岩倉ミッション

 不平等条約の改正とともに、西洋文明の視察を目的とした、岩倉具視を正使として、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文を副使とする約五十名の使節団。その中の任務には、海外に滞在している留学生の淘汰も含まれていた。

表紙に戻る