全国高等学校文化連盟


全国高等学校文化連盟  全国高等学校文化連盟HP

全国高等学校文化連盟は社団法人として、高校生の文化活動を広く支援することにより、高校生の健全な育成に資することを目的としています。昭和61年2月に任意団体として設立され、平成13年4月に社団法人になりました。高校生の文化活動の向上充実のために、全国高等学校総合文化祭を始め、芸術文化活動に関する行事や研修会・講習会を開催したり、必要に応じて調査・研究を行っています。

<主催事業>
  全国高等学校総合文化祭
  全国高総文祭優秀校東京公演
  全国高等学校文芸コンクール
  高校生文芸道場
  将棋新人大会
  小倉百人一首かるた選手権


<歴史>
 昭和55年8月
  全国高等学校文化連盟の結成を図るため、全国都道府県高等学校文化連盟連絡協議会が
  第4回全国高等学校総合文化祭(石川県)開催中に開かれた。

 昭和60年8月
  第9回全国高等学校総合文化祭開催中に行われた第6回全国都道府県高等学校文化連盟
  等連絡協議会において、高文連結成都道府県が過半数を超えたので、設立のための準備事
  務局を岩手県に置いて取り進めることとした。

 昭和60年10月
  全国高等学校文化連盟設立準備委員会を発足させ、第1回設立準備委員会(於国立教育会
  館)が開かれた。

 昭和60年12月
  第2回設立準備委員会(於国立教育会館)が開催され、規約の審議を行い11専門部(演劇 
  合唱 吹奏楽・管弦楽 邦楽 吟詠剣詩舞 郷土芸能 マーチングバンド・バトントワリング 
  美術工芸 書道 写真 放送)及び9ブロックの設置を決めた。

 昭和61年2月
  全国高等学校文化連盟設立総会(於東京青山会館)が開催され、事務局を岩手県教育委員
  会事務局文化課内に置き、事務局設置県である岩手県高文連会長が初代全国高文連会長に。

 昭和61年12月
  第1回全国高等学校文芸コンクールを実施。
 昭和62年5月
  吹奏楽・管弦楽を吹奏楽専門部と器楽・管弦楽専門部に分離し12専門部とした。また、全国高
  文連マークを制定した。

 昭和63年2月
  「全国高文連の歌」を制定した。

 昭和63年5月
  囲碁専門部、将棋専門部を新設し、14専門部とした。邦楽専門部を日本音楽専門部と改称した。

 平成元年8月
  第13回全国高等学校総合文化祭(岡山県)の中で国際文化交流事業が実施。

 平成元年12月
  第1回全国高文連教職員国際文化研修が東南アジア3ヶ国(タイ、マレーシア、シンガポール)を
  訪問するという形で実施された。同時に文化庁主催のアジア青少年等国際文化交流事業(アマ
  チュア文化活動指導者派遣)が実施された。

 平成2年1月
  第1回全国高文連研究大会実施

 平成2年2月
  47都道府県高等学校文化連盟の全加盟が達成された。

 平成3年5月
  弁論専門部、小倉百人一首かるた専門部を新設し、16専門部とした。

 平成4年1月
  九州地区高等学校文化連盟が結成された。
  平成4年10月に中国地区高等学校文化連盟が結成
   平成5年4月に東北地区高等学校文化連盟が結成
   平成5年5月に北信越地区高等学校文化連盟が結成
   平成6年5月に北海道地区高等学校文化連盟が結成
   平成7年7月に関東地区高等学校文化連盟が結成
   平成8年11月に四国地区高等学校文化連盟が結成

 平成8年2月
  全国高等学校文化連盟が、10周年となる。

 平成8年5月
  新聞専門部を新設し、17専門部とした。

 平成11年5月
  文芸専門部を新設し、18専門部とした。
 平成13年4月
  社団法人全国高等学校文化連盟の設立が許可された。
 平成24年3月
  公益社団法人全国高等学校文化連盟への移行が認定された。

<シンボルマーク>
由   来:直線は、強い個性を表わす。
       曲線は、CultureとCreationの頭の文字を表わす。
      全体として、人と人との連帯を表わす。
デザイン:馬場 直樹(香川県立善通寺西高等学校)












全国高等学校総合文化祭〜文化部のインターハイ〜

簡単に言うと、運動系で言う「全国高等学校総合体育大会(インターハイ)」の文化部バージョンです。昭和52年に千葉で第1回が行われ、毎年8月上旬、全国47都道府県が会場持ち回りで実施されています。第1回は、演劇、合唱、吹奏楽などわずか6部門で参加者も3,700人でしたが、回を重ねるにつれ規模も拡大し、第8回岐阜大会では初めて1万人の大台を越えました。第13回岡山大会からは海外の高校生も招いて、国際色も加わりました。

