ドン・ボスコ・クリスマス・チャリティ・ステージ

「舞台からみたヨーロッパの魅力」

2002年12月15日(日) カトリック調布教会聖堂

出演:村井国夫/伴奏 曲田絵里

主催:ドン・ボスコチャリティステージ

ヨーロッパの国ごとに、ミュージカルの魅力とその舞台裏を村井さんが歌と軽妙なトークで楽しくわかりやすく紹介するというもの。今までは会員のみのステージだったのが、今回初めて一般を対象に上演されました。

ドン・ボスコ氏は、カトリック・サレジオ修道会の創設者で、生涯を青少年の教育活動に捧げました。幼い浮浪者たちに教育や職業訓練など、自立の道を示す活動と精神は全世界に受け継がれています。日本でも1990年に「ドン・ボスコ海外青年ボランティアグループ」が発足し、東南アジアや南米で支援活動を行っています。

PROGRAM
1

革命(ショパン作曲) ピアノ

2

メモリー(キャッツ) ピアノ

3

サンライズ・サンセット(屋根の上のヴァイオリン弾き)

4

エーデルワイス(サウンド・オブ・ミュージック)

5

マイ・フェア・レディ メドレー(踊り明かそう、君住む町、時間どおりに教会へ) ピアノ

6

見果てぬ夢(ラ・マンチャの男)

7

彼女に(かのひとに)告げてよ(イタリア歌曲)

8

ソング・オン・ザ・サンド(ラ・カージュ・オ・フォール)

9

星よ(レ・ミゼラブル)

10

White Christmas

11

きよしこの夜

 

あずなの感想はまたあらためて。(02.12.16)

 


戻る

HOME