑)そうなると、中嶋の交渉能力にかかってくるというわけ。今回ホンダがBAR(British American Racing)とエンジン提供契約したときに当然虎之介のシートも契約書に載せたかったに違いない。しかし、BARが首を縦に振らなかったのは、煙草市場の問題があったと聞く。ジャック・ビルヌーブはエースドライバでCART時代からスポンサードされていたから当然として、ゾンタについてはブラジル出身で、南米の煙草市場にとって大きなメリットがあるという噂だ。いくらJT(日本たばこ産業)にお金があっても、マイルドセブンの看板つけてラッキーストライクカラーの車には乗せられないよな・・・ あれ?虎之介ってJTのサポート受けてなかったっけ?
2000年04月17日 10時59分16秒

訂正とお詫び
雨のモナコグランプリで優勝したアラン・プロストは、ルノーではなくマクラーレンTAGポルシェでした。訂正するとともに各関係者にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます・・・
うん?誰もしてないって?(笑)
ついでに書いちゃいますと、当時のマクラーレンはみなさんご存じのマールボロカラーつまりアメリカ資本がメインスポンサーでした。チームはイギリス。そしてエンジンはドイツのポルシェが開発していましたが、お金はTAG(Technique avant garde)サウジアラビアを中心としたオイルダラーによって運営されている会社から出ていました

マクラレーンについて一言
マクラーレンは1963年、Bruce McLarenによって"Bruce McLaren Motor Racing Limited Company"という形で創立されて始まった。そしてF1には1966年・モナコGPから参戦を開始した。しかし創設者、Bruce McLarenは1970年、テスト中に不慮の事故により死亡した。
現在の"McLaren International"は、Ron Dennis所有のイギリスの会社"Project Four"との合併によって1980年誕生した。この"Project Four"は、それまでに国際F2・F3を制覇してきていた。
TAGグループは、最初はポルシェによって作られていたマクラーレン用特別ターボエンジン(このエンジンは1984・85年のチャンピォンエンジンになった)の開発に金銭的な面でのみ参加していた。
しかし1985年、TAGグループはMcLaren Internationalの筆頭株主となり、その傘下に置いた。
そして現在ではMcLaren Internationalの他にTAG McLaren Marketing Services(1987年創立)、McLaren Cars(1989年創立)、 TAG Electronics Systems(1989年創立)を傘下に置いている。

日本人はF1で勝てるのか?その3
 今朝起き抜けにテレビをつけたら、sports-iで脇坂寿一の特集をやってた。フォーミュラスクールの卒業生でもあり、日本で一番F1に近い男だと思う。そんな彼がインタビューに答えこんなことを言っていた。
 「日本人のF1ドライバーがこのところ成績を挙げられないのは、日本人ドライバーのマネジメントがヨーロッパに負けているせいもあると思う。今の日本人ドライバーの状況を打開する何かを見つけて、これから出てくる若くて速い人達の突破口にもならないと」「日本人ドライバーは海外のドライバーに腕では負けていない。互角かそれ以上。ただ、チームの体制などの問題でなかなか勝てないだけです」と。
 これがある意味、今回のテーマに対する答えなんじゃないかな?エフポン(フォーミュラ・ニッポン)と違って、年間数百億のお金が動くF1の世界では、それを巡って魑魅魍魎が跋扈するのも当然で、腕があるとはいえ、国内レースしか知らないドライバーには恐ろしい世界かもしれない。クルマに乗せれば「何人たりとも前を走らせない」ドライバでも、生き馬の目を抜くF1界では通用しないわけだ。ちゃんとしたエージェントやマネージャが契約等をまとめていかないとやっていけないみたいだね。ちなみにハッキネンのエージェントは同じフィンランド人の元F1ドライバのケケ・ロスベルグが担当してる。交渉能力もコネも大切だと思う。中嶋や亜久里にもその才能が必要だ。「今年虎之助が乗れなかったのは俺のせいだ」と中嶋が言ってたけど、ミナルディやアロウズに我慢して乗せることは不可能じゃなかったはず。でも、あえてそれを避け、今年エフポンでチャンプをとれば来年に道が開けると踏んだのかもしれない。亜久里も同じことを別の方法で考えているはず。
 速さ、チーム(クルマを含めた)、マネージメント(もちろんお金も)、そして運。それらがうまく回り始めているのが今のバイクの世界なんだろうね。早くF1でもそうなってほしいと心から願っています。(笑)

日本人はF1で勝てるのか?その2
 昨日も長くなっちゃったんだけど、今日も長くなるかも?
 スーパーライセンス保持者がたとえお金でその権利を得たとしても、実際にシートに座るには、チームのテストがあるわけ。エースドライバの何秒落ちまでは合格とか、実際に持ってこられるお金はいくらなのか、とかね(笑)
 それで満足のいく条件が提示されれば、分厚い契約書にサインするというわけ。その契約はだいたい1年が多いんだけど、それ以降はオプション契約という形が多いらしい。つまり契約が切れても他と契約する前にまず1番にうちと交渉しようねってね。生きが良くて、将来性、パトロンと3拍子そろってる場合には3年くらいの本契約もあるらしい。
 デビュー前のセナも83年にウィリアムズのテストを受けているけどサー・フランクは気に入らなかったみたいで結局弱小チームのトールマンと契約した。そのだめなクルマで雨のモナコGPではルノーのプロストを毎周回1秒以上の差で追いかけ、あわや逆転優勝か?って時に競技長のジャッキー・イクスが赤旗振っちゃったもんだから、当時は結構問題になった記憶がある。モナコはほとんどフランスだし、プロストもルノーもフランスそのものだからねぇ・・・ついでに言えば当時のFIAのボスもフランス人だった!ま、当時からプロストは雨のレースが苦手だったみたいだし。セナはその逆だったんだね。
 そのトールマンのセナを見たロータスのコーリン・チャップマンはトールマンの契約なんてお金でどうでもなるって横っ面を札束でひっぱたいてセナを移籍させたんだな。これも結構話題になったと思う。同じような話はジョーダンに入ったシューマッハにもあった。彼もシーズン途中でベネトンに横取りされてるからね。でも、そのベネトンは元々くだんのトールマンを買収したチームだってことは何かの因縁かもしれないね(笑)
 そんな数少ない天才ドライバーは別にして、その他の20数人のドライバーはそれぞれ苦労していると思うよ。たとえばセナを評する言葉にこんな中嶋悟の言葉があった。彼は全日本F2時代にヨーロッパ選手権にも遠征したことがあって、その時決勝レースでネルソン・ピケと絡んで大転倒大クラッシュを演じたことがあった。それさえなければもっと早くにF1のシートが手に入ったかもしれないと言うわけだ。
 もちろん30歳を過ぎてからロータス入りしたんだけど、その時同年代のピケはブラバムでチャンピオンを獲得してるんだから中嶋の言うのが本当だったら、この日記は変わっていたかもしれない(笑)でも、彼は「僕がもっと若いうちにデビューしていればピケやプロストにはなれたかもしれない。でもセナには絶対になれない」って言ったんだ。当時のF1はエンジンが1500馬力に届こうって時代だったから、ホンダエンジンの力は大きかったんだろうねぇ・・・それで彼はピケ、マンセル、セナに続いて4位をゲットしてるわけだよね。確か3戦目でしょ?デビューして。レースの世界に、たら、れば、はいらないって言うけど、もし他のホンダエンジン搭載車が壊れていたら?日本人がF1で勝っていたかもしれないよ・・・
 亜久里の日本GPの3位だって、フェラーリのプロストとマクラーレンのセナが1コーナーで絡んで、その砂でマクラーレンのベルガーがスピンアウト。勝利を意識しすぎて焦ったフェラーリのマンセルがピットアウトの時、エンジンを吹かしすぎて、ドライブシャフトを折ったおかげで、ベネトンがワンツーフィニッシュ。それに続いていたからだよね。本当は7位がいいところだったんだよ。でも実際に彼は鈴鹿の表彰台に立った。
 この日の出来事を後から聞いたんだけど、優勝したのはピケ、2位はピケの子分のロベルト・モレノだった。ヘリコプター事故で片腕を切断したアレッサンドロ・ナニーニの代わりに、モレノはピケの強い後押しでお金払わずにベネトンに乗れたんだ。でも、実際には「日本一速い男・星野一義」にもオファーはあったらしい。二千万用意できれば乗せたげるよって。星野のマネージャーはどうしても乗せたかったらしいけど、「俺はプロだ。20年も前から金もらって走ってる。今更金払って乗れるか!」と断ったんだって。かっこいいねえ・・・さすが星野!
 ここにも「もし、たら、れば」の世界はあるんだな(笑)当時の星野は亜久里より速かっただろうか?モレノよりは速かった気がするから、また違った歴史があったかもしれないねぇ・・・
さて、この続きは、また明日の心だぁ♪
2000年04月13日 00時00分46秒

