The 成田三樹夫

役者の成田三樹夫さんが好きです。成田さんが演じた「水戸黄門第三部」の黄門一行の命を狙う忍びの頭領・柘植九郎太が、小学生の時の初恋の人でした(イラストは九郎太のつもりですが、自分の絵になってしまいました)。その後も時代劇などに悪役、公家などで出ていて、「この人好きだわ」と思っていました。

1990年のある日、夕方のニュースで成田さんの訃報が流れました。その時、私はどうして成田さんにファンレターを出したり、生のお芝居を見に行かなかったんだろうと激しく後悔しました。思いを伝えたくても成田さんはすでにいない。
自分が成田さんのファンであったことに、お亡くなりになって初めて気がつきました。

その後成田さんの映画など見ていたのですが、ふと空しく、悲しくなって成田さんから離れました。17年ほど他の役者のかなり熱烈なファンになりました。

1990年にお亡くなりになって、今年は成田さんの27回忌です。彼を忘れないために、このページを作ります。(2016.5)

◆Library
成田さん関連記事。手持ちの雑誌と新聞と書籍をまとめました。調査中。(18.4.13)

◆舞台暦
成田さんが出演されたお芝居のリストです。まだまだ調査中。(18.1.6)

◆イベント
酒田市日吉町で「成田三樹夫の世界」という夢のようなイベントがあったそうです。(16.11.5)

◆菩提寺・泉流寺お墓参り
山形へ成田さんのお墓参りをして来ました。(16.5.1)

◆「成田三樹夫ガンとの仁義なき戦い」週刊文春1990年4月26日号記事
成田さんが亡くなった当時、週刊文春に主治医が寄せた文章を大事にとっていました。成田さんの生き方の哲学が見て取れますので、紹介します。(16.5.1)

 


戻 る