マンガトーク

バックパッカー・パラダイス
文鳥様と私
幸せを運んだブルドック

バックパッカー・パラダイス1,2巻
さいとう夫婦
 旅行人 ISBN4-947702-02-8

さいとう夫婦とは、旅行コミックのためのさいとう克弥と小野まゆらの漫画ユニットです。さいとう克弥は昭和43年生まれで、漫画とイラストの仕事をしています。小野まゆらは昭和41年生まれで漫画家。二人は東京のお茶の水にある美術系専門学校で出会って結婚。3年間働いてためたお金で、1991年3月、2年半の世界一周旅行に出かけたのでした。「バックパッカー」とはできるだけお金をかけないで長期の旅行をする旅行者の国際的な共通名称です。

世界一周といっても中南米を旅するのが夢だったとあって、中南米諸国を旅している時のことがたくさん描いてあります。この本を一言で言い表わすとすると「旅」そのものです。ガイドブックではないけれど、ガイドブックよりも生きた情報が大変わかりやすく楽しく漫画で描かれています。ページを開けばそこには、いつか自分が泊まるかもしれない安宿の風景や、乗り合わせるかもしれないバスの中の様子や、出会うかもしれない人々の姿が、そしてビザの取り方や切符の買い方などまでが、実録旅行コミックとして漫画化されているのです。

観察力がすごいです。1コマの情報量の多いこと。1本1本の緻密な線が紡ぎ出す、言葉では説明できないナマの町の様子。読んでいる自分もいつのまにか、彼等と一緒に旅をして、危ない目にあったり感動する出来事に遭遇したりして、その国に行ってきたような気分になります。ガイドブックだとこうはいかないでしょう。親しみの持てるキャラクターと作風、わかりやすさ、必ず笑わずにはおれない笑いのツボの確かさ、そして人の心の暖かさが、この作品をただの漫画版ガイドブックとは違うものにしているように思います。

内容をちょっと紹介すると、例えば中南米でよく使われているスペイン語についての解説。

犬=ぺろ(perro)、ホットドッグは「ペロ・カリエンテ」(熱い犬)とも言います(そーいや中国でも『熱狗』だった…)。
クマ=おそ(oso)、チキン=ぽよ(pollo)、おうし と めうし=とろ い ばか(toro y vaca)、にんにく=あほ(ajo)、いか=からまれす(calamares←これなど特に覚えやすいですな)
中南米の土産物市場などを歩いているとよく言われる言葉「け ブスか」。
おっと、怒ってはイケマセン。これは「なにさがしてんの?」という意味です(怒っているまゆらさんが描いてある)。・・・こんな調子でおまぬけなスペイン語が紹介されていて笑いながら楽しく読めます。

面白い旅のエピソードを紹介するとキリがなくて困ります。船での4日間のアマゾン川下りでは、トイレで流したものは川に捨てられているのに、船の飲料水やシャワーの水がどうやらアマゾン川の水を使っているらしく、飲料水のタンクは2日めにはにごった色になり、4日間シャワーを浴びずに通して夫婦揃ってモノモライになっています(でも他の客はシャワーも食事も平気)。

葉巻で有名なキューバはうっかりヤミ両替でどっさり人民ペソを手に入れても、町でろくなものを売っていないので使い切れないそうです。デパートでショーケース内で売られているのが、安っぽい造花(18円)や中国製フィルム(約25円)やサビたつるはしの頭(約100円)だというので驚き。ヤミ両替しすぎて困った友人は、あまったお札をホテルの窓から外にばらまいたり、お札を燃やして葉巻に火をつけたりしていたそうです(でもこれらは一応犯罪行為になるので真似しないようにとのこと)。インドの火葬の話は原始的ですごかったけれど、なんとも牧歌的で、日本や欧米とは死や葬式に対する観念が違うんだなと思いました。

まゆらさんはブルドックの傑作漫画の単行本も出していて(いずれここで紹介するかも)、動物をユーモラスに描くのが得意なので、旅の間に登場するいろいろな動物がとても魅力的です。ヒナを守るため威嚇する七面鳥のオスの様子とか(グアテマラ)、「リャマは嫌いな相手には胃液を吐きかけるそうな」とペルーで旦那とリャマのツーショットを撮ろうとしたら、リャマがゴポゴポのどの奥からこみあげるような音をさせはじめましたとか、そんな動物達を見ているだけでも楽しい。