日本人はF1で勝てるのか?
なぜF1で日本人が勝てないか?それはね・・・日本のメーカーのバイクは30年近くレースを続けています。ホンダのバイクが初めて全クラスでチャンピオンになったのもずいぶん前のことです。そのころにも高橋国光、伊藤光男などの素晴らしいライダーはいました。彼らもビッグレースに優勝できるだけの才能を持っていました。しかし、彼らはほとんど4輪に転向してしまったり、会社の開発担当になったりして徐々に2輪レースから離れてしまいました。
そのころも同じことを欧米の記者たちからは言われていたそうです。日本はハードは優れていても、運転技術というソフトはだめだなって・・・
10年前にホンダがF1に復帰して、中嶋悟が初のレギュラードライバになれたのもレースの腕を買われたのではなく、テストドライバとしてと、エンジンの力だったのではないでしょうか?鈴木亜久里も最初はヤマハエンジンや、彼の後ろについているパトロンに期待してのことだったのでは?もちろんその後彼らが努力して4位や3位になれたのは実力もあったと思います。でも頂点には立てなかった・・・
それはレースを始める年齢に原因があるのではないでしょうか?18歳になってから、免許を取ってからでは遅いのです。今の2輪の連中はポケバイからミニバイクレースを経て中学生の時には本格的なレースに出ています。二十歳そこそこでもレースの経験は10年以上あるのです。だから世界の檜舞台でも動じない!
虎之助もお父さんが4輪レースをやっていた経緯から中学生からカートレースをしていました。紺白も坊主頭のころから彼は知っていますが、確かに大人に負けないドライバーでした。高校に入ってすぐ全日本チャンプになったはずです。だから彼も10年以上のキャリアを持っています。そういう子供の頃からの経験なしではいまの国際レースのレベルには到底太刀打ちできません。
数年前からJAFやMFJの無粋な年齢制限が徐々に変わってきたので、小学生カーターも立派にレースに出ています。彼らが本格的な4輪レースに参戦してエフポンを制したとき、やっとヨーロッパのレベルに追いつくのではないでしょうか?
鈴鹿のフォーミュラスクールも5年目を迎えました。出身者も何人もエフポンのグリッドに並んでいます。何人かはF1チームのテストも受けています。数年後には表彰台の真ん中に日の丸があがるのもあながち無理ではないかもしれません。
でもね。もう一つ条件があるかもね。F1に乗るにはスーパーライセンスって免許証のない証明書がいるの。それを持っているのは世界で30人足らず。世界に何人の運転手がいるか知らないけど、その中での30人だよ!遅いわけがないじゃん!それでも実際にシートを得ることが出来るのは22人だけ。実力は世界で30人だもん間違いはないよ。それプラス運とやっぱりスポンサーあるいはパトロンだろうね・・・
ホンダと無限だけでなく、トヨタも参戦するから、そう言った企業の力も大きいだろうし、現役F1ドライバーの中には親父の金でシートを買ってる奴もいるわけだからねぇ・・・
まず、そこまで行き着くには大変な苦労がある。その後いい成績を出せるかどうかは・・・また明日の心だぁ♪
そそ余談ですが、フォーミュラスクールの年間費用は700万円。息子さんをドライバに育てるのには安いと思いません?(爆)
2000年04月12日 01時08分59秒

日本グランプリはすごかった
125と250には期待してたけど、まさかここまでやってくれるとは・・・すごいと思わない?
ジャンプのワールドカップで日本人が日の丸あげることは珍しくないけれど、それでも3本って珍しいでしょ?しかも1日に3レースあってその表彰台9人のうち8人までが日本人なんて、いくらホームグランプリといえどもめったにないことでしょ?そしてなによりも日本人が完全制覇ってのがうれしいよね(笑)今までにも坂田和人や青木治親(125cc)原田哲也(250cc)と日本人シリーズチャンピオンはいたから優勝なんて珍しくないことかもしれない。でもまだ一人もいないのが500ccチャンピオンなんだ。今年は体制から言ってもノリックにその可能性はないかもしれないけど、のこり13戦もあるんだもん。とにかく頑張って来年はワークスライダーに返り咲いてワールドチャンピオンを狙って欲しい物です。
ホームページの更新にもついつい力が入っちゃって、一日に何回も変わっているけど、気づいてないよね(苦笑)最近カウンターがめっきり回らなくなってるからなぁ・・・
これがヨーロッパだったらきっと新聞の1面にでかでかと3人の写真が載るんだろうけどね。EUでもっとも有名な日本人は?って聞いたら中田でも萩原でもなく原田哲也って何かの本に書いてあったけど日本じゃマイナーだよな・・・日本に元ワールドチャンピオンが3人もいたなんてみんな知らないでしょ?舟木や原田のジャンプもチャンピオンにはなっていないけど、あれだけ知られているのは、やはりオリンピックのせいかなぁ?マスコミの取り上げかたにも問題あると思うんだけどね。今回の3レースでの表彰台だって8台は日本のバイクなんだよなぁ・・・日本の工業力が世界をいかにリードしているかって証明なんだもん。経済紙のトップページに載せても問題ないと思うんですがいかがな物でしょうか?そのバイクに乗って日本人が勝つ。好き者でなくてもわくわくしちゃう話じゃないかなぁ?
2000年04月11日 00時23分17秒

バンド練習
 ここ2ヶ月ほど、毎週水曜日には、バンドの練習をしている。ここは市場だけあって倉庫も完備されているので、その1室を使ってね。メンバーも市場関係者だけを募って、ベース、ドラム、エレキ&アコースティックギターはそろったんだけど、さすがに寄せ集めバンド。年齢層が広すぎて音楽指向がかなり違うんだな・・・
 若いメンバーはスピッツやミスチルのファンもいるから彼らにあわせないといけないし、70年代フォークが好きな奴もいる。両者が満足できるようなレパートリーにしていかなければいけないのが難しいよね・・・
 紺白は60年代後半から90年代ロックは何とかこなせるつもりでいるし、70年代フォークだって中学生時代に弾いた覚えもあるからなんとかなるんだけどね。(笑)
 そうそう紺白は一応リードギター担当なんだ。今使っているのはOvationのEliteって90年代前半製作のエレアコ。じつは同じモデルをキムタクが使ってる。夜空ノムコウで弾いてるのを見たことある人もいるんじゃないかな?ボディの半分がFRPで作ってあるから、乾いた音がするんだ。それからもう1本はFenderのTelecasterって80年代製作のエレキ。これは誰が使っているんだろう?先日、中古ショップで衝動買いしちゃったモデルだからあまり詳しくないんだけど、これもフェンダーらしい軽い音だと言っておこう。まだまだエレキが弾きこなせる域までは達していないからねぇ・・・
  ギターの画像はここ
2000年04月05日

中野真矢
 紺白が今年一番注目しているのは、中野真矢
LunaSeaの真矢と同じ字なんだけど、全く関係ないのは言うまでもない・・・
 でも、なぜビジュアル系のバンドってドラマーだけが雰囲気違うんだろう?ペニシリンのO次郎もなんか違って見えるよねえ・・・グレイなんてドラマーすらいないし・・・
 それはさておいて、紺白がずっと応援していた原田哲也もそうなんだけど、最近のヤマハのライダーって天才肌が多いと思う。でも、ヤマハの総監督曰く、真矢は原田以上の天才なんだって。その証拠が今年の開幕2連勝なんだと思う。WGP2年目ではあるけれど、去年すでに表彰台の頂点に立ったこともあるわけだし、今年は是非、原田以来の250チャンプになってほしいものです。そうそう今年は全日本以前からライバル、ホンダの加藤大二郎も参戦してるからよけいに見応えあるよね。なんてたって鈴鹿でのGPでは負けなしの大二郎だからね。勿論、宇川だって今のままとは思えないから、GP250は目が離せないぞ!

日記も復活
 ホームページの更新だけは、何とかなったんだけど、日記がなかなか書けなくて・・・でも、今日からは復活しようかなと思うのはいったい何度目だろ?
 もともとは音楽ページで始めたこのHP。最初はmidi、次はrealaudioと進んでいくたびにファイルが重くなっていく。音質とファイルサイズは比例しているとはいうものの、15Mなんてすぐにいっぱいになってしまう。画像なんて問題にならないくらい重いんだもん・・・
 皆さんも気づいてるかもしれないれど、紺白って奴は結構いろんな趣味を持っていたらしい・・・人間42年も生きていればいろんな歴史もあるわけで、最近のコンテンツはどうもレースに偏ってるみたいだけれど、元来飽き性だから、いつまで続くことやら・・・とりあえず本人は今シーズンのF1とWGP(最近はmotoGPって言うらしい)はすべてフォローするなんて言ってたけど、いつまで続くことやら(苦笑)
 本人曰く、音楽とレースだけしかネタがないと思ったら大間違いだって言ってるから、また気が変わったら新しいネタに変わるみたいだよ(笑)
2000年04月03日

