PRESS

〜村井國夫さん関連新聞記事〜

―2015年以後―

2003年以前
2004年〜2014年

特に記載のないものは東京地区の新聞です。
あずなが持っているものの紹介でまだ整理中です。抜粋したものもあります。
最近足したものには
をつけました。
劇評や舞台の紹介記事は、お名前のない記事でも舞台の資料として入れたものは×マーク、キャストとしてお名前のみの記事は△を記しました。
舞台写真は村井さんが写っているものがある時のみ記しました。

日付
新 聞 名
 見出しと内容

2018/8/29

日刊スポーツ

「51年ぶりの共演」大宮・ソニックシティで行われる、オペラ・ストぅ−パの取材会が都内で行われ、主演の佐久間良子さんは村井さんとは「大奥(秘)物語」以来51年ぶりの共演とのこと。佐久間さんとの共演を喜ぶ村井さんのコメントも。(18.9.14)

2018/8/10

日刊スポーツ

「共演一新の『黄昏』」黄昏公開稽古より、八千草薫さん、朝海ひかるさん、村井さんのコメント。舞台への意気込みが感じられます。(18.9.14)

2017/4/5

日本経済新聞夕刊

「役に二重性持たせ『ハムレット』演出」ジョン・ケアードが役者に複数の役を演じさせる新構想のハムレットを演出するという記事。村井さんのお名前も。△(18.9.9)

2016/12/4

北羽新聞

「恋文20編、詩情豊かに」朗読会のあらましや当日の様子を、村井さんご夫妻のカラー写真をまじえて説明。(16.12.8)

2016/3/5

産経新聞

「闘争支えた夫婦愛」藤沢志穂子さんによる砦の劇評。モノクロの舞台写真あり。村井さんの演技をどうこうとは論じていませんが、舞台そのものに対して好意的。(16.3.5)

2016/2/25

毎日夕刊

「ダム反対の舞台 村井國夫が挑戦」砦への村井さんの抱負と舞台の宣伝。村井さんのお顔の写真あり。(16.3.5)

2016/2/25

朝日夕刊

「ダム反対闘争今こそ演じる」砦への村井さんの抱負と舞台の宣伝。安保法が成立した今だからこそ、この舞台を演じたいという村井さんの意気込みが伝わる。作・演出の東憲司さんと村井さんのカラーのツーショットあり。(16.2.26)

2016/2/13

東京新聞

「私がほれた男」「すてきな声に引かれ」バレンタインデーにちなんで三人の著名人に心から好きになった男性、恋愛観などを語ってもらうページの中で、音無美紀子さんが村井國夫さんとの出会い、闘病の時に心の支えとなってくださったことなどを語っていらっしゃいます。(16.2.14)

2015/10/15

公明新聞

「大人のためのファンタジー」中村義裕さんによるダブリンの鐘つきカビ人間劇評。大変好意的。"村井國夫の軽いユーモアはベテランの味"と出番が少ないにも関わらずおほめの言葉をいただいています。(15.10.31)

2015/9/25

日刊ゲンダイ

「マンツーマンでトコトン」佐賀高演劇部時代、先輩の辻萬長(こまつ座所属の俳優)さんに鍛えられたこと、演劇部での生活、お二人が顧問をされている佐賀の社会人演劇集団「SAGAパーフェクトシアター」のお話などをされています。(15.10.3)

2015/1/30

毎日夕刊

「歌声が元気を運ぶ 笑顔絶やさずに」1/26の「音無美紀子の歌声喫茶」を取材し、歌声喫茶のあらましと、音無さんの闘病生活について触れています。村井さんは乳がんになった音無さんに「君が女優でなくても、女でなくてもいい、僕のために(乳房の全摘手術を)受けてくれ」とおっしゃったそうです。音無さん、村井さん、太川陽介さんが歌っている大きなカラー写真あり。内野雅一記者。(15.2.6)


Libraryへ