CATS

          8月 5日(日)  マチネ    2E41

 

CAST

グリザベラ       範衛華    オールドデュトロノミー    小林克人

ジェリーロラム   村田恵理子    バストファージョーンズ     村俊英

=グリドルボーン                     /アスパラガス=グロールタイガー

ジェニエニドッツ   服部良子    マンカストラップ       福井晶一

ランペルティーザ  松永さち代    ラム・タム・タガー       八巻大

ディミータ       増本藍    ミストフェリーズ        蔡暁強

ボンバルリーナ    林下友美    マンゴジェリー          趙宇

シラバブ      中村友理子    スキンブルシャンクス    飯野おさみ

タントミール     高倉恵美    コリコパット         谷本充弘

ジェミマ         王飛    ランパスキャット         辻仁

ヴィクトリア      大月悠    カーバケッティ        三宅克典

カッサンドラ     富田浩路    ギルバート          萩原隆匡

                   マキャヴィティ        南山光徳

                   タンブルブルータス       井水類

 

 今回は両親との観劇でした。席はわりと見やすいと言ってたんですが,やっぱり距離は何とも…ねぇ。

 

    オーヴァーチュア

 目チカではカッサンドラがとなりを駆けぬけていきました。と,富田さんやっぱり小さい…可愛い!!しかしカッサンドラ,こっちは見てくれませんでした。ちょうど私のいた後ろくらいまで眺め渡してハケていくんだもんなぁ…扉の近くって猫はよく通るわりに死角ですよね。そのあとで眼の下(だって段差が…)を何かもさもさしたものが走りぬけていったんですがアレは…デュトさま?ですね,多分あの丸さは。いや小林さん細いのは知ってますが,今日のガスは村さんですがもさもさの付き方が(果てしなく失礼)。

    ジェリクルソング

 舞台上手はきれいに見切りです(涙)バブもマキャも見えません。ので,視線は下手固定。飯野スキンブル,この時のソロは貫禄なんですよね。谷本コリコの第一声は,徐コリコに慣れてたせいかずいぶん格好良かったです。あとは村田ジェリロ!お久しぶりですが前よりも優しくなられたでしょうか。相変わらずいい声で嬉しい限り。そういえばここのみんなが舞台中央に集まる前のところ,下手のレンジ脇で飯野スキンブルと趙マンゴがわしゃわしゃじゃれてました。…ちょうどダンスがないとこだったけど,何やってらっしゃるんですかおふた方。

    ネーミングオヴキャッツ

 タンブルには目も向けてもらえず中央に去られ,結局来てくれたのはカーバでした。後ろから順番にまんべんなく客の顔を見つめながらゆっくり下りてきてたんですが,後ろ向いて目を向けてたときはまた見てももらえなくて,しょぼんと下向いてしまいました。しかしふと目を上げるとそこにカーバの顔が!!思わず目をむいて見つめ返してしまったり(笑)あとは眼の下の通路をバブとマンゴがハケていきました。

 ヴィクトリア・ソロの後のコリコとのペアダンス,谷本コリコはどうも徐コリコより情熱的に見えます。徐コリコがパステルトーンなら谷本コリコはビビッドトーンというか。でもそのあとさっさとヴィクに向こう行かれて淋しげに後ろ姿を見つめるのは同じなんですね。やっぱり報われない…?(笑)

    ジェニエニドッツ

 やっぱりミストがマンカスの出だし奪らないのが…何かなぁ。やっぱりちょっともの足りないです。レンジの上へ飛んでいった彼は,そのあとおばさんに猫パンチして遊んでました。3ガールズは村田ジェリロ,タントとマンカスを指してこそこそ話しつつジェミマを手招きして“いいえ〜♪”とやるもんだからどう見ても首謀者。声もしぐさも可愛いのにこの強さは素敵です。ネズミさんではバブちゃんが弾けまくり。出てきたときから跳ねる跳ねる。ランペルが霞むくらい元気に跳ねまくり,カッサンドラが後ろで見守る方に引っ込んでました。やんちゃで非常に可愛いです。

 次のゴッキーズ,最初のヒットはおばさんに何度も突撃して叩かれぺしゃっと倒れてたマキャゴキでしょうか。…貴方マンカスにも呆れたように見下ろされてますが。ゴキダンス中にはスキンブルとタンブル,前へ出てくる前からやたらノリノリでした。後ろへ行ったら,まずスキンブルがノリノリでたらめダンス。そのあとはしばし真面目にタイヤ前階段の掃除をしてたんですがじきにそこに腰かけてふんぞり返ってました。…偉そう(笑)。おばさんに叱られても恐れ入った様子がないのがまたふてぶてしいですね。その間タンブルはタントやジェリロと楽しそうにお喋りしてたようでしたが,列に戻っていくときやたら後ろめたそうにこそこそしてたのが妙な感じでした。いや,可愛いですけど。