F1開幕!
 いよいよ F1が始まりました!
 モータースポーツファンとしては眠れない夜が始まるわけで、嬉しいやら、眠いやら・・・
出来ることなら、スカイパーフェクTVにはいって、F1生中継見たいけど、うちはケーブルTVだからなぁ。結構番組がかぶってるんだ。
 バイクのWGPもまもなくシーズンイン!こちらはBS2で見られるから問題ないんだけどね。ヨーロッパラウンドにはいると時差の関係から、日曜夕方のゴールデンタイムがレースのスタート時間にあたるもんだから、子供からはすこぶる評判が悪い・・・しかも、125、250、500と3レースもあるものだから3時間TVを独占しちゃうからね。しかも、F1とWGPは、絶対同じ日に開催されないようになってるから、シーズン中はほとんど毎週どちらかのレースがあるんだよね。どうやらスカパーでF1観戦は実現しそうにないなぁ・・・
数年後には地上波もデジタル化されて、多チャンネル時代がやってくるらしい。そして新BSも科学技術省のロケット失敗がなければ、数年後には実現される。ケーブルTVも光ファイバーで繋がれば、もっとチャンネル数は増えてくる。いったいどれを見ればいいのか、わからなくなっちゃうよね!
 子供の頃、全く記憶のない頃からTVはあったけど、当時はNHKが2つ、東海TV(フジTV系)、CBC(TBS系)、名古屋TV(テレ朝系)の5つしかなかったもんなぁ・・・毎週見る番組なんて考えるまでもなく決まっていた気がする。それが今ではケーブルだけで30チャンネル以上!ラジオにしたって、FMだけで5つも聴ける時代になってしまった。視聴者の選択肢が増えたと言っても一度に見られるのは一つだけだもんなぁ・・・
 車にしても同じこと、日本で買える車の多いこと!不景気とはいえ各メーカーは次々と新型車を発表してくる。そんななかでいつまでも年増の独逸娘にしがみついているのは、魅力のある車が出てこないから?
2000年03月13日 09時50分50秒

volvo V70試乗記
 昨日、友人のvolvoに乗った。彼にとっては850ワゴンに続く2代目のシルバーメタリックのvolvo、どうやらかなり気に入っているようだ(笑)。前のがノンターボでかなり遅かったらしく、今回は高圧ターボ(加給圧の違いで高と低あり)50扁平タイヤを装着しているため、町中での乗り心地は消してほめられた物ではないが、高速道路での直進性は明らかに良くなっている。たまたま先日のカムリ・グラシア・ワゴンの感触が残っていたのでいい比較になった。真四角の外観からもわかるように、つかみやすい車両感覚。ターボを感じさせないリニアな加速感。う〜ん。言うことないかなぁ・・・。勿論、その加速感にはアイシン製オートマチックも大きく貢献しているはず。それとヴァイキングの国の車らしく、すべてのスイッチが大きい!どうやら手袋をはめたままで操作ができるようにとのことだけど、日本人にはどうなのかな?でも、190馬力を感じさせないのはいいよねぇ。カムリとは大人と子供の違いを感じてしまう。最初から50扁平タイヤを装着することを前提にしたサスペンション。バネ下の重さから来るドタバタ感がなければ言うことないんだけどなぁ・・・
 ま、今はスタッドレスタイヤだったからそれが増長されたのかもしれない。春になって夏タイヤに変わったらまた乗せてもらおう。その時は最高速テストさせてね!(爆)
2000年03月04日

ブレーキ
 独逸娘とつきあいだして思うんだけど、車のブレーキって本当に大事だと思う。
 日本の車ってエンジンとトランスミッションは本当に良くできてると思うけど、なぜかサスペンションとブレーキはまだまだだなぁって気がする。勿論R34GTRとか、世界に誇れる車もあるとは思うんだけど、それより普通の車のレベルって低くないかな?メーカーに言わせれば、使用速度域が違うから仕方ないとおっしゃるでしょうが、今のエンジンなら軽でも、次の信号までに100キロなんて簡単にでちゃうでしょ?そこで急に信号が赤に変わったり、障害物が現れたとき、本当に止まれるのかなって思っちゃう(笑)。
 今日も昼休みの帰りに、原チャリの兄ちゃんがいきなり独逸娘の前に車線変更してきて、パニックブレーキ!!ABSのない独逸娘は後輪から悲鳴を上げてたけど、何事もなかったように減速できました。すかさず右側から追い越して窓から中指をたてたのは言うまでもないけどね!(苦笑)
 さて、下品な話題はこれくらいにして(笑)、紺白おすすめの1曲を紹介しよう。
 米倉利紀のニューシングル「Do Something」のカップリング(昔で言えばB面だ!)で入っている
「I'll Harvest My Love In Your Soul」これはいいぞぉ!日本の曲はあまりHPでかけたくないからどうしようかなぁ?でも、みんなに聞いてもらいたいなぁ・・・ 2000年03月02日

カムリ・グラシア
 カムリ・グラシア・ワゴンに乗った。うちのセプターの後継車にあたるんだけど、全く別の車になっていたので驚いちゃった!同じ型式名のエンジンとは思えないトルクと回転のあがりぶり。排気量が5割くらい増した感じがする。エンジンは明らかに良くなったねぇ。しかし、操縦性はどうなんだろ?ステアリングのパワーアシストは減ったみたいで、格段に重くなったし、直進付近の遊びを詰めてあるので、ちょっと振れただけで、素直に向きを変える。標準のタイヤがダンロップの60扁平のハイグリップと言うせいもあるだろうけど、それよりもフロントのサスペンションがかなり固められているからだと思う。はたして、こういうワゴンにそんなセッティングが必要なのかなぁ?
 それに比べて、乗り心地を重視したかったのか、柔らかくセッティングしたリアサスペンションが遅れてついてくる(笑)。あれで荷物を満載したらどうなるのかなぁ?それとも荷室はただのファッションなのかしら?日本のワゴンユーザーだって、定員一杯乗って荷物を満載してツーリングに出かけることだってあるはずなのに。毎日の通勤と週末のスーパーへの買い出しだけのために、この車はあるのかな?
 2.2リッターでこれだけいいエンジンなのだから、2.5リッターV6はどんな味付けなんだろ?それには興味あるけどね(笑)。日本よりアメリカ本土でよく売れている車のはずなんだけど、対米仕様はまたセッティングが違うのかなぁ?フォード・トーラスと毎年ベストセラーを争ってるはずだから、こんなセッティングとは思えないけどね(笑)。
 ちなみに、ここだけの話なんだけど、離島の方はトーラス・ワゴンに乗っている(爆)。
2000年03月01日 今日から3月だ!

ヤナセにて
 うちの独逸娘は、先日話したとおり元気なんだけど、会社の末娘(C200)がマイナートラブルみたい。といっても、前ウィンカーレンズが外れちゃっただけなんだけどね(笑)。ちょっとABSがきくほど急ブレーキを踏んだら、前でガタッて音がする。目的地に着いてからみてみると、見事にユニットごとワイヤーハーネスだけでぶら下がっているじゃないですか(苦笑)。早速ヤナセへ行って直してもらうことに。
 単純に、爪がゆるんでいただけで、すぐに直るとのこと。ロビーで待ってる間に、綺麗なお姉さんが「何かお飲物は?」って。後輩と二人でおいしいコーヒーをいただきました(笑)。しかも、ちゃんとドリップだった!
 サービスのお兄さんから、「紺白さん。オイル交換の時期が来ていますので換えときましょう。」と言われ、その間に、SクラスからAクラスまで現行モデルを片っ端から触ってきました(笑)。
 勿論、紺白家の次期FX候補のV280は特に念入りに見せてもらったけど、横幅1890mmはでかいよなぁ・・・ミラーの両端だと優に2メートル超えちゃうんだよねぇ。それに、ベンツの看板は背負っていても、エンジンはワーゲンの狭角V6だし、製造はなんとスペイン工場!黙って乗ればすぐにわかるはずのメルセデスのスイッチ類も、なぜかVクラスだけは違ってるんだよ。それとすべての操作系が重い!パワステも日本人の特に女性には絶対に重いはず。ドアの開閉も子供には重すぎるな。ついでにダブルサンルーフ装着車は2トンを超えるって言うから重量税も馬鹿にならない。当然500万円を超える値段が大きな障害だけどね(苦笑)。
 ただし、エントリークラスのV230は390万円。エンジンが97年型までのC230と同じ4気筒16バルブ143馬力だから、車重に比べて非力なのは否めないけど、エスティマよりも広く高い室内スペース。高速安定性。そしてなによりも直径15センチのスリーポインティッド・スター付きの派手な押し出し(苦笑)。これで会社のC200並に10万キロ超えても大丈夫なら10年以上乗れるんだけどなぁ・・・
 次期FXネタはまだまだ続くのであった・・・
2000年02月29日 19時21分06秒

次期FXは?
 今日、髪を切りに栄まで出かけた。久しぶりにセプターワゴンに乗ったのだが、やはりトヨタの車。”三河の巨人”の力は未だ衰えず。でも本当はケンタッキー工場で作られたんだけどね(笑)。実はアメ車だったんだねぇ。
 とはいっても、アメ車の雰囲気は全くないんだな。2.2リッター4気筒140馬力だから、大して速くはないけど、名古屋高速の流れをリードするには困らないから、良しとしましょう。
 今年の8月に2回目の車検なんだけど、そろそろ買い換えモードかなぁ?距離もまだ5万丗らずだけど、なんかボディが緩いんだよねぇ。独逸娘を知ってから、そう言うところは敏感に感じてしまう紺白なのです。
 というわけで、次の車を考えだしているんだけど、未だにこれって車にめぐりあえない・・・家族6人が楽に移動できて、しかも高速で苦労しない車って、いっぱいあるんだよね(笑)
 たとえば、エスティマクラスのミニバンからプレマシーなんかの小型ワゴンまで、百花繚乱なんだよね・・・ ただしうちは自動車税が免税になるので排気量はあまり気にしなくてもいいんだよね。そうなるとやはり狙うは3リッターか?8月まで考える時間はたっぷりあるな!ある意味一番楽しい時期がやってきたといえるでしょう! 2000年02月28日 00時03分00秒

