CATS

     6月29日(木) ソワレ                Q31

 

CAST

        グリザベラ              範衛華      オールドデュトロノミー    石井健三

        ジェリーロラム   村田恵理子    バストファージョーンズ   キムスンラ

         =グリドルボーン           /アスパラガス=グロールタイガー

        ジェニエニドッツ   服部良子    マンカストラップ       福井晶一

        ランペルティーザ    相川忍    ラム・タム・タガー       八巻大

        ディミータ      高橋智子    ミストフェリーズ      坂本登喜彦

        ボンバルリーナ    林下友美    マンゴジェリー          辻仁

        シラバブ      中村友里子    スキンブルシャンクス     鈴木涼太

        タントミール     高倉恵美    コリコパット          徐元博

        ジェミマ       春原一恵    ランパスキャット       百々義則

        ヴィクトリア     佐藤匡子    カーバケッティ       沓沢修一郎

        カッサンドラ     富田浩路    ギルバート          千葉浩一

                           マキャヴィティ        赤瀬賢二

                            タンブルブルータス      中尾弘隆

 

 この日はフォトサービス。劇場で友人と待ち合わせしてたんですが,その前に駅からの道で先輩と会ってそのまま合流。劇場へ行ってみたら,ちょうど目の前に並んだ後ろ姿が友人Tその人でした。う〜ん,ナイスタイミング。

 そのまま3人で受付を済ませ番号は4組の2列の1〜3,ちなみに一緒に観劇予定だった両親は,到着が遅れて最終組でした。

 この日,劇場は世界のCATS展開催中で,試聴コーナーにロンドン,オーストラリア,ドイツのCDが置いてありました。で,手っ取り早く気に入りの猫が全部聞けるグロールタイガーナンバーを聞き比べてみたんですが,ロンドン版はやたらと構成が違うのですね。四季ではクリューが歌っているところにいきなり女声が入っていたり,またずいぶんオペラっぽい構成に思いました。ドイツ版は声が好き。

 

    ジェリクルソング

 今日初見の中村バブ,噂に違わず可愛い声で本当に子猫って感じでした。そして発見ひとつ。ギルバートの空中ブランコ,後ろでサポートしてたのはマキャでした。

    ネーミング オヴ キャッツ

 今日来てくれたのはボンバルリーナ。間近で見ると林下ボンバル本当綺麗です。ずっと見つめてました。でもボンバル,後ろの方しか見てないからにらめっこにはならなかったんですけどね。そして`ジェリクルリーダー現れ〜’のあたり,隅でひっそりとジェミマをリフトしてるマキャ発見。なんというか,目立たんところでがっちり目立つ奴です。

    ジェニエニドッツ

 マンカストラップの歌い出し,ミストがかっさらってしまうのですがここのマンカスの表情,(あ・・?)って感じで可愛かったです。そしてふうって感じで気分を切り替えたらしく,あらためて歌い出し。いいなぁ。そういえばミストは,ジェニの入ってるレンジを開けに行くとき手が`飛行機’してました。なんかキュートですこのミスト。

 そして`座り続けてる〜’からの,ちょっとジェニを小馬鹿にしてるような歌詞のあたり,春原ジェミマの反応が可愛いのです。むっとした顔になって後ろでブーイングの仕草してたり,マンカスのしっぽに猫パンチしてみたり。思ったことがそのまま素直に出てる感じがして,なんというか兄妹の気安さを感じます。これでジェミマもお気に入り決定。

    ラム・タム・タガー

 お久しぶりです八巻タガー。ネットなどでここのバブのひとり遊びは良いという情報を仕入れていったので,この日は隅のバブを見てました。パンダがどうというのは知らなかったんですが,上手前入り口近辺でしきりとゴミに猫パンチを繰り出していて可愛らしかったです。

    グリザベラ

 ジェミマ,ドスの利いた声が迫力ありまくりです。さっきまであんなに可愛かったのに!?なんというか本当に,グリザに対する嘲りの感情でしょうか,怖いくらいでした。

    オールドデュトロノミー

 スキンブルシャンクスがそこにぃっ!・・いえ,じいさま迎えにきたのが見えただけなんですが。`お座り’して待ってるんですね。なんか可愛いぞスキンブル。

 マンカスのお許しをもらってこれもお迎えに下りてきたバブとジェミマ,ジェミマの方はスッとお姉さんらしく立ってお迎えに出てました。しかしこのシーン,タガーとマンカスのデュオは最高です。じいさまの後についてスロープをのぼるバブたち3人の後ろ姿が小ガモの行列に見えたのは笑えましたが。

    ジェリクルボール

 ボールの途中でグリザが出てきたとき,コリコってば出てきてひっかいてダッシュで引っ込むというのを2回も繰り返してやってました。嫌いなんですね。にしてもひどいだろう,コリコ。そのあとみんなが輪になって廻ってるところではグリザ,コリコにひっかかれヴィクにも無視され,ジェリロに突き飛ばされたところをマンゴにも突き飛ばされていました。みんな,ここまでやる。すでにいじめにしか見えません。ボール後半でもジェミマとかに追い払われてました。おいおい。

