[理不尽日記]・[製作物倉庫]・[テキスト置き場]・[画像置き場]・[BBS]・[更新履歴]・[リンク]・[メール]・[TOP]

MX41さんと、匿名希☆望さんと、卓上先行者製作者にささげる

卓上DX中華合体



DX中華合体 大先行者 ペーパークラフト製作講習会

しぇんしぇんぶい。
中華中毒高専生、E-0018です。

ここではMX41さんが製作・公開している「卓上先行者 精密上級版」を改良し、「卓上DX中華合体 大先行者」を製作する方法を紹介したいと思っています。

ちなみに「DX中華合体 大先行者」とは、匿名希☆望さんによって描かれた5体合体の先行者。

「卓上DX中華合体 大先行者」の製作の難易度はかなり高い、と言うよりやたらと時間がかかります
なんせ、5体分の卓上先行者+αを作らないといけないし・・・。


製作に取り掛かる前に、必要な道具・材料の確認です。

ハサミカッター定規、等 卓上先行者の製作に必要な道具。

テープ(補強に使います。)

卓上先行者 精密上級版 ×7体分ぐらい(5体分だけでなく、多めに準備しておきましょう)

あとは、
「卓上先行者10体ぐらい作ってやる!」という根性




それでは製作に取りかかります。
ただし、卓上先行者の作り方はすでにマスターしていることを前提とします。


まずは、足。
の足。(w

足の足には、左脚を使います。
左足を4つ、下図の赤線に沿って切り離してください。
左脚を切り離す
青線はヤマ折り緑線はタニ折りです。

バラバラになったら、それぞれを四角い筒状にノリ付けしてください。


ノリが乾いたら、バラバラの脚を裏からテープでつなぎます。丸印のところです。
バラバラの脚を裏からテープでつなぐ
これを両足分、4つを作ってください。両足を同時に作っていくほうが、後でバランスが良くなります。

4つの「脚の脚」をひざをついた状態に固定します。それぞれ4つが同じ角度になるようにしてください。
足をまげた状態で固定するときには、重なる部分を糊代にしてうまく固定してください。
あし の あし

「脚の脚」に腰部を取り付け、肩の出っ張りを切り取った胴体を取り付けます。
写真では、肩の出っ張りは切り取ってませんが、切り取ってください。
作例では腰部には標準の物を使っていますが、オプションのキャノンやガトリングを使うのもアリでしょう。
膝まで完成


次に中央部になる先行者の脚を作ります。今度は右足を使います。
今度も、赤線を切り離し青線はヤマ折り緑線はタニ折りしてください。
中央部先行者脚部

下の写真のような形に組み立てます。さっき組み立てた「脚の脚」より簡単です。
中央の先行者の足


脚部関節突起を取り付けたら、曲げている膝の内側部分にも短い方の関節突起を取り付けます。

次に、バンザイするような形で、脚先行者に腕をくっつけます。ただし、肘まで。肘より先の手は後でくっつけます。
更に、肘で膝関節の突起部分をはさむようにして固定します。

このとき、腕と耳の間に小さくきった紙片をはさんで、うまく固定できるように調節してください。
耳だけ多めに印刷して、紙片の代わりに使用すると見栄えも良くなっていいかもしれません。
太腿部分

この後、手をくっつけてください。下向きに。



両足が完成したら、中央先行者の腰を作って胴体とつなげます。

まず、 下図のように、脚部接続用の部品を右脚から切り出します。
脚部接続用

四角い筒状に、組み立てたら次の図のように脚部と組み合わせてください。
腰部詳細
黒線が脚部赤線が脚部接続用の部品青線が腰部パーツです。

脚部と腰部パーツに接着するときは、まず後面を接着し、中央先行者の胴体を接着し、胴体が垂直になるように調節しながら前面部を接着します。

腰部完成

これで、脚部〜胴体が完成です。
キリがいいので、ここで休憩を入れてもいいでしょう。
ちなみに俺は、この段階まで作るのに2日かかりました。




残りは、腕だけです。

まず、普通に腕を組みたてます。
組み立てた腕は、腕先行者にくっつけます。あと、手もくっつけてください。
腕先行者
コレを2体、両腕分作ります。


腕の付け根部分に、踝のパーツをつけます。
腕と胴体の取り付け角度を考え、貼り付ける角度を調節してください。
またこのとき、腕の幅と、踝パーツの幅が違うので、小さく切った紙片を重ね貼りして調節してください。
腕・改


次、腕先行者の脚部を作ります。これは完成すると、肩〜腕になります。
肩〜腕
右足を上図のように切り出し、下写真のように組み立てます。
あらぬ方向に曲がって...
脚があらぬ方向に曲がってるようですが、大丈夫です。多分。

上の写真の赤丸がついている部分が肩になります。

脚で腕をはさんで、腰、胴体をつけます。
このときも、腕と脚の間に小さく切った紙片を数枚ほど重ね張りした物を使って間隔を調節してください。

出来上がった腕先行者は、こんな感じ。
腕先行者

赤丸がついている部分が肩です。


両腕が完成したら、中央先行者の胴体と、腕先行者が脚ではさんでいる腕の肩部分をノリ付けします。
強度に不安があるなら、うまく隠れる様にテープで補強してみてください。


完成!「卓上DX中華合体 大先行者」
卓上DX中華合体 大先行者 正面


卓上DX中華合体 大先行者 横 卓上DX中華合体 大先行者 後



比較用に、通常の卓上先行者と並べてみました。
比較


強いのか、強くないのかよく判りませんね。
うにゅうが写ってるのは気にしないでください。




これで、全工程の終了です。


ちゃんと作れましたか?

何時間かかりましたか?

俺は、3日かかった。


更に調子に乗って、こんな壁紙まで作っちったしなぁ。




うまくオチをつけれませんでしたが、これで「DX中華合体 大先行者 ペーパークラフト製作講習会」を終了します。




※写真は試作段階でのもので、組み立ての説明と多少違っている箇所がありますが、気にしないでください




戻る

TOPに戻る