独逸娘その後
 名古屋は今日昼から雪が降った。この冬3〜4回目の降雪。先々週の水曜日の積雪は名古屋だけの局地的なものだったらしいけど、楽しかったなぁ(笑)
 あの日は”天下の奇祭”はだか祭りの前日で、名古屋近郊の稲沢市の国府宮神社まで厄明けのお礼に、朝6時頃から行ったんだ。途中北へ向かえば向かうほど積雪量は増し、着いた頃には20数センチ!たまたま現行シルビアで行ったんだけど、雪さえあれば最近のスタッドレスは十分なグリップを与えてくれます。(笑)
 帰りが通勤ラッシュと重なって、渋滞でとまっている間に一度はシャーベット状に溶けだした雪も、見る見る真っ白に。渋滞を避けた脇道は、まさしく一面の雪世界でした。
 雪国の人には当たり前のことだろうけど、太平洋側の雪は5センチでも大騒ぎってことだよね。年に2日のためにスタッドレス買うのもバカらしいからねぇ・・・
 さて、本題の独逸娘はオイル消費が気になること以外はそれほど問題もなく(それが大問題だったりして?)まもなく81000劼魴泙┐泙后9愼後5000劼ぁ・・・そろそろオイル交換しなくちゃ!Let相談役に教えてもらったBPのクラシックにしようか、それとも超マルチグレードの日石三菱の5W-50にしようかなぁ?まだまだ寒い朝があるかもしれないからあまり硬いのは避けたいなぁ。
 誰か古い外車のオイル使ってみた人いないかなぁ?
2000年02月27日 01時58分53秒

久々の更新(苦笑)
 いやはや みなさまお久しぶりです。m(__)m
Letから言われるまでもなく、さぼっていることは間違いないわけで・・・
 とりあえず、車と音楽ネタを再開しなくちゃな!というわけで、今日はグラミー賞の話題から、
 みなさんもサンタナの名前だけは聞いたことがあるでしょ?70年代初頭から、カルロス・サンタナを中心に"Black Magic Woman"や"Euorpe"(邦題 哀愁のヨーロッパ!!)などの大ヒット曲で有名ですが、昨年リリースした"Smooth"が超ロングセラーに。ビルボード年間チャートでも5位以内に入るなどと復活ぶりを見せていましたが、今回のグラミー賞ではついに8部門独占というタイ記録を達成!(マイケル・ジャクソンと並ぶ)健在ぶりも授賞式で見せてくれましたね(笑)
 ちなみに彼のギターは80年代以前からYAMAHAの特注モデル。独特のサンタナサウンドに日本の職人技も参加してるんですねぇ。
 それに、サンタナといえば、日産がフォルクスワーゲンのパサートをサンタナって名前でノックダウン生産していたこともあるね!今になって思えばP10プリメーラの成功の陰には、あのダサ車が貢献していたんだね(笑)
 無理矢理、音楽と車ネタをくっつけた感もあるけど、何とか復帰ネタ第一号にふさわしいお話でした(笑)
 PS.復帰ネタといえば、あの野口五朗がその"Smooth"のカバーを出すって知ってる?
郷ひろみがリッキー・マーチン、西城秀樹がエンリケ・イグレシアス、そして野口五郎と、御三家ラテンカバー揃い踏みってのも笑えるね!
2000年02月26日 20時04分24秒

アガシ、決勝進出!
う〜ん、昨日のアガシ対サンプラスは最高の試合だったね。
思わず力が入ってしまいました(笑)
今、アガシはグラフとつきあってるらしいんだけど、以前はブルック・シールズの旦那だったわけで、思わず、エンドレスラブを思い出してしまいました!
てなわけで、アガシつながりの選曲!わかったかな?
2000年01月28日 09時29分24秒

ネット活動再開!
永らくさぼってまいりましたが、
やっとやる気がでてきました。(笑)
バレンタインデイに向けてデュエットソング集を展開いたします!
ご存じリアルオーディオですので、聴けない方は、HP上部のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください!
よろしく〜〜〜
2000年01月28日 00時38分06秒

60年代ソングって
これを読んでくれるみんなは知らないかもしれないけど、曲名と歌手は知らなくても聞いたことあったりしてね。(笑)
昨日Monkeesを聞きながら、何故かBeech Boysを急に思い出してしまった(笑)
今まであえて取り上げていなかった60年代も特集しちゃおうかな?
2000年01月22日 14時02分42秒

ひさしぶりに日記です!
昨年末から、ずっとさぼってた日記を今日から書こうかな?
なんて出来もしない事を言うと笑われそうなので、適当に書いていこうかなって思います。
今日は会社のシステムの調子が悪く、ネットワークの見直しなんかをしてみたのですが、そのついでに会社からたくさんダウンロードしてしまいました。(笑)
モンキーズとフリートウッドマックのベストアルバムを丸ごとゲット!
両方とも懐かしいなぁ・・・
2000年01月21日 22時49分26秒

紺白Produced Xmas Album '99
 たいへん長らくお待たせしました!
ついにクリスマスアルバムが完成しました(笑)
下の曲名をクリックしてください。サンプルが流れます!

01Bob Marley - One Cup Of Coffee
ボブ・マーレイの初期の曲。「もう一杯コーヒーを飲んだら出ていこう」ってジャマイカらしいフレーズでスタートです。

02Blondie - The Tide Is High
ブロンディには珍しいカリブっぽい曲。でもデボラに「貴男のNo.1になりたいの」なんて、言ってもらいたいなぁ(笑)

03U2 - Christmas (Baby Please Come Home)
TBS系列水曜日放送「ほんとこ」未来日記IIIでいきなりかかるんだよね(笑)ボーノの切ないボーカルが好きなんだ!

04Mariah Carry - All I Want For Christmas Is You
CXドラマ『29歳のクリスマス』でかかってました(笑)名古屋は今再放送してるんだよ。それにマライヤのプロモビデオは可愛かったなぁ・・・

05Wham - Last Christmas LongVersion
当時アイドルだった彼らもクリスマスソングの定番になるとは思ってなかったでしょうね。今回は珍しいロングバージョンを収録しました。貴重だよ!

06John and Yoko - Happy X'mas (War Is Over)
これも定番になってしまいました(笑)今回はコーラスの入っていないジョンとヨーコのバージョンでお届けします。この曲を聴く度に1980年12月8日を思い出してしまうんだよな・・・

07Band Aid - Do They Know It's Christmas
当時のイギリスのスーパースターが集結したチャリティソングでした。あなたは何人聞き分けられますか?Aメロだけで7人のスーパースターが競演しています。この企画でボブ・ゲルドフは女王陛下から勲章をもらいSir Bobに、そしてノーベル平和賞ももらったはず。

08Jon Bon Jovi - Please Come Home For Christmas
もともとチャーリー・ブラウン(スヌーピーじゃないぞ)のヒット曲でした。以前イーグルズもカバーシングルを出していましたが、今回はジョンのバージョンで!結構紺白もボンジョビは聴いてるんだよね(笑)

09George Winston - Snowman's Music Box Dance
アニメ『スノーマン』から。名古屋も雪がちらつきましたが、北の国は大雪なんだってね・・・空にはスノーマンが飛んでいるかも?

10John Lennon - Woman
何故この曲を選んだのか?紺白も自信はありません(笑)でも、次のボブ・マーレイに続くんだよね
11Bob Marley - No Woman No Cry
彼の後期の大ヒット。レゲエの名曲だと思います。サビの部分の歌詞を良く覚えて置いてくださいね

12Sweet Box - Everything's gonna be alright
紺白ページにとっては初めてのヒップホップなのでは?11のサビの部分を『G線上のアリア』にのせてリミックスしています。今回は聞き比べネタで採用してしまいました。

13Grover Washington Jr.& Bill Withers - Just The Two Of Us
映画『ブルースブラザーズ2000』を見ていたら、Grover Washington Jr.が出ていたんですねぇ。映画自体は前作同様ジョン・ランディスのドタバタなのですが、出演メンバーがすごい!クラプトンまで出てるんだよ。気になる人はビデオ屋へダッシュ!Bill Withersは『Notthing Hill』のサントラ盤にも入ってます。
14Joe Cocker & Jennifer Warnes - Up Where We Belong
なぜかこのあたりはクリスマスソングじゃないぞ!ご存じ『愛と青春の旅立ち』のエンディングテーマ。あのシーンで涙した人も多いはず。

15Linda Ronstadt & James Ingram - Somewhere Out There
メインページでも紹介しましたが、是非21世紀にも残したい名バラードだと思うね。Linda Ronstadtがこんなに歌のうまい人だとはこの曲を聴くまで知らなかったかも?

16Mariah Carry & BrianMcKnight - Whenever You Call
離島の方推薦99年最高のバラード。と思ったら本国盤CDには入ってないんだよね(苦笑)日本だけのボーナストラックだったらしいです。ふふ離島の方も聴きたいでしょ?

