海外出張結果概要報告書

 

教育委員会




 

 調査目的

青少年引率派遣 

 テーマ

農業高校生海外実習派遣事業 

 出張者
 職氏名


 

岐阜県立恵那農業高等学校 教諭
            原   要
岐阜県立大垣農業高等学校 教諭
            守屋 康晴
    農業高校生 11名  

 出張期間
 

 平成14年7月18日(木)
         〜8月9日(金)

    ◎7/19〜8/1 ブラジルでの農業実習

(1)表敬訪問
ア JICA
  イ サンパウロ新聞社、ニッケイ新聞社 
   ウ クリチバ市議会議長、サンジョゼドスピニャイス市長 
(2)農家宿泊実習(ミナスジェライス州ジャナウーバ)
ア ミナスジェライス州 山田勇次農場)
  (3)農場および農業関連施設の見学 
    ア サンパウロのセアザ市場
   イ ミナスジェライス州・サボテン栽培農家
  ウ パラナ州・クリチーバイチゴ栽培農家
(4)ブラジル岐阜県人会員との交流
   ア ブラジル、岐阜県人会の方々との交流
   ◎8/2〜8/9 オランダでの農業実習

(5)切りバラ育成生産会社(アムステルダム近郊)
  (6)循環型施設園芸農場(アムステルダム近郊)
(7)酪農農場(アムステルダム近郊)
◎全体のまとめ

 

主な視察先

出張の成果

成果の活用

     
(1)表敬訪問
 ア JICA
  表題へ戻る


・JICAの活動内容、ブラジルにおける日本人の貢献について学ぶ。
(人的ネットワーク)
・小松雹玄(JICAサンパウロ事務所長)


・「海外青年協力隊」等日本人が活躍する場がまだまだあると理解する。
・ブラジルという国の理解に役立った。
・貴重なデータを今後の学習に生かしたい。

 《JICAにて》


(1)表敬訪問
 イ ニッケイ新聞社、サンパウロ新聞社

  表題へ戻る


・本事業の目的、日程、テーマ、グループ研究についての質疑応答により、本事業の意義を理解し、広くブラジルでも広報していただいた。
(人的ネットワーク)
・(サンパウロ新聞社会部記者)(ニッケイ新聞編集局報道部記者)


・ブラジルと日本の文化的・人的交流ができた。
・両新聞社とも、本事業で岐阜県の高校生の訪伯、その目的など、広く広報していただいた。
 

 《サンパウロ新聞社》


(1)表敬訪問
 ウ Sao Jose Dos Pinhais市長
  表題へ戻る


・Sao Jose Dos Pinhais市は、クリチバ市の隣にあり、農業と工業の発展を両立させ、世界へ目を向けている町です。
・ジョエル農業局長とともに有機野菜栽培農家やイチゴの周年栽培している農家、酪農家等多くの農家に視察をした。
(人的ネットワーク)

・セチン市長(Sao Jose Dos Pinhais市)

・ジョアオ クラウディオ デロッソ市議会議長(クリチバ市)
・グラッシー デロッソ(クリチバ市議長の従兄弟)

(Morretes市長)

・飯田美代子



・クリチーバ市は、街の公園も都市計画の中で企画されており、その際公園内の樹木や草花生産と植樹等は市の環境局が担当している。責任の所在を明らかにしていく計画は、今後の岐阜県にも生かすことができる。
  ・サンジョゼドスピニャイス市は、協力的で今後も交流事業を拡大できるとよい。
 

 《サンジョゼドスピニャイス市長表敬》


(2)農家宿泊実習(ミナスジェライス州ジャナウーバ)
  表題へ戻る


・バナナ園、牧場を併せると10,000haという広大な農地で、バナナ栽培や馬を利用しての牛追い等など、日本では経験できない貴重な体験ができた。
・日本の農業の様子を伝えることもできた。
・現地の農家の方から心温まるおもてなしを受けた。
(人的ネットワーク)
・山田勇次
・山田信子
  ・渋谷紀子


・大成功をされたその課程において、いくつもの課題(土地・水の確保、電気、現地の方の雇用等)を解決された上でのことであることを認識し、今後生きる力を獲得するのに生かしたい。
・今後も農家の方達との交流を続けたい。
・広大な牧場に放牧されている3500頭の牛を移動させるためにの乗馬は大変役に立った。2〜4頭位の馬で、100頭単位の牛を一括移動できた。

 

 《山田勇次農場で》


(3)農場および農業関連施設の見学
 ア ・サンパウロ州農産物市場


  表題へ戻る


・セアザ市場では、多くの果物が取り引きされていた。山田勇次氏もバナナを出荷しているそうだ。

 


・果実は、種類も大変多く日本で見かけないものが見られた。
・日本での新品種の生産などを検討したい。

 

 《セアザ市場》


(3)農場および農業関連施設の見学
 イ ミナスジェライス州
  ・サボテン農家

  表題へ戻る


・ブラジルにあるサボテンや多肉植物を集め、有望な株を増殖し、販売している農家を見学した。
・施設内には所狭しと見たこともないような多くのサボテンや多肉植物が並べられていました。

