チャールズ・W・ブルックス

 ボストン生まれ。サンフランシスコの貿易商。ニューヨークの貿易商だった初代駐日公使ハリスと昵懇だったことから、咸臨丸訪米の際などに尽力した。1867(慶応3)年、徳川幕府より領事を命じられ、明治3年には明治政府も領事に任命。
 咸臨丸乗組員の埋葬に活躍。福沢諭吉とも懇意で、英書を送ったりしている。

表紙に戻る