17Stevie Nicks - Silent Night やはり最後にはこの曲を入れなければ。もとFleet Wood MacのStevie Nicksに黒っぽいコーラスがかぶります。世界中の人が知ってる曲を歌い直すってすごいプレッシャーなのじゃないでしょうか?
というわけで99年盤コンパプロデュースクリスマスアルバム聴きたい人も多いはず!興味のある方はICQ#30382887、もしくはk_compaq@hotmail.comまでご連絡ください。

大掃除
 さっそくさぼってしまいましたねえ・・・
土曜は夜中までバンドの練習だったし、いよいよ忘年会、新年会なんかで発表の場が近づいて来ちゃったからねぇ。
 それでもって日曜は大掃除!引っ越してきてから初めてだったし、結構1年間で汚れておりました。それと輸入住宅の特徴として、窓が多いんだよね。数えてみたら33カ所も・・・その数だけ網戸もあってね。長女がお風呂で格闘して洗ってました(笑)。
 更新が遅れたのにはもう一つ理由があって、クリスマスに向けて、クリスマスアルバムを製作しようかなと、作業に入りました。とにかくストックだけでMP3が1000曲以上、CDが200枚以上、この際アナログ盤は数えないようにしましたが、それを聞くだけでも、凄い数なんだよね・・・ でも、離島や南部の方にも早めに届けたいし、関東や北陸の方も待ってくれてるようだし・・・ああ HPの更新は後回しになりそうだな! 1999年12月13日 17時18分06秒

イルミネーション
 毎年この時期には、花屋の友人から樅(もみ)の木を買うんだけど、今年はクリスマスツリーはやめて、イルミネーションに凝ろうかって話になって、しばらくホームセンター巡りをしました。最近結構電球でてるんだねぇ。いろんな種類が何種類もあるんだよ。数年前までは東急ハンズみたいなところでツリー用しか置いてなかったのに、最近では防滴型(屋外用)も豊富にそろっていて、200球とか、30Mとかもリーズナブルになっています。
 紺白家では去年からツリー用に5色の点滅型100球を使ってたんだけど、今年はそれを3階のドーマーの窓で使ってみました。周りがわりと暗いので結構派手に点滅しています!(苦笑)
 で、調子に乗って、今度はウッドデッキの手すりと外壁にも常時点灯型の白色を這わせてしまいました! 何とか写真に収めようかと思うんだけど、難しいねえ・・・
 何とか写したのがこの写真。雰囲気伝わるかな?1 2 3 4
1999年12月11日 10時01分01秒

もうすぐ半年
 今日気付いたんだけど、今月21日でHPを開いてから半年になるんだなって。
 途中しばらくさぼってたから、半年の感覚がないのかもしれないけど、音楽中心のHPがここまで続けられるとは思っていませんでした。(笑)本来は著作権法違反だからね。(苦笑)
 でも、毎日1曲は続けますよ!どっかから文句言われるまではね。(笑)
 そして、最近追加した独逸娘のネタは、本当に報告することがない・・・
 もう少しトラブルがあると思ってたんだけどねえ・・・ 一応来週頭にはレカロシートの取り付けが出来るはず。その時にはその座り心地を報告できると思うんだけど、でも、13万キロとか16年ものとか、紺白の回りって耐久テスト並の車ばかりだなぁ・・・(しみじみ)
1999年12月10日 11時39分02秒

図書館にて・・・
 昨日は、久しぶりの完全オフ!  といいながら、仕事関連の資料を集めに春日井図書館へ(苦笑)<う〜ん図書館のHPが更新されていないのでリンク張れないなぁ・・・
  先月オープンしたばかりのウルトラモダンな建物でした(笑)  それに一階から三階まで吹き抜けになっていて、そこにミニコンサートが開けるステージまである!昨日はマリンバの演奏やってました(笑)綺麗なお姉さんが肩もあらわなドレスでね(^_-)  わっはっは!  どこ見てるかって?  決まってるジャン(笑) それと最近多くなってると思うけど、CDやビデオの貸し出しもあるでしょ?  この図書館はCDを聞く席が快適なシート使ってたな。うんうん。
 そして、図書検索の端末に近づくと、なんと一台がネスケで外のネットに繋がるじゃないですか! 思わず自分のページにアクセス! ついでにブックマークに追加してきました(爆)  みんなも無料端末見つけるといつものページにアクセスすることない?  紺白は以前NTTのショールームでエキチャに繋いでて、不審な顔されたけどね(苦笑)  体験コーナーじゃ、あまりに速いタイピングは要注意ですぞ、御同輩!!!

クラプトンのギターは
今日の曲はクラプトンなんだけど、先日のwowowの放送でも見たとおり、黒いギターがお気に入りのようですね(笑)FenderのStrutCasterって言うんだけど、実際にはお気に入りの"Blackie"と言うモデル(1970年にナッシュビルで3本1000ドルで購入)をコピーして作らせてるらしい。同じモデルで実際には3色作らせて、チャコールグレイ、トリノレッド、7upグリーンだったらしいけど、途中からあの黒のギターも追加されたらしいね(笑)ただ91年からはアルパインホワイトも使われているんだって。
 で、今回のライブのTears In Heavenではメインでも書いたように、CF.Martinが使われているんだけど、OOO-42Eric Claptonなのではないかと思うんだけどね・・・果たしてピックアップが着いていたかというと、自信がない・・・
 しかしながら、MTV Unpluged Liveと、オリジナルの録音の時にはスペインのラミレスって職人のガットギターを使っていたようです(笑) ってずいぶんおたくな話題だったかなぁ(苦笑)
1999年12月07日 15時31分54秒

今週のアーティストは?
 昨日wowowで、クラプトンのライブを見てしまって、「うん!今週はこれだな!」と思いながら、何かぴんと来ないんだよなぁ・・・
 で、へそ曲がりな紺白としては、やおら、CDライブラリーをひっくり返して、見つけました。
 今週は、1人と特定せず、お気に入りからお届けします!って こんな事やってると、また選曲に悩むんだよなぁ・・・
 
 さて、昨日、名古屋高速を走行中、途中のインターから謎の紅い物体が侵入!あれよあれよと言う間に後ろに着かれました。550Maranelloでしたぁ・・・実物走ってるの初めて!思わず道を譲り、すぐに追尾!さすが日曜の高速、すぐに前が詰まります。(笑)しばらく100キロ前後で後ろ姿を堪能しました(笑)勿論フェラーリサウンドもね!とにかくステンレスマフラーの綺麗なこと!あれだけで何百万するんだろうな
1999年12月06日 09時13分15秒

Macでも聴けるはずなんだが・・・
 最近、数人の方からmacでは紺白ページの曲が聴けないとのお叱りをいただきました。そこで色々調べてみるとmac用のReal Player G2もつい最近リリースされてるみたい。ただし英語版みたいだけどね。ここのメインページからリンクを張ってありますので、ぜひダウンロードしてみてね!
英語版といえども、それほど難しいインストールではないと思いますが、もしわからなければ紺白までご連絡ください!カキコのページでもいいし、知ってると思うけどICQ NO.は#30382887(最近昼もテレホもオンライン。Net Addiction再発?苦笑)もしくは k_compaq@hotmail.comまでお知らせください(笑)
1999年12月04日 10時30分20秒

ベストショット!
 昨日、名古屋高速を走行中に、同型車を発見!後ろ姿をゆっくり観察させてもらいました(笑)
 さすがにデジカメで写すまでは出来なかったけどね!300D TURBO DIESELの文字がくっきりと見えました。色はスカイブルーのメタリックだったな。自分の車の後ろ姿は走行中は絶対に見えない物だから、ついつい追尾してしまいました(苦笑)。岐阜ナンバーの300Dのオーナーの方ごめんなさいです!でも、あの後ろ姿好きなんだよなぁ・・・
 そんなわけで今日は、うちの独逸娘のお尻をとくとごらんください!

  1999年12月03日 16時39分43秒

C200車検整備代金請求書
 先日のC200の車検の請求書が届きました。ここに銘記したいと思います。
整備代金...............156,825円
部品...................224,850円
付属品.........................400円
雑品.......................3,935円
エンジンオイル..............8,800円
別工事(洗車ワックス?).....7,000円

消費税....................20,090円
総合計....................421,900円

上記の通りになりました。(大苦笑)
さっすが ヤナセって言っていればいいのかしら・・・ 
あれ?これには重量税、自賠責は入ってないや・・・
今回はノーコメントだな!!!

1999年12月02日 16時49分47秒

77777
 もう、そろそろだなって思ってはいたんだよね!買ったときが75000キロだったからね。だからいつもデジカメを携帯していたんだけど、ついに その瞬間が来ました! でも東名阪自動車道上だもんなぁ・・・針で万単位がかぶってしまった!しかも速度違反まで記録してしまって。あ!そうか、制限速度で走るか、いっそのこと180キロ以上で走れば良かったのね・・・(自爆)
 例のアイドル回転は800回転で落ちついています。ま、殆どNポジションのままだから若干低くなっちゃうけどね。それより15リッターを残して表示される燃料残量計が点灯したときに420キロしか走ってないって事は6.5km/lってことだね。やはりポロの倍以上の排気量。こんなものなのかしら・・・
1999年12月02日 08時50分56秒

アイドル回転 急上昇?!
 この2〜3日、名古屋も寒い朝を迎えています。車が露に覆われて真っ白になってます。(まだ霜は降りてないぞ!)
 そんな朝もスターターモーター一発でエンジンは目覚めるのですが、その後がどうもおかしい・・・水温が60度から80度の間まで上がっても、エンジン回転が1200回転以下に落ちないんだよね・・・。そこで昼休みにヤナセのサービスを訪問、看てもらうことに。
 結局小1時間かかって、原因は掴めず、予想できるとすれば、高速走行したためにそれまで溜まっていたカーボンが取れ、吸排気系が風通しのよい状態になったのではないか?とのことでした。(苦笑)確かに3回くらい東名でぶっ飛ばしたからなぁ・・・
 そう言われてみれば、以前より吹き上がりも良くなった気もするし、トルク感も増したような気もするんだけど・・・それってなれてきたから感じるだけかもしれないしね!勿論、現在はアイドリングも普通に落ちついていますが、これからどうなる事やら・・・
1999年11月30日 15時22分01秒

嗚呼 マイナートラブルが!
 心配してはいたんだけど、やっぱり出ました!オートアンテナが出なくなっちゃったんだねぇ・・・モーターの音はしてるけど、出てこないんだ。一度トランクの内装はがしてみてみないとね!
 それ以外に見つかった欠点と言えばやはり燃費だね。エンジン自体の燃費が悪いって言うより、ギア比の問題だかどうしようもないかも?今の車みたく100キロ走行時に2000回転台だといいんだけど、こればかりはファイナルギアの変更しかないからなぁ・・・一度適応部品がないか探してみないとね(笑) 1999年11月29日 11時01分19秒