 そしていよいよミストとマンカスを追い落とすとき,舞台中央部にいたハケ(?)を持ってる大きいゴキが楽しかったです。一生懸命ハケを突き出しておいて,マンカス達に睨まれると顔伏せて“俺じゃない!”ってアピールしてるあたりが。ならやるんじゃありません(笑)。叩き落として狂喜乱舞といわんばかりに跳ねるランペルと後ろでこっそり嬉しげなスキンブルが(叩き落とすまで凄く心配そうだったくせに)可愛かった…というのは間違いですか?滑り落ちたマンカス達に変わってタントとジェミマが踊り出したあと,タイヤの上の村田ジェリロが胸張って尻尾振り回してたのが格好良かったです。ひとり監督さんポジション占めてるみたいで。…だからボスなんだな,彼女。

 退場時,スキンブルはてってってっと行進でハケて行きました。

    ラム・タム・タガー

 スキンブルとコリコが!!凄く楽しみだったのに見えません(涙)ああ,何をやってたんだろうここ。ぎりぎり見えたランパスは登場時からタルそ〜に立ってタガー達のダンスを見下ろしてました。逆サイド,タンブルは…アレは何でしょうか,心底ダンス好きということでしょうか?さっきまで“〜こいつはやっかい”と歌っていたわりには出番になるやわざわざ横向きジャンプして舞台へ飛びだしていかれました。なんかこういう細かいとこ,微笑ましいんですけどタンブル。真面目さんだった中央のギルはちょっと影が薄く…いやすいません,私が見てなかっただけです(コラ!)。

 さらわれたのは今日は小さなお嬢さん。さすがにそれでは睨むわけにもいかなかったか,ディミータもジェミマもおとなしかったです。でもその間,ジェリロが何かバブのとこへ行ってたような…?シメの時のタガーは,“忠告なんてそいつは〜”と歌いつつジェリロ,ジェミマ,ランペル達ののどを撫でていってました。…うん,アレはすごいよタガー。うにゃうにゃ転がってしまうランペルが可愛いです♪しかし…教育上バブに見せていいのかこれは…?

 そういえばタガーに遊ばれたコリコ,今回はジェリロに言いつけてませんでした。やっぱり谷本さんだと大人なのかな?

    グリザベラ

 井水タンブルのグリザを見下す視線が…怖い!間近で見たら泣くんじゃ,子供…??大人にぴしゃりと叱られたヴィクとバブはただでさえ小さいのによけい縮こまってしまう姿が可哀想でした。ジェミマとジェリロのデュオは今回,ちゃんと(というのも変かなぁ?)ジェリロの方が優しくてちょっとホッとしたり。でも口調だけなら村田ジェリロも充分ジェミマよりきついんだよね…。

    バストファージョーンズ

 お出迎えスキンブル,ちろちろとマンカスを気にしてました。もしかして“あれ,マンカス来ないの〜?”とでも思ってたんでしょうか。結局マンカスのかわりにミストと合流して,それでもマンカス気にしつつ前へ出ていきましたが。で,バストファさんにご挨拶するともう用は済んだとばかり率先して帰りだすのです。それを見て真似しようとするミストがぷりちー(笑)。しかしバストファが戻ってくるのに真っ先に気付いたのもスキンブルだったりするので,周りの人ひそかに振り回されてますか?それからご挨拶の時,ぴょこんとはじかれたように動くミストのお辞儀が可愛かったです。一番深いしね♪

 講演中,今回はランパス寝てませんでした。しかし後ろ姿見てるだけでもなにか,一点凝視して呆けてそうなんですけど…話聞いてましたかお兄さん(右から左に10点)。隣ではカーバとスキンブル,“規制緩和”でおもむろに目を合わせてうなずきあってました。…わかったふりに見える…(笑)。その向こうのギルはちゃんと前見て聞いてます。萩原さん真面目です。このあとのご馳走云々のところでのスキンブルの尻尾あそびは健在でした。それで靴磨きするとこまでも(笑)でもって宴会場へ赴くバストファの後ろ姿にまで未練そうに猫パンチ繰り出すんじゃありません…。

 そして宴会シーン。最初はおとなしく運んでるふうだったんですが,この時はバストファのうしろのディミータとヴィクが積極的でした。放り投げるものに一生懸命手をのばすのが可愛らしいです。しかしバストファが前へ行くや好き放題はじめる雄猫群。スキンブルはカーバの皿から凄まじい勢いで料理をつついていました。両手で…そしてつついた料理の8割方はカーバの口に押し込んでます。自分の分はマイペースにひょいぱくっ。“おーら,食え食えっっっ”と言わんばかりの姿がある意味凄まじいですね。カーバ,スキンブルの料理攻勢から解放されると膝でにじにじバブ達のとこへ寄っていきました。ここで上手に目をやるとミストが地面にぺしゃっています。ギルの体勢から想像するにどうもギルが持ってた皿にダイビングしてかわされたようです。ふっ,強いぞギル。このあとバストファさんが前へ行ってから,地面に伏せて尻尾を狙うカーバがとっても猫でした。かわされても懲りないとことか。