今年は「創造の舞台〜美しき越の国〜」をテーマに、平成24年8月8日〜12日に富山市を中心とし、25部門で開催されました。詳しくは、公式ホームページ

      来年度は、長崎県です。 詳しくは、公式ホームページ
        

回数 開催期間 開催地 部門数 参加校数 出演出展者数
第 1 回 昭和52年7月31日〜8月 3日  千 葉 県    8 117  3,764
第 2 回 昭和53年8月 2日〜8月 8日  兵 庫 県  10  487   6,163
第 3 回 昭和54年8月 1日〜8月 7日  大 分 県  10  502   6,851
第 4 回 昭和55年8月 5日〜8月10日  石 川 県  11  597  9,126
第 5 回 昭和56年7月29日〜8月 2日  秋 田 県  12  527  7,347
第 6 回 昭和57年7月29日〜8月 3日  栃 木 県  13  653  8,854
第 7 回 昭和58年8月 2日〜8月 4日  山 口 県  12  654  8,269
第 8 回 昭和59年7月31日〜8月 3日  岐 阜 県  12  909 11,599
第 9 回 昭和60年8月 2日〜8月 7日  岩 手 県  13  756  9,048
第 10 回 昭和61年8月 5日〜8月 8日  大 阪 府  13 1,129 10,709
第 11 回 昭和62年8月 4日〜8月 7日  愛 知 県  15 1,399 11,977
第 12 回 昭和63年8月 3日〜8月 7日  熊 本 県  14 1,081 10,943
第 13 回 平成 元年8月 2日〜8月 7日  岡 山 県  15 1,391 13,122
第 14 回 平成 2年8月 1日〜8月 8日  山 梨 県  18 1,447 14,345
第 15 回 平成 3年8月 1日〜8月 4日  香 川 県  15 1,580 13,882
第 16 回 平成 4年8月 3日〜8月 8日  沖 縄 県  24 1,685 15,334
第 17 回 平成 5年8月 4日〜8月 8日  埼 玉 県  17 2,000 17,711
第 18 回 平成 6年8月 4日〜8月 8日  愛 媛 県  27 2,059 18,918
第 19 回 平成 7年8月 4日〜8月 8日  新 潟 県  20 2,208 15,649
第 20 回 平成 8年8月 6日〜8月10日  北 海 道  22 2,328 15,484
第 21 回 平成 9年8月 7日〜8月11日  奈 良 県  20 2,260 15,401
第 22 回 平成10年8月 7日〜8月11日  鳥 取 県  20 2,145 14,201
第 23 回 平成11年7月30日〜8月 3日  山 形 県  23 2,424 16,118
第 24 回 平成12年8月 5日〜8月 9日  静 岡 県  24 2,657 17,060
第 25 回 平成13年8月 3日〜8月 7日  福 岡 県  22 2,857 17,832
第 26 回 平成14年8月 7日〜8月11日 神 奈 川 県 30 3,465 22,000
第 27 回 平成15年8月 8日〜8月12日  福 井 県 21 2,800 19,000
第 28 回 平成16年7月30日〜8月 3日  徳 島 県 22 2,700 17,000
第 29 回 平成17年7月27日〜7月31日  青 森 県 25 2,600 19,000
第 30 回 平成18年8月 2日〜8月 6日  京 都 府 22 3,200 25,000
第 31 回 平成19年7月29日〜8月 2日  島 根 県 25 2,800 18,900
第 32 回 平成20年8月 6日〜8月10日  群 馬 県 23 3,100 20,000
第 33 回 平成21年7月29日〜8月 2日  三 重 県 26 3,000 19,700
第 34 回 平成22年8月 1日〜8月 5日  宮 崎 県 24 2,900 19,700
第 35 回 平成23年8月 3日〜8月 7日  福 島 県 24 2,500 12,200
第 36 回 平成24年8月 8日〜8月12日 富 山 県 25    
第 37 回 平成25年7月31日〜8月 4日 長 崎 県 26 (予定)  
第 38 回 平成26年7月27日〜7月31日  茨 城 県 25  (予定)  
第 39 回 平成27年(予定)  滋 賀 県      
第 40 回 平成28年(予定)  広 島 県      
第 41 回 平成29年(予定)  宮 城 県