今週はジェイムズ・イングラム特集
 最近やっとHPを更新するのが苦痛じゃなくなってきたなぁ・・・
 一応毎日曲も更新していますが、独逸娘ネタはひとやすみって所かな?というより変化がないんだよね(笑)。頼りがないのは元気な印って言っても、HPはそう言うわけにはいかないだろうけどね(苦笑)。
 とりあえず、独逸娘は今週も元気!燃費は予想通り6km/lを前後しそうかな?でも、エアコンが入ってないんだった!夏はいったいどうなるんだろ?ちょっと心配・・・
1999年11月28日 20時07分20秒

C200帰ってきました
 会社のC200が帰ってきました。3年間で13万キロ超えてるから、多分名古屋で一番走ってるんじゃないかな?おかげで車検代の方はいくらになるのかちょっと恐いです!ま、会社だからいいんだけれど、個人だと払えなくなっちゃうかもなぁ・・・そんな金額になりそう!詳しい明細が来てないから何とも言えないけど、30万円はくだらないかも・・・
 自分も280Eの車検が13年の1月にあるんだけど今から貯金しないといけないかもね(笑)
 ただ最近は個人輸入がネットを通じて出来るようになったから、交換部品はまとめて輸入するのが一つの方法なんだって。そうすれば後は工賃だけなんだけど、それもヤナセやシュテルンに出さなければ、結構安くなるとは聞いてるけどね(笑) 1999年11月26日 16時33分17秒

C200の代わりに・・・
 3年前から、会社に何故か、独逸娘の C200なる者が生息していまして。結構紺白も、富山までぶっ飛ばすときとか、オフィシャルな仕事のお使い(?)等におつきあいしてもらっているのですが、今回3年目の初の里帰りを迎え、その間のお手伝いとしてメルセデス家の末娘の A160がやって参りました(笑)小さな独逸娘ですが、紺白家の280Eとは16歳の年齢差とはいえ、全く異次元の女の子って感じです!ま、今の女子高生とこのHPに来てくれてる奥様方とは異次元の女性という感じがしていますが、まさしくそれですなぁ・・・
 そこで、今回は緊急インプレッション「A160いっき乗り!」
 まずはスタイルはまさしくミニミニバン。”ベンツの天才卵”って言いたくなるような丸い外観。高い目線。硬い乗り心地。だって195/50-15なんて一昔前のボーイズレーサーのタイヤつけてるんだもん!例のエルクテスト(高速走行中にいきなり鹿が飛び出してきてそれをよける)で転倒したって言う汚名返上のために1年間発売を中止して、脚回りを改良したのもうなずけるけど、ちょっと違うような気がするよね。勿論どっかのチューニングカーみたいにドカンと来るような硬さではないけど、ダンパーが効きすぎて、身体がシートの上で揺れるタイミングと車の揺れのタイミングが合わない感じなんだよね。そのおかげか、コーナリングは、まさにOn The Railで、狙ったライン通りに走っていきます(笑)。しかし、市販バケットシート並に硬いシートも驚いちゃう。しっかりしたウレタンが詰まってるのはわかるんだけど、メルセデスにしては小さいシートも手伝って、座ると言うより掛けてる感じがつきまとうんだよ。ただ、エンジンはお里がしっかりしてるのは間違いなく、あまり存在を感じさせない控え目さが出てる。ただ、スタート時に一瞬発進をためらうような感じがするのは、まだ800キロの新車だから?今のメルセデスは1速スタートのはずなのになぜか2速から出て、キックダウンするみたいな感じです。その後の加速はスムーズで1500回転を超えずにシフトアップして流れをリードするのは姉譲りかも?ただこれは仕方ないことだけど、各スウィッチの質感は安っぽいんだなぁ・・・勿論装備は万全なんだけどね(苦笑)やはり末娘、どこかが違うんだろうね。
1999年11月25日 10時04分25秒

なんとか 直ったよ(笑)
 朝まではどうなることかと思っていたけど修復できましたぁ・・・
 でも結局原因はOSでもハードでもなくて、コンパック独自のオンラインメンテソフトだったようです(苦笑)。でもね、ここでこんな事書いていいのかどうかと思うけど、コンパックのサポート悪くなったよ!電話でのサポート窓口が閉鎖されちゃってるんだ。下手にコンパック買って保守契約していないと大変なことになるかも・・・紺白でもやっと見つけられたんだから(苦笑)でも、マイクロソフトの窓口は親切だったなぁ・・・
1999年11月24日 21時16分39秒

Windows98 崩壊か?
月曜の夜から、どうも調子悪いんだよね。うちの紺白・・・
ある人はvirusじゃないか?なんて脅かすんだけど、
そんなことないとおもうんだけどねぇ・・・
毎日使っていると、PCの動きが少しおかしいだけで
変だな?って思うことあるでしょ?
ま、車でも同じなんだけど、毎日使ってる人しかわからないことって
あるよね?
毎日、オンラインにしてて、それの問題点に気づかないことも多いけど・・・
あなたはネット中毒大丈夫?
1999年11月24日 08時50分41秒

ドレスアップ???その2
 車の外観をいじるのは嫌いと言いながら、実際には独逸娘にも気に入らないところはあるんです(笑) やはり16年の時間の経過は何ともしがたく、2〜3カ所はどうしても替えていかないといけないところがあるようです。とりあえずの予定は・・・
 1.ドライバーズシート(前席シート)
 当時はこれで良かったんでしょうが、独逸娘のシートはまるで1人掛けのソファなんです。  後席はふかふかで 広くていいんだけどね。(笑)前席も座り心地は悪くないのですが、コーナーで外側に身体が傾いてしまうんです。ポロのレカロシートになれてしまっている紺白としては脇を押さえられていないと ついつい背筋で上半身を支えてしまっているらしく、わずかな距離を走っても腰に来てしまうんです。 そこで以前から購入してあったレカロシートを取り付けることにしました。ベースフレームとシートレールだけは購入せねばならず、一脚3万円ほどの出費になりますが、まさしく背に腹は代えられません。
 2.ステアリングホイール(ハンドル)
 独逸娘のハンドルは直径 40センチもあるのです。もともとパワーステアリングが壊れてもなんとか車を端に止められるようにとのことですが、実際そんなときに動かせるほど軽い車ではありません(笑) 当時はまだエアバッグが装着されていませんのでどんな銘柄でも装着可能なのですが、内装がウッドなので同じくゼブラノ(縞模様)のウッドを探してるのですが、なかなか見つかりません。マホガニーかとも思ったのですが、ウッドは汗で滑ってしまいそうで・・・ 結局革製の黒になってしまうのかもしれません(苦笑)37〜38センチのナルディかモモでいいものが見つからないかなぁ?
注:紺白家の独逸娘の映像を取り込みました(笑)
1999年11月22日 22時34分08秒

ドレスアップ???
 基本的に車の外観を変えることが嫌いな紺白です。メーカーのデザイナーが何ヶ月もかけてデザインした外観を個人がどうあがいたって、それを上回る改良が出来るとは思えなくて・・・ただし、日本のメーカーがそこまでのデザインが出来ているかというと甚だ疑問ではあるけれど・・・(苦笑)その証拠に、最近メーカーがドレスアップショップのパーツを最初からつけて売ってる特別仕様車が多いでしょ?
 最近の傾向として大径ホイールにローダウン、まるでデザインスケッチそのままのスタイルで街を走っている車のなんと多いことか・・・あれには大いに疑問を感じるなぁ。日本車がそこまでの剛性を持っているのでしょうか?
 タイヤの外周を変えずに17〜18インチのホイールを履くためには超扁平タイヤを履かざるをえず、大径ホイールによるバネ下重量の増加は、タイア内部の空気量の減少も手伝って衝撃はすべてサスペンションに伝わります。乗り心地が良くなるわけないんだよね。タイヤ自体のダンピング(衝撃吸収性能)が落ちるわけだから初期応答性の良いショックアブソーバが必要になるんだね。(これについては別の機会に)
 また、たとえサスペンションを強化していたとしても、それを受けるボディ取り付け点への応力はメーカーの設計値を大きく上回ると予想されます。つまり走っている間中、車をねじらせ、痛ませているのですねぇ。いくらGOAボディなどと言って剛性アップをうたってもあれは前後方向の衝突安全性を重視してあるだけで、長い間のボディ劣化には効果がありません。ま、3年で乗り換えるのならいいのだけれど・・・念のため(笑)
1999年11月22日 00時09分45秒

