CATS      オリジナルキャスト

 

CAST

グリザベラ     久野綾希子    オールドデュトロノミー    山本隆則

ジェリーロラム    保坂知寿    バストファージョーンズ    光枝明彦

=グリドルボーン           /アスパラガス=グロールタイガー

ジェニエニドッツ   服部良子    マンカストラップ      園岡新太郎

ランペルティーザ   浅見陽子    ラム・タム・タガー     山口祐一郎

ディミータ     鎌田真由美    ミストフェリーズ      飯野おさみ

ボンバルリーナ    羽永共子    マンゴジェリー        山口正義

シラバブ       野村玲子    スキンブルシャンクス      青山明

タントミール     福井園子    コリコパット         深見正博

ジェミマ      黒田ひとみ    ランパスキャット        高桑満

ヴィクトリア    八重沢真美    カーバケッティ         古沢勇

カッサンドラ    望月めぐみ    ギルバート          岸川洋一

                   マキャヴィティ        杉谷嘉昭

                   タンブルブルータス      桝川譲治

<アンサンブル>  北川潤 中井敬二 鈴木孝次

 那須まり 青山弥生 山内久美 桑原美樹 柴垣裕子 中井まみ 志村幸美

関盛敦子 花村薫 原田恵 黒川篤子

 

 

 どうやらライブ版のようで,曲のあいだの拍手やらところどころの台詞やら完全収録です。それと1幕の前と2幕のあとにシングルヴァージョンのメモリーが収録されています。なので,とおしで聴くとちょっとくどいかもしれません。

 ロングラン・キャストと比べると全体的に若々しいというかほとんどの猫はより年下にきこえます(っていうか,ロングラン・キャストの方が貫禄あると言うべきか)。合唱の時も高音の方が強いです。それともアンサンブルが入って女性が多いせいでしょうか。しかしCATSにアンサンブルってなんなんでしょう…。

 キャストとしてはこっちの声も好きです。ただロングラン・キャストで刷り込み受けてたぶん,2,3匹違和感がありましたが。

 園岡マンカスは,美声の若いリーダーふう。ほんとにお兄ちゃんっぽい感じです。ジェリクルソング最初にこの人の声を聴いて,自分,転げまわって喜びました。でも歌い方としては飯野マンカスよりもきつめです。イメージとしては福井マンカスに一番近いと思われます。

 山口タガー,この方はもうアイドル路線まっしぐらです。でもタガーナンバーじゃなくてジェリクル・ボールの台詞で落とされたってなにさ自分。彼の「まったくなんにもしないのさ」は,なんというか気怠げな雰囲気が直撃で来ます。雌猫がはにゃ〜んとなるのもわかりそう…(^。^)。

 飯野ミストは,どんな貫禄あるミストやらと思っていたら全然違和感がなくて逆にびっくり。何故。どころか,加藤ミストの方が絶対貫禄あります。加藤ミストは『格好良い』だったけど,飯野ミストは一応『可愛い』と少し思えましたから…。

 あと,雄猫のひそかなヒットはマキャヴィティとジェリクル・ボールで妙に美少年声(どんなだ)だったギルでしょうか。そのくせギルってば,グロールタイガーのシャム猫軍隊長は格好良いんです。いいなぁいいなぁ。でも「アッチョォー!!」がないのはちょっともの足りなかったり(^^;

 雌猫の方,野村バブは非常に可愛らしい子猫です。そして元気がいい。わりとやんちゃなイメージのバブです。バストファ・ナンバーの時なんかジェリロよりも元気な声で,ロングラン・キャストになれてると(逆?!)と思えるくらいです。というか,この頃の保坂ジェリロがおとなしかったということでしょうか。

 久野グリザはきれいなソプラノ。どちらかというと,この人のメモリーは劇中で聴くよりシングルで聴いた方がいいんじゃないかと最初は思ってたんですが,予想大はずれでいざそのシーンでは熱唱でした。素敵なグリザだと思います。

 それから,雌雄の違和感一番はそれぞれランペルティーザとコリコパットでした。特に浅見ランペル,貫禄ありすぎでどう見ても(聴いても)年上の姐さん女房です。ロングラン・キャストの青山ランペルも,日頃見てた相川ランペルもどっちかといえば年下の元気いっぱいの可愛い雰囲気だったため,かなり違和感。そのうちジェニおばさんに昇格(?)しそうなランペルでした。

 他にも,現行版ではランパス・ギル・タンブルが歌っているタガーナンバーの雄猫パートがマンカス・アロンゾ・ミストになっていたり(アロンゾいたのか?!),バストファさんの歌詞が『内需拡大』ではなくて『行政改革』とされていたりロングラン・キャストと聴き比べるのもまた楽しいです。この頃だとメモリーの最後もグリドル登場時の“ソノークゥイ”も音を上げないんですね。

 

 

戻る TOPへ