・新しい経営の感覚を教えられました。
(人的ネットワーク)
・ロザンナ(サボテン農家経営)


・将来は「ただ作るだけの農業」ではなく、品種の改良や消費者のニーズに合わせた生産物を厳選し、その販売方法を工夫して、「農業の個別化」を目指していきたい。



 

 《サボテン農家で》


(3)農場および農業関連施設の見学
 ウ パラナ州
 イチゴ農家
  表題へ戻る


・温暖な気候を利用し、丘一面にイチゴを年間90万本栽培している日系人のジャイメ井上氏の農場を視察した。
・安い人件費を活用し、耕運のトラクター以外の収穫や植え付けなど全て手作業で行うことに驚いた。


(人的ネットワーク)
・ジャイメ井上


・地域の特性に合わせた農業経営を学ぶことができた。自分たちの地域の特色を生かした農業経営を考えさせたい。

 

 《イチゴ農場にて》


(4)県人会員との交流
・歓迎ピクニック
・お別れ夕食会
  表題へ戻る


・県人会の方々と親しく懇談した。入植当時の苦労話や、その後の生活についてお話を聞いた。
・イタペチニンガで行われた歓迎ピクニックには30人以上の県人会の方々が参加し、大変盛大であった。
・ブラジル最後の日曜日7月28日には県人会館で派遣団主催のお別れ夕食会を開催し、県人会の皆様に感謝の意を表すことが出来た。
(人的ネットワーク)
・山田彦次(ブラジル岐阜県人会会長)


・山田彦次会長始め県人会の方々は我々団員を温かく迎えて下さった。今回の研修を無事終えることができたのも県人会の皆様のおかげと心から感謝している。
・お世話になった県人会に対し、帰国後もインターネット等を活用し、交流活動を続けていきたい。
・県人会の方々との楽しい交流の一時を過ごすことが出来たのは、日本人として岐阜県人として大変喜ばしいこととで、人とのコミュニケーションの大切さを今後に生かしたい。 

 《歓迎ピクニック》


(5)切りバラ育種生産会社(アムステルダム近郊)
・インターローズ社農場
表題へ戻る


・バラの育種と生産を手がけておられる会社で、従業員が選花とカットをし、その後はオートメーションで包装までしてしまうので従業員数は大変少なくてもすむことが分かった。
・品種改良された300〜400種のバラを試験栽培し、最も良いバラを選抜していた。

・品種別に区切られており、細かな配慮がなされていた。温度管理等はもちろんコンピュータ制御され、排水処理もしっかりしていた。
(人的ネットワーク)
・村田高広岐阜県駐在委員(オランダ案内)


・施設的には日本でもこの規模程度のものはあると思うが、オランダでは環境対策が重要視され、養液の廃液を再利用する設備が充実しており、岐阜県でも役立てたい。
・新品種の研究・作出の努力を知り、将来の農場での生産に生かしていきたい。
 

 《インターローズ社農場のバラ》


(6)循環型施設園芸農場(アムステルダム近郊)
・温室トマト農場
  表題へ戻る


・一滴たりとも肥料をハウス外に出さないという国の姿勢を農家も理解し、一度使った養液を回収し、再調整して液肥として与えるという環境保全型農場を実際に確認することができた。
(人的ネットワーク)
・(農家)


・日本においても、この循環型農業という考え方が大変必要であるという認識をせねばならない。

・また、農村地帯の景観が素晴らしく、各農家が競うように庭に草花を植え付けていたことは今後の岐阜県の農村作りの参考になると考える。



 《温室トマト生産農場で》


(7)酪農農場(アムステルダム近郊)
・酪農農家
  表題へ戻る


・自然公園設置のため今から25年前に移転してきた。ここも環境保全の見地から排泄される堆肥を広い農場へ還元するという方法で処理していた。
・酪農とジャガイモ栽培など90haの農場を持つ複合経営農家で、機械化ができるところは全てしており省力化が進んでいる。
(人的ネットワーク)
・(酪農家)


・環境保全の基準がクリア出来ないと廃業に追い込まれる酪農家の中で地域に認められた酪農家であった。今後の日本の農業も地域に理解を得て営農する姿勢を見習いたい。
・機械化しているが、機械が故障した場合は業者に依頼しないで、できる限り自分で修理するという精神は見習う点である。 

 《環境保全型酪農家で》


◎全体まとめ



 表題へ戻る


・派遣生自らのあり方・生き方を世界的視野に立って習得できた。
・世界の農業を見て、食糧事情・環境保全等に対し、今後の日本の農業のあり方を習得した。
・循環型農業の重要性と必要性を学べた。
農村の景観作りも大切であることを学んだ。


・県駐在員やブラジル県人会との人的ネットワークが得られたことは、今後のインターネットを利用した農業学習に活用できる。
・今後、「環境にやさしい農業」を益々推進していくために、オランダと県農業高校との連携は、農業後継者にとって大変力強いものとなる。
    

 《フロリアード2002にて》


 

   はじめのページに戻る