土日の高速
 今日も仕事で140kmほど高速を利用しました。こちらは別に先を急ぐ気もなかったので、右車線を流れに合わせて走っていると、どうもいつもと様子が違うんだ。そんなに混んでいるわけじゃないんだよ。でも前の10台くらいは狭い車間距離を置きながら、90km/hくらいで坦々と走っている。先頭の車の前はかなり車間が開いてるんだ。そのまま2〜3分も走り続けていると、前のうち何台かはイライラして左から追い越しをかけ始める。(笑) 先頭のカローラはそれでも右側を走り続けてる。(苦笑)結局、サンデードライバーなんだろうね。90km/hが安全速度かどうか別にして、後ろに何台連なろうが気にしてないんだね。紺白の車がそのカローラに追いつくころにはさすがに左車線に移動していたけど、家族4人で楽しそうに話しながら、バックミラーを伺う気配もなし!さすがに何台にも左車線から抜かれて自分の立場が分かったのかと思うけど・・・
 高速のマナーは平日の方がいいみたいだね。大型トラックは追い越しが終わればすぐに左へ戻るからなぁ。そういえば、平日速い車はカルディナバンだね。以前はカローラバンだったけど最近は変わってきたみたい。会社の車だからって、全開で走ってる(笑)ただ、そんな営業車は良くバックミラーを見ているようで、自分より明らかに速い車が来るとすぐに道をあけてくれる。でもそのあとすぐ真後ろに車をつけてくる。いいのかぁ?営業車のタイヤとブレーキはそれほど進化してないぞ!
 しかし今日は驚いた!紺白の職場から東名名古屋インターまでは東名阪(ひがしめいはん)自動車道を利用するんだけど、行きも帰りも事故で渋滞してるんだ(苦笑)挙げ句の果てには反対車線も事故渋滞。それほど車が多いせいなのか?それとも不慣れなドライバーが多いからなのか?土日に高速使うのってなんだか怖くなりそう・・・
1999年11月21日 01時44分03秒

紺白の女性(?)遍歴
 最近の車達を見ていて思うんですが、どの車を見ても同じような顔だなって。数年前からのRVブームで右を見ても左を見てもワンボックスかミニバンそれとシティ4駆。紺白のようなセダン好きにはお寒い状況が続いています(苦笑)
 紺白の車歴は KP61スターレット1300S(白)に乗ってジムカーナを始めた時からでした(笑) その後TE71カローラ1600GT(白) PFジェミニ1800ZZ-T(赤) P10プリメーラ2.0TE(紺)とスポーツセダン系ばかり乗り継いできたんですね。
 さすがに家族が増えてワゴン系が必要になったときも目線の高いミニバンは遠慮してセプターワゴン2.2Gなんかに乗っていましたが、今でも本気で好きになれないかも?結局はプリメーラで欧州車に目覚めてしまったんでしょうね。衝動買いでポロを手に入れたのも、本物の欧州車に憧れがあったからではないでしょうか?馬力だけじゃない何かがあるのでしょうね・・・
 そういいながら速い日本車も決して嫌いではないんですが・・・ただ新車が買えないだけのことで(大苦笑)
 そのかわりというか、バイクは安くて速いよね(笑)DT125に始まり、CB750K2までは黄金時代だったかな。その後とある事情でバイクに乗れなくなり(謎)結婚後バイクに乗り直したのも速い車が欲しかったのかも?
 SRX4なんて実際には遅いバイク買ってしまったものだから改造に40万以上かかってしまいましたが、そのかいあって峠では当時のF3レーサーレプリカ(TZR250やFZR400)に引けを取らない車に仕上がりました。(笑)その後は去年までR1-Zなどといいう件のTZRのエンジン積んだバイクにまたがっていたんですねぇ。そのころは本当にいろんな所まで走りました。最長は一日で名古屋〜中津川〜飯田〜諏訪〜霧ヶ峰〜蓼科〜清里〜軽井沢〜万座〜長野〜飯綱〜戸隠〜野尻湖〜新潟県(しかも一般道、いったい何キロ走ったんだろ?)などというバカなツーリングもやりましたねぇ・・・今思えば若かったな
 注:写真は同型車で、紺白所有の車両とは違いますので為念
99年11月18日 20時13分33秒

次の彼女は?
 こんなタイトル書くと誤解されるかもしれないけど、愛着のある車って擬人化してしまうことありません? というわけで、今度の彼女の話です(笑)
さて、今度もバツイチの独逸娘と知り合ってしまいました(笑)83年生まれの16歳。名前を MercedesBenz 280E(76000km走行)と言います。ずっとお医者さんと生活していたらしいのですが、わりと見た目は大柄です。昨日一気に300kmほどおつきあいしたのですが、さすが独逸娘(笑)こちらになんの不安も与えず、淡々と小旅行のおつきあいをしてくれました。
最初は大柄ゆえもっさりとした印象でしたが、ちょっと重いアクセルペダルを踏み込めば、6気筒のテノールを響かせながら一気に日本娘達を置き去りにします。高速でも年増を感じさせない力強さで、ぐいぐい加速していきます。メーター読みで●00km/hを超えたあたりで若干息継ぎするのですが、さすがにその速度では前が詰まってしまいました(泣)300kmを共にした印象は操縦に神経を使わせる方じゃなく、確実に仕事してくれる働き者ですね(笑)ヤナセのサービスマン曰くW123としては最高の健康状態、肌の色艶らしく、これからのおつきあいが楽しみになりそうです。これからは少しお化粧もしてあげないとね(笑)
因みに発売当時の車両本体価格は810万円って信じられます?
99年11月18日 09時46分24秒

今日 お別れしました!
 これは趣味といえるのかどうか?結構乗り物も好きなんです(笑)
高校時代のバイクに始まり、今まで何台乗り継いできたでしょう?
そして、今日また車歴を増やしてしまいました。ま、その車の事はまたの機会においとくとして。お別れした車の話を少々(笑)
90年式VolksWagen Polo 1300CL Coupeと言いまして、当時ヤナセが扱った最も安い車でした(笑)馬力も75PSと非力なのですが、なにせ車重が750kgしかなく(コンパ10人分より軽い?)高速でも150km/h巡航が可能で、しかもその速度でも10km/lを割ることはなく、120km/hを守れば15km/lを超えることもしばしばでした。
国内最終型の特別仕様車だったため、パワーウィンドウ、フルスポイラー、ゴルフGTIと同じ4灯ヘットランプ、同じくレカロ製バケットシートが特別装備されていました。
問題はパワーステアリングなんて物はなく、エアコンの代わりにクーラーが後付けされていました。だから雨の日は曇りを取る前に寒くなってしまうのが難点でした。日本車でもエアコン・パワステ・パワーウィンドウが標準装備されたのって90年以降じゃなかったかな?これ以上何が必要?って車だったかもしれません。(笑)
平成6年12月に諸経費込みで45万円で購入、今回次の車の諸経費として23万円で引き取られていきました。外車って言うとお金がかかるのでは?と思われるかもしれませんが、5年間に3回の車検を受けたのが各12万円くらい。40000km時にウォーターポンプの交換に4万円、昨年冬にヒーターのブロアモーター交換2万5千円、ショックアブソーバをKONIのスペシャルDに交換したのが8万円(これは純正品でも同じくらいかかるかな?)でした。日本車でも5年を過ぎれば保証はなくなるわけで、結局は同じなのではないのでしょうか? 99年11月16日 22時01分08秒

日記の更新くらいはしないとね
ええ、さぼりっぱなしの毎日ですが、
そろそろネット以外の趣味の話しも始めようかなと思っている今日この頃です。
今年の1月4日にエキチャを始める前から、ネット自体はやっていたので、コレも趣味といえば趣味なのかもしれません。ではその前は何が趣味だったのかというと、う〜ん。その前1年くらいは家の新築で、その勉強をかねた家造りだったのかもしれないなぁ・・・
 その他には音楽関連なんだけど、楽器かな?
特にギター、それも現存しているのはアコースティックギター(いわゆるアコギね)興味のない人にはわからないだろうけど、エレキじゃない奴。もう26年以上さわり続けてるのかもしれない・・・で、今残ってるのはヤイリって岐阜のメーカーと、コネチカットのオベイションって2本ですな。これからしばらくそのギターについて語っちゃおうかな? 99年11月15日 01時43分07秒

第2弾CD 制作開始しました!
ご好評のうちに、コンパプロデュースオリジナルCDは完成いたしました(笑)
評判もそこそこのようですね!それに気をよくして第2弾の制作を始めました。
第2弾のコンセプトは・・・そうだなぁ、冷えた夜に暖かい部屋で聞きたいロマンティックな曲かぁ?
それとも、ジャージーでブルージーでタイトなリズムのR&Bかなぁ?
ああカタカナばっかりだ!(大爆笑)
99年10月14日 14時42分23秒

解説です!
コンパ プロデュース オリジナルCD第1弾 解説 第2版
01 I Don't Want To Miss A Thing-AeroSmith(1998)
ご存じ映画「アルマゲドン」のサントラ盤1曲目を飾るロック界大御所のバラード。彼らも映画製作段階から参加し、この曲を書いたとか。プロモーションビデオでは、スティーブン・タイラーと娘のリブ・タイラーとのオーバーラップシーンもあって、結構楽しめます。思わず「ああ!唇そっくり!」と叫んだのは紺白だけではないはず。演奏シーンの撮影では陸軍の巨大格納庫を借りて行われました。大きな布のスクリーンに映画が映され、そのスクリーンが落ちるとそのバックにはあのシャトルが見えますが、あれは合成のようです。念のため。

02 Never Say Good Bye-Bon Jovi(1986)
ジョン・ボンジョビとリッチー・サンボラの共作。基本的には循環コードで構成されていて、サンボラのギターも単純に聞こえますが聞き込むと結構重厚なバラードに仕上がっています。彼らもこんなバラードが歌えることはこの曲を聴いて初めて知りました。アコースティックギターも入っていますがあれはジョンが弾いているのでしょうか?サヨナラなんて言わないでと 彼は誰に向かって言っているのでしょう?
追記)情報筋によりますと、どうやら高校の同級生だった奥さんではないかとのことです!(笑)

03 Take Me(To Love You More)-Celine Dion(1995)
鈴木保奈美、岸谷五郎、主演のCXドラマ「恋人よ」の主題歌として有名でしたが、最近ではセリーヌ自ら出演するAEONのCMで流れてます。 作曲はデビッド・フォスター。クライズラー&カンパニー時代の葉加瀬太郎のバイオリンもフューチャーされています。葉加瀬(高田真由子の旦那)はこの曲のおかげでセリーヌのワールドツアーに参加しました。あちらでの題名は「Take Me」

04 Eye In The Sky-Alan Parson's Project(1982)
昨年キリンビールのCMでも流れていたから知ってる人も多いはず。アルバム1枚が1つの物語を構成するという凝り性のアラン・パーソンは、実はイントロの前にも短い曲をつけていました。シリウスと言う曲ですが、今でも NBAシカゴ・ブルズのテーマソングとして選手登場のバックに使われています。選手登場というと「イノキ・ボンバイエ」を思い出してしまうのは、紺白だけ?