    マンゴジェリーとランペルティーザ

 趙マンゴ,声がずいぶん柔らかいのでランペの弟分に見えて仕方ありません。しかも手のかかる(笑)。ランペルの笑い声を止めるのでも“シーッ,シーッシーッ!!”って焦ってるような感じでしたし。そして逃げだして雌猫たちに捕まったとき,荷物振り回して反撃してました。女の子相手にやりすぎです,いくら王ジェミマが強そうでも。

    オールドデュトロノミー

 マンカスとタガーのデュオ,珍しく八巻さんの声量が控えめでした。もしかして調子でも悪いのかしら。スキンブルはジェリクルソングとは別人のように可愛くなってました。

    ジェリクルボール

 谷本コリコ,動きがきれいです。きびきびとした動きが見ていて楽しい。井水タンブルも楽しそうでいいです。それに彼,カッサンドラとのユニゾンが見事にぴったりでした。あのしなやかさは好きだなぁ。あ,そういえばあとタンブル,ヴィクとマンカスのペアダンスの前の雄七匹で踊るとこ,ハケぎわにバク転なんて見せてくれました。格好良い〜v

    メモリー

 村田ジェリロ,声が微妙にバブ声です。そのせいか優しいお姉さん度upなんですが,しかしバブ声であの歌ってどうよ?

    幸福の姿

 冒頭ディミータと至近距離遭遇したカーバケッティ,そのあとふるふると頭振ってはディミータを見つめるしぐさが何とも可愛い。何か三宅カーバの頭振り,凄く猫っぽくていい感じです。残念ながらキスまでやったかどうかまでは見えませんでしたが(やってない…かなぁ)慌てふためいたように思いきりディミータを気にしまくるのが何とも…(^^

 合唱部では相変わらずマンカスとジェリロの声が飛び抜けて聞こえてます。しかしこのジェリロ,木村さんの声だと何か,声量ぬいても目立ちそうですが村田さんだと一番良く聞こえててもまわりの声にちゃんと合ってるんですよね。あらためて木村さんの声の強さ(っていうかきつさ?)を思ってしまいました。

     ガス〜グロールタイガー

 かーみーてーがー〜(泣)。見えないです,全然。カーバの寝相とかマキャとかタンブルカッサンドラとかみんな…。しくしくしく。よって下手の猫観察。今回の辻ランパスはここで爆睡のようで,“近頃の役者〜”にも無反応でした。貴方は役者じゃないんですか?ないんですかね,今回は。ギルやボンバルは時々退屈そうにもそもそしてましたがおおむねちゃんと聞いてました。と思うと途中,土管の上でつぶれてるコリコが…。はじめちまっと両手そろえて聞いてたんですが,だんだん手が両側へ落ちてしまって土管に抱きつくような形で夢の中へ。なにか妙に可愛らしい姿でした。

 さて,今回のクリューたちは〜。タガーがはり倒されたのを見て“ねえあれ,どうしようどうしよう!?”とわたわた後ろにかけたスキンブルですが,みんなから“いやお前。お前行けよ”と押しつけられ…秒殺で開き直りました(笑)。開き直って両手に(ぺっぺっ)とすると,腕振り回して殴りかかろうとする様子。しかしやはりグロールタイガー,振り向きもせずにひじ鉄を食わせます。さすがに足の止まるスキンブルですが,とどめの2撃目は見事避けきりました。あんたら,妙に熱く闘ってますよ?“〜閉じこもる”で全員がしゃがみこんだときの頭の角度は,今回はタイガーの近くからだんだん高くなってました。…結局スキンブルが一番頭が高いのね。次のカナリアスタンバイでは手がミストたちへの指示の形に動いてました。この人陰で仕切ってます。グリドル登場前のクリュー,マンカスはスキンブル,ミストとお喋り。グリドルの声にはいまいち反応が遅かったようですが,ちゃっかり発見者はスキンブルでした。

 グリドルとタイガーのデュエット,今回は競ってないのが落ち着きます。やぁ,これくらいの方が色っぽくていいなぁ。珍しくサイアミーズも見ないで聞き惚れてきました。萩原ギルの“アチョー!”はでも…まだちょっと,かな?それと,“その知らせが届くと〜”で嬉しそうに跳ね踊っていたバブちゃんが可愛らしかったです。