そんな動物たちの中でもとりわけ目立つのが、ニューヨーク編のコーミー(黒いチャウチャウ犬)とグアテマラ編のファーファ(雑種?モップのような小型犬)の話。ニューヨークで滞在していた下宿屋で飼っていたコーミーは無愛想な犬でしたが、飼い主が4〜5日留守の間まゆらさんがコーミーの世話をすることになります。やっとコーミーがまゆらさんに心を許した時に見せた表情がねえ・・・犬って笑うんですね。たまりません。

ファーファはグアテマラの禅という日本料理屋で飼われていた犬です。禅は中南米の日本人旅行者にとって、情報交換の場としてなくてはならないところだそうです。ここの経営者の日本人のプレイボーイのユキさんのキャラクターやここでの旅行者のやりとりが、学生時代の思い出のような、なんとも懐かしい楽しい出来事として描かれていてちょっと切ないです。ファーファがユキさんと親しい女性に嫉妬して、まゆらさんにとばっちりがきたり、ビール飲んで演説したり、自意識過剰でチヤホヤされたがりの性格が面白い。コーミーもファーファもそうなのですが、犬ってどうして「お別れ」の時ってわかるんでしょう。つらいよね。

ああ、この漫画の面白さをうまく伝えられない自分が歯がゆいです。後書きの言葉を借りると、旅の時間は非日常性の連続です。旅の魅力とは、その「非日常性」によるところが大きいかもしれません。予期せぬトラブル、思わぬ幸運、日常的には決して出会うことのない人々、そういった楽しさを知ってしまうとついまた旅に出たくなるのだと。その出会いの中に、「人生は素晴しい」と感じる瞬間が確実にあるのです、とさいとう夫婦は語ります。つらい別れも中にはあるけれど、出会えたことが何よりの奇跡であり、ステキなことなのです。そんなさいとう夫婦のステキな瞬間を、私達に追体験させてくれるのがこの漫画なのです。

「私達の漫画では旅の本当の素晴しさの半分も伝えられなかったのではないかと心もとないですが・・・」としめくくりでさいとう夫婦は語りますが、私は十分伝わっていると思います。一つの出会いが奇跡であるならば、この本に出会えたことも素晴しい奇跡だったと私は思います。ステキな思い出をたくさんおすそわけして下さってありがとうございました!


 

文鳥様と私 今 市子著

あおば出版 ISBN4-87317-151-2

動物マンガっていつの間にこんなに増えたのでしょう。

ネコ、犬、ハムスター、ウサギ、はてはフェレットまで。「文鳥様と私」は「鳥っこ倶楽部」という鳥マンガを集めたアンソロジーに連載(?)されているそうです。小鳥を飼っているマンガ家が、小鳥との生活をマンガで楽しくレポートする実録ものなのだけれど(なんだと思う)、出版物リストを見てみると小鳥マンガはインコ単独のマンガも含めて数が多いので、結構需要は多そうです。

ところで、マンガ通の人には今市子というともっと違う存在だったりします。私にとっては「百鬼夜行抄」(朝日ソノラマ)をはじめとする、質の高いファンタジーや不思議な話をしっとりとした絵でつむぎだす、とても好きなマンガ家の一人です。確か今さん原作の読み切りマンガが、「世にも奇妙な物語」で放映されたこともありました(SMAPの稲垣君が主役だったはず)。

そして実はJune系(知らない人のために。女性向けの少年愛、男性の同性愛をテーマにしたマンガ、小説のジャンル)でも実力派です。あまりそっちの方は読まないのだけど、今さんのマンガは切なくて濃い短編小説のような透明感があります。絵柄は、昔の和物の萩尾望都のような繊細なイメージというとわかりやすいかな。