    メモリー

 村田ジェリロ,`引き裂かれたコート〜’と歌ってるとき一瞬たりともグリザから視線をはずしませんでした。なんというか,全身にグリザへの拒絶がにじみ出ています。姿勢を低くとっているのでまるで威嚇しているようです。で,バブを背中にかばってるんですよね。「この子に近づかないで」って感じでしょうか。退場の前まで,グリザをひとにらみしてハケて行きました。

    幕間

 通路際なのを良いことに明かりがつくと同時にダッシュ。しっかり第1グループでサインをいただいて参りました。休憩中に先輩や友人と喋ってたんですが,自分「ジェミマ可愛い!」と連発してた気がします。でも本当好き。

    幸福の姿

 バブが歌ってるとき,何気なく下手壁沿いに視線を流したら2階行き通路にひっそりとグリザがいました。おお,こんなところに・・・って感じですね。

    グロールタイガー

 クリューのお遊び確認。隅っこでクリューがわやわややってるグリドル登場前,マンカスはスキンブルやミストと喋ってたみたいだったんですが何言われたのか刀振り回してました。ちょっと待て。しかもグロールタイガーに注意されてましたし。っていうかこいつに注意されるようではいかんと思うんですが。

 村田グリドル,登場時から良いです。`ソノ〜クゥイ’綺麗ですし。やぁ,可愛い可愛い。そういえばしっぽ踏まれたグリドルがグロールタイガーひっかくのはじめてみました。

    スキンブルシャンクス

 席が上手になったのははじめてで,汽車がよく見えました。しかしそれでもノリノリのジェニ,ミスト,コリコ,マンカスの足に目がいったのはなんでしょう自分。

 そして千葉ギル,しっぽを景気よくぶん回してると思ったら,それでヌンチャク始めました。うわ,格好いい。ここのシーン,みんなが楽しそうで大好きです。

    マキャヴィティ

 林下ボンバルと高橋ディミのコンビ,どうもなんというか優しいんでしょうか。特に林下ボンバル,色っぽいお姉様なんですが迫力って感じはしないので何となくイメージと違います。高橋ディミも怖くはないし。

 どうも自分,このふたりは迫力ある方が好きなようですね。

    ミストフェリーズ

 本日初見の坂本ミストですが,さすがバレエ講師出身。とてもきれいなフェッテでした。しかしそれよりこの方,しぐさが可愛いんですよね。特にマジックでデュトさまを出した後,自信なさげに布に顔を埋めてしまう仕草,それからマンカスに促されて指の隙間からこっそり覗きつつ振り返るとことかその後の調子に乗ったはしゃぎぶりとか。噂の歌は・・・気にしない(こら)。

    カーテンコール

 握手は辻マンゴでした。マンカス来ないかなぁとか後ろも見てたんですが空いたとこへばしばし入っていって握手してまして,とても来そうにありませんでした。ところがうちの母,向こう側の通路で握手してたカッサンドラを見てて,目で「来い来い」コールを送ってたんです。ちなみに我々の席からとなりずっと向こうまで空いてたんですね。そしたら思いが通じたのか,カッサンドラ来てくれて握手できました!ありがとうカッサンドラ。そして,ナイス母。

 

 そして終演後,ロビーへグループごとに集合して撮影へ。客席から入っていくと,舞台上では猫たちが仲良くお喋りしているさまが拝めました。ボンバルリーナ,ディミータ,ジェニエニドッツの3人が喋ってる様子はまるで巨頭会談。マンカス,ミスト,グリザは舞台から下りて待ってましたが喋ってる様子を見ると範グリザと福井マンカス仲良さげです。ちょっとカルチャーショック(何)。

 1列目が舞台に座り2列目はその後ろでイスに座り,3列目が立った後ろへ猫たちが並んでました。例外は2列目真ん中に座ってたグリザと,1列目前に転がってたマンカスとミスト。2列目の端の方だった私たちの近くには,マンゴ・ランペルカップルがいました。それにしても,私たちのいたところからは前に寝ころんだマンカスの腿のあたりが見えてましたが,なんというか目の毒です。つい目がいっちゃうじゃないですか,そんなの(笑)。

 

 ちなみに,後になって家に届いた写真はまた面白かったです。ボンバルとディミの間に陣取ったタガーが両手に花状態とか,さりげなくギルとタントの間でタントと仲良さげなカーバとか。邪魔してやるなって(←違う)。

 最終組だったうちの両親の写真では,マンカスの満面の笑顔と対照的なダレたミストが面白かったです。ミストなんて,後ろのお姉さんの膝を肘載せにしてます。こらこら。

 

戻る TOPへ