    スキンブルシャンクス

 今回のやくざマンカス,手を振り回して暴れてるところへコリコがかかっていきました。しかし一撃粉砕(爆)。それを見て頭抱えてうろうろするマキャさまも情けなくて良い感じです。やられたコリコを回収に行ったカーバケッティ,どう見たかうしろのタンブルに両手を×にして見せてました。同じ仕草で答えてるタンブルとマキャさまもなにやってるやら。“おーい,だめだよこいつ”“ダメ?”“駄目かぁ”とでも話してたんでしょうか。ここの一角は仲良しさんです。

 タガーのバブベッド,今日はしばらく粘ってましたが結局作ってやってました。おかげでカッサンドラとギルもゆっくりベッドやってられたようです。そのベッドタガー,初めはやる気なさげにタラーっと作ってましたが「濃いめ」の大音量に驚く仕草が面白かったです。そして今日のスキンブル・ソロでは“おい!スキンブルは〜”よりも“車掌の後ろには〜”の方が貫禄ある声に聞こえました。もしかして飯野さん,その日のキャラによって微調整してたりしませんか?もうひとつの影響はまわりの声と音楽でしょうけど。“夜行列車の 旅は素敵〜”からのソロ,バックの音楽が優しいときは夢見るように優しく,ノッてくると声量も一緒にupしてましたしね。

 小林デュトさまの尻尾ふり,2分の1速ぐらいの微速回転が可愛いです。うしろのカーバが超高速だからよけい目立つというか。ここだったかどこだかで,マンゴとスキンブルがまたじゃれてました。…仲良いの,このふたり?

    マキャヴィティ〜マキャヴィティ・ファイト

 小林デュトさまと南山マキャ,マキャがデュトさまの肩掴んでたんでちゃんと攫っていくように見えました。しかしふたりとも早くて,デュトさま年が…(げほごほ)いやその。

 マキャファイト,今日のカーバは撤退要員か保護者モードか,あっちこっちで良いお兄さんぶりを発揮してました。まずはヴィク,マキャを威嚇してやられた彼女にタント共々駆け寄って保護。次にマキャが殴り込んできたときかかっていってやられたランペルを引き戻してジェミマに預け,もう一度やられたコリコを保護して一緒に参戦してました。うーん,マンカスにも負けてない保護者モード。あとギルはマキャに振り回されて地面に崩れ落ちたマンカスにすごく心配そうに構おうとしてました。

    ミストフェリーズ

 ミストマジック缶飛ばし,今回は一発成功だったようでしたがかなり飛び出した先が内側で,バブだけでなくこっちもひやりとしました。怖いじゃんミスト!カーバの片づけ係はランパスにがっしり掴まれてるのも構わず強引に布を片づけてます。コリコ君,触るだけでもできたんだろうか。でも村田ジェリロだから,とれなくても怒られはしなさそうですよね。

 手拍子請求に来たのはまずギル。萩原さんの笑顔大好きです。あとはちょろっと趙マンゴ。ああ,カーバとコリコが遠い(笑泣)。

    メモリー

 谷本コリコ,威嚇があれだけ激しかったわりには徐コリコより受け入れるの早いです。“〜やがて夜明けか”辺りでもう顔が上がってたかな?グリザの手をとったバブ,あの両手で掴んで顔をうずめる取り方良いですね。バブの純粋さと優しさがにじむようで好きです。

    天上への旅

 前の方誰も肩組んでないんだもんなぁ。コリコ,タンブルにでも釘さされたんでしょうか。

 優雅に手をのばす南山マキャの手前,元気いっぱいジャンプしてるランペルがめちゃくちゃ可愛かったです。心底グリザの昇天を祝福してるようで,あれも彼女の真っ直ぐさなんでしょうね。

    カーテンコール

 谷本コリコの決めポーズ,徐コリコと同じのになってました。王ジェミマの決めも久安さん風味が入ってます。…統一した?それは。そして誰かひとり,早く出過ぎそうになってた人がいました。スロープ待機組の…アレは誰だろう?

 握手は三宅カーバと。彼はちゃんと歌ってます。横見てるときは空振りで前から来るという彼の習性のせいで,母はどうも握手し損ねたらしく後々愚痴ってました。でもさ,ちゃんと来てくれてし損ねってそれは間違ってるんじゃないの?

 今日はタガーコールまで見れました!しかし大阪,客電点いてからの猫の出が早いんですね。名古屋ならタガーコールが終わるのと曲が終わるのが同じくらいだというのに大阪だとタガーコール終わっても曲の中盤で,そのくせタガー居残り終わるとお客さんみんな帰っちゃいます。そのあとも粘って拍手する人はいないのか…。こういうところに土地の違いってあるんですね。

 

 

戻る TOPへ