TOP/ MOVIE THEATER/ MiMi/ OTHERS/ LINKS/ BBS



GORE GORE MOVIE THEATER+++file no.37+++
『バッド・ロナルド〜のぞき魔!恐るべき10代(10代の異常な欲望)』
「BAD RONALD」/1974年/アメリカ/78分/監督:バズ・キューリック


バッドロナルド
ロナルドとママだよ

あらすじ
注)この映画は、ビデオ化されていない為、画像付きでちょっと、詳しく解説させてもらいます。

マザコンのバッド・ロナルドは、ママと二人暮らし。ロナルドは医者を目指す優秀高校生だ。ママもロナルドに溺愛である。
そんなロナルド親子は、まわりからは変人扱いされてて、みんなの笑い者。空想家でいつも「アトランタ王国」という架空の国を想像して、家にこもって絵を描いていた。
そんなある日のこと、ロナルドはチョットした口論でローリーの妹のキャロルを事故的に殺害してしまう。

やっちゃったよ

あぁ、もう人生終わりだ!お医者さんの夢がぁぁぁ。。。よし、ママと相談だ!
そこで、ママが名案がヒラメク。そうだ、ほとぼりが冷めるまで家の中に隠れてしまえと! ロナルドは一晩徹夜で、1階のバスルームのドアを取り外し、壁紙を張る。よし、これで外からは、絶対ばれないぞ。

改装前改装後

                  
食事は、ママが隠しトビラから持って来てくれる。
案の定、警察が取り調べに来てもロナルドの行方は、誰にも解らなかった。ロナルドはバスルームの隠し部屋で、好きな空想にふけり、夢のアトランタ王国の絵を壁に描き始める。徐々に、ロナルドの精神状態が犯されて行ってしまう。そんな中、あろう事か、ママが病気で死んでしまう。オー・マイ・ガー!
しかも、ママのオネエさんに家を売り飛ばされてしまった。どうする、ロナルド!っていってもどうすることも出来ず、隠し部屋にいるしかなかった。そろそろ、食料も尽きるぞ!ロナルドもう発狂寸前。っていうか、すでに普通じゃないぞ!
そして、幸か不幸かこの家に新しい家族が引っ越してくる。しかも、カワイ子ちゃん三姉妹。ちょっと、おいしいかも…?



ロナルドは、隠し部屋から各所にのぞき穴をつくり、家族を観察する。食事は、皆がいないすきに冷蔵庫から盗んで生活していた。
のぞき魔ロナルドは、三姉妹の末っ子のバブに恋してしまう。「おぉ、バブは僕のプリンセス・ファンタジアだ」って。もう完全にイっちゃったぞ。
ロナルドに殺されたキャロルのお兄さんは、引っ越してきた家族に、「昔ここの家の奴に妹が殺されて、犯人はまだ行方不明」ということをバラしてしまう。それを聞いていたロナルドは、お兄さんに対して怒り浸透である。
風呂も入らず浮浪者寸前のキ●ガイロナルドは、バブを隣の家の地下室に捕獲成功。そして、生意気なキャロルのお兄さんも、隠し部屋に監禁してしまう。 バズの行方を心配した家族は、警察を呼ぶが手がかりなし。
そしてその日の夜。2階の寝室にいた姉の二人は、不信な物音に気付く。何か1階が騒がしいぞ!様子を見に1階に降りた二人は、電気のついていないフロアーから、不思議な光線を発見する。なんと、壁の穴から光が出ているではないか!!その穴を恐る恐る覗いてみると、なんとドアップの目玉が!チョーーーー!!!ロナルドと目が合っちゃったんだ!

ギョ!


みつかってしまったロナルドは、壁をぶち破り家を脱出する。オネエちゃん達は、もう訳が解らずパニック状態。

きゃー


ロナルドはその場で警察に捕まり万事休す。最後に捕まったロナルドは、「ママー!」と絶叫してジ・エンド。


ママー!



感想
これは、ホントにお蔵出し映像である。この映画、劇場公開どころかビデオ化も一度もなったことがない。俺の知る限りでは、10年以上前にテレビで深夜に2度ほどしか放映されていない幻の傑作である。とはいえ、俺もこの映像を持っていた訳でもなく、ロカタンスキー先生からテープをいただいた。ネットで探し続けて1年経過した時、ビデオの持ち主のロカタン先生からメールが届いたのである。ネットとは、マジ凄いものだ。
おっと、いけね。また話を脱線させてしまった。この映画、正月の深夜映画特集で観て、衝撃を受けた記憶がある。
わしのヘタクソな紹介で、ストーリーを理解できた人はエライが、ストーリーがしっかり出来ている。そして、壁の中に隠し部屋を作る発想が凄い。ロナルドの段階的に精神異常になっていく演出が素晴らしい。女の子3人の家を覗きみ出来るという、夢のような設定が良い。(しかも、ちゃんと可愛い子を揃えている) そして、なんといってもラストの眼玉が会うシーンは最高潮である。何もあるはずの無い、壁の穴を覗いて、眼と眼が合ったら、俺だったら失禁間違い無しだ!真のショックシーンとは、こういうシーンの事をいうのである。
この映画の成功のカギは、なんといっても、キャスティングにあると思う。ロナルドはホント、オタクっぽいし、ママも良い味がでてるし、3姉妹はマジ可愛いい。これ可愛くなかったら、駄作で終わっていた可能性ありだ。
後は、このタイトルだな。「のぞき魔、10代の異常な愛情」なんてタイトルつけられたら、場末のポルノと間違われてしまう。このタイトルが、メジャーになりきれない敗因だったんじゃないか???とはいえ、このタイトルだったからこそ、俺は下心出して観たんだけどね。
この映画、日本で何人の人が知ってるだろうか?機会があったら是非観て欲しい。忘れられない映画になる事間違い無しだ!
独断と偏見なオススメ度(5段階評価)
★★★★★


back