05 Babe-Styx(1987)
テクノポップを歌う彼らには珍しいバラード作品「ベイブ」。エレキピアノのイントロから印象的な曲です。ベイブといっても別に映画のベイブとは全く関係はありません!そういえばあの映画の飼い主のオジサンはLAコンフィデンシャルでは悪徳警官を演じていましたねえ・・・名前は何だっけ?ああいう 渋い役者がいてこそ、映画は生きてきます!

06 I Need You-Morris White(1985)
Earth,Wind&Fireのリードボーカリスト。モーリス・ホワイトのソロデビューアルバムからのヒット曲。当時のプロモーションビデオでは何人かのきれいな女性がたたずむ姿を映していました。白い部屋に流れ込む風にたなびく白いカーテンが印象的でした。EW&Fとは、ひと味違う曲になっています。あえていえばAfter The Love Is Goneから繋がっているのでしょうか?

07 Right Here Waiting-Richard Marx(1991)
この曲はリチャード・マークスが奥さんに結婚前に捧げた曲なんだって!いわばプロポーズの曲だったらしい。でも曲の中にただの一言もLoveのも字は出てこないからすごいね。彼の奥さんは女優で「ダーティダンシング」に主演したシンシア・ローズ。

08 Change The World-Eric Clapton(1996)
映画「フェノミナン」のサントラ。ジョン・トラボルタが事故の後遺症で超能力を持つ話でした。結局最後は脳腫瘍のせいとかたづけられてしまうんだけど、その落ちもスティーブン・キング原作クリストファー・ウォーケン主演 「デッドゾーン」にそっくりです。ただし、紺白はどちらも好きな映画なのです。今回数あるクラプトンの曲の中でコレを選んだのは、コーラスのベイビーフェイスですサビの部分の高音パートが彼の声です。クラプトンがソウル界のメンバーと組むのは初めてじゃないかと思って選びました。それにこの曲はクラプトンの愛息が亡くなった後の復帰第1作なんだよね。彼がまたドラッグにはまってしまうのではと心配したのは紺白だけではないはず。勿論その後の彼の活動からも無事立ち直ったようです(笑)

09 You're The Inspiration-Peter Cetera(1997)オリジナルは(1987)
もともとシカゴ17からのヒット曲をセルフカバーした曲。アンプラグドな仕上がりになっています。一時期のシカゴの顔として活躍していた時期より心なしか肩の力の抜けたボーカルがさえています。当時のシカゴらしくピーターとデビッド・フォスターとの共作でした。これもクラプトン同様バックにいい声が入っていますが、詳しくは調査中なのでしばらくおまちください

10 I'm Not In Love-10cc(1975)
実は95年にも再結成と同時に新録音が2バージョン出ています。リミックスで音の厚みを増した物と、アコースティックバージョンですが、あえてオリジナルを選びました。オリジナルの方がいい味を出しています。70年代から実験的な音を模索していましたが、当時この曲そのままのライブには感動しました!ギズモというギター用の演奏装置とか特許を取って使っていたはず。この曲のも使われていますがわかります?

11 Nothing Gonna Change My Love For You-George Benson(1987)
オリジナルは、ハワイカウアイ島出身のグレン・メディロス。ジョージベンソンの方が有名になってしまいました。なんとかオリジナルもCD化したいと思っていますので、紺白のハワイでのエージェントに頼んで探してもらわなきゃ!そのエージェントによるとグレンは既に音楽活動を休止して、先生をしているとか。

12 You Are Everyting-Diana Ross & Marvin Gaye(1973)
モータウンレコードを代表する2人のデュエットアルバムの一曲目。今では伝説となってしまいましたが、まさしくソウルデュオの定番です。そのマービンがまさか実の父親にピストルで撃たれてしまうとは・・・ダイアナはそのマービンに追悼の曲を送っています。それはまた別の機会にCDでお届けする予定!別れたはずの二人が心の中では まだ相手を忘れられない・・・ 「あなたがすべて すべてはあなた・・・」う〜ん 泣けるぜ!

13 We Are All Alone-Boz Scaggs(1978)
AORの伊達男とでももうしましょうか?南部の雰囲気を残しながら都会的な曲作りをしていたボズの代表的バラード。リタ・クーリッジもカバーしていましたが、やはり彼にはかないません。当時デビュー前のTOTOのメンバーがバッキングを勤めていたのはあまりにも有名ですが知ってました?ただ、ボズの曲でTOTOオリジナルメンバー全員が参加した曲は、以外にも少ないんだよね。

14 Jelous Guy-Roxy Music(unknown)
オリジナルはジョン・レノン?それ以上の雰囲気を醸し出してるのがこの曲。ブライアン・フェリーのボーカルは甘く切なく・・・ ボズとためを張れるのは彼だけでは?そういえば キムタク主演のCXドラマ「ギフト」の主題歌「Tokyo Joe」を歌ってましたが最終回の一つ前に本人が出てたんですね!その頃HeyHeyHeyにも出演してたなぁ。興味のある方はビデオショップへ走れ!

15 If-Bread(1972?)
70年代初頭にデビュー。早すぎたAORバンドとして語りぐさになってるけど、今聞いてもいいです!またもやCXドラマ「この愛に生きて」にも使われていたはずですが主演は不明!アコースティックギターとエレキギターそれにストリングスが絶妙のアレンジを決めています!・・・脱帽です。

いわゆるベタベタのラブソングは極力避けました!あえてあげればYou Are Everythingかな?もっと 強力な ラインナップも控えていますので 第2弾に以降に期待しましょう!
第2弾もまもなく登場予定

第1弾CDは10月12日リリースしました! ご希望の方は、住所氏名を明記の上、ICQ30382887か k_compaq@hotmail.comまで
99年10月13日 14時13分50秒

オリジナルCD
コンパ プロデュース オリジナルCD第1弾 掲載曲一覧

I Don't Want To Miss A Thing-Aero Smith
Never Say Good Bye-Bon Jovi
To Love You More-Celine Dion
All By Myself-Eric Carmen
Babe-Styx
I Need You-Morris White
Right Here Waiting-Richard Marx
Change The World-Eric Clapton
You're The Inspiration-Peter Cetera
I'm Not In Love-10cc
Nothing Gonna Change My Love For You-George Benson
Truly-Lionel Richie
You Are Everyting-Diana Ross & Marvin Gaye
We Are All Alone-Boz Scaggs
Without You-Nilson
My Love-Paul McCartony & Wings
Still-Lionel Richie
99年10月09日 02時39分55秒

10月の更新予定!
 今までHP開設以来、midiとreal audio,real video等を中心に紹介してきました。それぞれに魅力のあるファイル形式だとは思いますが、midiでは再生ソフトによって、音質どころか楽器の種類が違って聞こえますし、通信カラオケに使われているように、音楽は送れても、歌声は届きません。real系は再生ソフトがフリーなので(ネスケには標準でついている場合も多い)持っている人も多いみたいで、わりと簡単に聞けるんだけど、音質がいまいちだし、特にビデオクリップともなるといくらストリーミング(ファイル全体のダウンロードを待たず、次々にダウンロードした分から再生してゆく形式)といえども、人気のあるクリップを見るのは重くて我慢できません。
まだ1度しか紹介したことがないんだけどmp3という形式は、人間の耳に届かない低音域と高音域をつぶすことで圧縮率をあげ一曲4Mb程度で提供できます。しかし、4Mbのデータをダウンロードしようとすると、ISDNでも10数分かかってしまい、とても待てる物ではありません。勿論今持ってるCDを(あるいはレンタルCDを)自分で圧縮する事もか簡単に出来るわけで、MDならともかくカセットに比べれば格段によい音がPC上で展開できるのです。最近はそうして作ったMP3データをウォークマンタイプのヘッドフォンステレオに転送して持ち歩ける商品も各種発売されていて、PC専門誌などでも紹介されていると思います。
今後はこういったソフトやダウンロードサイトの紹介も積極的にやっていきたいと考えています。その中ではストリーミングラジオというかインターネットで聞く有線放送なんてのも紹介していこうと考えています。実は最近更新をさぼって何してたかというと、そんなラジオ局を聞きまくっていたわけで、それを知ってしまうと、「今まで店主がやってきたHPはなんだったんだ!」なんて思ってしまうくらいなんだな(苦笑)音楽好きには(特に洋楽好き)たまらないモノだと思うよ(笑) ジャンルも100以上あって最初はどこがどんな曲をかけているのかわからないくらいだけど、日本のレコード売場とは比べ物にならないほどのジャンルで細分化されていることに気付くはず。そんなわけで今月のコンパページはネットで聞く音楽特集てな感じになる予定です。乞御期待!!!
99年10月02日 09時25分10秒