ホーム はじめに飯田線vs高速バス今後の展望国鉄中津川線飯田線の統計

title

飯田線の利用状況



〜飯田線の現状〜

豊橋〜辰野間は約200キロの長大路線であるが、
元は豊川鉄道、鳳来寺鉄道、三信鉄道、伊那電鉄の私鉄4社によって建設され
昭和18年に国鉄に買収された路線である。

買収当時から全線電化されており、少しでも乗客を増やすため駅が多く
駅間の平均が約2キロと地方の鉄道にしては非常に短くなっている。

沿線の主要都市には豊橋市、豊川市、新城市、飯田市、駒ヶ根市、伊那市などがあり、
JR東海の調べでは沿線人口は約95万人、その内、約30万人が飯田線を利用している。

しかし沿線には人口が極端に少ない区間が多く、利用客は低迷している上、
地形上災害を受けやすい線区であるなど、経営環境は厳しいものがある。

特に中央高速道の開通後、対東京方面や対名古屋方面への長距離旅客は
高速バスに大半を奪われ、今では近郊輸送と地方交通を担当している。

現在、飯田線を観光路線に脱皮させるべく観光客誘致の切り札として
特急「(ワイドビュー)伊那路」やトロッコ列車を運転し乗客の新規開拓を試みている。

しかし、線区全般の需要動向は依然厳しいものがある。


〜飯田線の利用状況〜

現在の飯田線の乗客の主体は高校生の通学が大半を占め、
あとは年配者の通院、わずかであるが通勤客、少々の一般利用者である。

いくぶん資料が古いため当てにはならないが、
1日の平均利用者は約37600人程度。(昭和63年度)
やはり、ローカル線に多い定期客が約25700人、定期外客が11800人弱である
昭和40年代をピークに利用者は減少傾向にあり、昭和末期にはだいたい半減している


飯田線輸送人員推移 (単位:千人)
普通定期指数
50年度95021678026282100
51年度9009166182562796
52年度8371159002427192
53年度7860152262308688
54年度7462144162187883
55年度7240141812142182
56年度6879135942043779
57年度6687128571953974
58年度6657121951885272
59年度6385116081799368


区間別の利用状況を見てみる。

まずは飯田線南部(豊橋〜本長篠間)

飯田線南部では豊橋市を中心の流動があり、豊川市、新城市から豊橋を経由し
名古屋近郊への流動もある。

特に豊橋〜豊川間の需要は大きく、断面輸送量は飯田線最大を誇る。

豊橋〜豊川間の過去15年間の断面輸送量の推移(下り片道)
年度1987198819891990199119921993199419951996199719981999
人員5600580059006100630063006500630062005800570056005400


一般的にローカル線利用客は通学・通院利用が主体で通勤利用は少ないが、
この区間では通勤利用も多いのが特徴である。

朝夕に3往復、大垣・名古屋からの直通特別快速列車が乗り入れている事から
通勤利用の需要は高まっている。

上記のデータによると93年をピークに減少傾向が続いているが、
景気低迷が最大の要因と考えられ、景気の動向によっては再び増加傾向に
なるものと考えられ、全体的に利用低迷にある飯田線の中になって
明るい将来展望が期待できる経営環境である。



次に飯田線中部(本長篠〜天竜峡間)

飯田線の中では最も沿線人口が少なく、一番の閑散区間となっている。

流動面で見ると、東栄、水窪、中部天竜、平岡、天竜峡を中心に一定の
流動があるものの全体的にはパイは小さく、
愛知、静岡、長野の3県の県境にあたる区間で地域交流も希薄である。

この区間では運転本数も少なく通勤利用は少ない。

また沿線には佐久間駅の佐久間高校や温田駅の阿南高校などがあり、一定の通学利用があるが、
越境通学は極めて少数で、線区全体の利用とはなっていない。

主な利用客は朝夕は通学利用、ディータイムは運転免許を持たない年配の方の通院・買物利用である。

一部の区間では実数は決して多くないが観光利用もある。が、いずれも短区間に留まっている。

しかし湯谷温泉や愛知県民の森、鳳来峡、佐久間レールパークなどがあり、
観光資源は豊富である。近年では少しづつではあるが同区間も見直されつつあり、
今後は特急「伊那路」などの利便向上によっては利用の向上は期待できる区間である。


最後は飯田線南部(天竜峡〜辰野間)

飯田線南部に次ぐ輸送密度があり、長野県南部最大の都市である飯田市を
中心に近郊輸送が活発である。

流動面で見ると天竜峡〜飯田間を中心に飯田市内での流動が活発の他、
飯田〜市田・伊那大島間などの都市間流動もある。

伊那大島〜駒ヶ根間に関しても飯島町、中川村を中心に都市間輸送はあるものの
上伊那、下伊那両郡の境であり、地域交流の希薄さから利用は低迷している。

駒ヶ根〜辰野間は輸送密度が6000人を超えるなど
都市間輸送は南部の豊橋〜豊川間に次いで活発である。

主に駒ヶ根・伊那市〜辰野を中心に駒ヶ根〜伊那市〜伊那松島などの流動が大きい。

またこの区間中は中央東線の特急「あずさ」利用客も一定数おり、
岡谷まで乗り通す利用者が多いのが特徴である。

しかし急行列車の廃止により高速バスに長距離客を奪われ続けているのが現状で
沿線人口は微増が続く中、年々輸送人員が減少している。

この区間の需要源は安定した通学利用に支えられている。

長野県は小学区制を採用しており、同区間だけで2学区、
また隣接する諏訪地域も合わせると3学区に分かれているため通学距離は短いが
2004年には長野県全体を4学区に改正させる予定で、
ある程度の距離を通学する生徒も増えるのではないかと思われる。

通勤利用に関しては少数ではあるが利用されている。
しかし、深夜列車が少ない事から敬遠され気味で減少が続いている。

定期外客の利用は免許を持たない学生や年配の方の買物・通院に利用されている他に
一定数の観光利用もあるが、目立つ存在ではない。


具体的な輸送密度は昭和58年度で(1km1日平均輸送人員)



運輸収入については、幹事駅長管内の比率割合は、
豊川幹事駅長管内―――45,4%
飯田幹事駅長管内―――21,7%
駒ヶ根幹事駅長管内――32,9%

全体の経費からみる運輸収入は74%の割合しかなく、
また人件費は全体の経費の64%を占め、収入に対して人件費は
86,4%に達しているが、年々改善されている。

飯田線利用客の特徴をあげるならば、他のローカル線と同様に
高校生定期客が利用客の大半であり
地域に果たす役割は重要なものがある。



ホーム はじめに飯田線vs高速バス今後の展望国鉄・中津川線飯田線の統計

Copyright(C)1999-2002.Hirotaka Nitani