その今さんが文鳥マンガ。ああでも、繊細なマンガが描ける人の実録文鳥マンガはめちゃくちゃ面白かったのです!他の動物マンガは読んでいないので比べることはできないけれど、今さんのマンガが面白いのは冷静な視点で見ていることが大きいかもしれません。こういうのって、下手をすると「カワイイカワイイ」で親バカなものになりがちな気がするのですが、今さんは(もちろん親バカな一面もありますが)文鳥の激しい気性やそうした文鳥にふりまわされる飼い主の生活ぶりを、面白おかしくわかりやすく身近に描いています。だからこれは文鳥マンガであると同時に、今さんの生活マンガでもあります。ひぃー、とかギャーとか悲鳴をあげている今さんのあわてぶりが面白いのです。

例えば仕事(マンガを描く)をしている横で、放し飼いの文鳥が消しゴムカスを食べる、青鉛筆の芯を食べる(なのでフンは真っ青)、切手を食べる、マンガ本を食べる、液体ノリを吸う、薬用リップクリームまで食べてしまう。カラーインクを間違って飲んで、原稿の上に吐き出す。また、つがいのオスが別のオスとオス同士で交尾してしまったり、その愛人のオスがメスと不倫したり(ダブル不倫)、つがいのオスは別のメスと不倫したり(トリプル不倫・・・)、ユーモラスな文鳥の生態も面白いけれどその度に驚愕する今さんは、私達読者が感情移入するキャラとしてとてもよく描けています。

すごいなと思ったのが、卵からヒナを孵して成鳥にまで育てたエピソード。生まれたての文鳥のヒナって、体長2.5センチ程しかなくて、しかも干しアンズそっくりで、お腹の皮膚が薄くてピンクや緑の内臓や細い腸が透けて見えるそうな(だから名前はナイゾウ)。母親が子育て放棄したので、3日めからすりつぶしたえさを楊子で与えて育てたんだそうです。4日めから脳天に響く声で鳴いたらしい。2.5センチの生き物が鳴く(!)。驚異です。生命の神秘。

必ずしもカワイイキャラとして文鳥が描かれていない、シビアな作風が私はとても気に入りました。多分この本は、老若男女誰が読んでも面白いと思うでしょう。時間潰し、気晴らし、ほっとしたい時、電車の中、どんな時でも楽しめるとてもハートフル(だと思うな〜)な本です。


幸せを運んだブルドック 小野まゆら著

幻冬舎 (絶版)ISBN-10: 4344006313 ISBN-13: 978-4344006317

絶版だけど、ネットで中古でまだ入手できるので書きますね。前出のバックパっカーのさいとう夫婦の奥様の描かれた漫画です。
私は95年に出た30何話かまでの本しか持っていなくて、その後50話まで入った完全版が出たのですが、後になって完全版のことを知った時には2冊とも絶版になっていました。新たに幻冬舎から復刻版が出て、読み返してみてまた感動。某所に書いた私のレビューを引用します。

カポネ(ブルドック)の仕草や表情などが、親バカではなくとても客観的に 淡々と描かれていて、しかもそれが生き生きと豊かに伝わってきます。とにかくブルドックの仕草の観察力は深い。ブルドックを飼ったことのない私も愛着を持ってしまうくらいだから、ブルドックの飼い主にはたまらないいとおしさを感じると思います。「でちでちでち・・・」「しぷん」など、カポネの行動を表す擬態語の見事なこと。他の動物マンガに比べて、その表現力と面白さ、感情移入度は比べようもないくらいです。しかもただの動物ものと違うのは、犬の飼い主である女子高校生の十代特有の憂鬱や家族間の微妙な心のひだまで見事に描ききっているところです。10人中10人 が面白いと言うマンガであると断言します。友人知人にプレゼント用に何冊か欲しいと思います。

犬だけでなく、猫やカエルやその他の虫なども作者の周りにごく当たり前に溶け込んでいて、生き物好きな人にはこたえられない。最後に書き下ろし漫画が収録されていて、出先で読んでいて不覚にも落涙。小野まゆらさんは、泣かせることも笑わせることも実にさらっと描いてしまう。記録映画の映像のような潔い感じが好きだ。

思わぬところでぐっと来るので、この本は電車の中とか外で読まない方がよいと思う。700ページもあるから、持ち歩けないとは思うけど(^_^;;)

 

HOME