エドワード・スネル

 横浜を根拠としていた幕末の冒険的商人。ドイツ人、オランダ人、あるいはトルコ系ともいわれる。
 戊辰戦争の際幕府側に加担し、会津藩、庄内藩に武器を供給。「松平武兵衛」の日本名も持っていた。
 戊辰戦争で賊軍となった会津藩から男女をあつめ、「若松コロニー」をカリフォルニア州コロマに建設。計画は失敗した。

表紙に戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!