Hindi FilmSong CD Review!!

ABCD | EFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ | Remix/Pops

 

Ajnabee
ありゃりゃ??Anu Malikは原点に戻ったか??
そう書くとちょっと大袈裟かな。でもヒンディ流行歌路線に戻ったように思いますぞ。こういうのは
Kumar Sanuがお得意ですね。Sunidhiとの「Meri Zindagi Mein Ajnabee」はなかなか良いですよ。ロマンティックヒーロー全開。
Sonu Nigmaも良いです。「Mujhko Neend Aa Rahi Hai」はめっちゃイヤらしい感じ。Sonu お得意のエッチィねっとり歌唱法で「くっちゅ」とか歌うもんだから、もう鳥肌〜!!ワウの効いたギターもエッチ効果抜群。
突然ラテン
×インディアンストリングスで終わっていく「Kaaun Mein?Haan Tum(Akshay Kumar,Bobby Deol,Kareena Kapoorなど参加してます)とか「アイヤ〜!!」とか入っちゃう「Kasam Se Teri Aakhen」(尺八風効果音流行ってるのか?)など、バラエティに富んでます。
今回は
Kumar Sanuに大注目ですな。
Anu Malik Adnan Sami
Kumar Sanu
Sonu Nigam
Udit Narayan
Alka Yagnik
Sunidhi Chauhan
Akhiyon Se Goli Maare
Govinda主演のコメディー映画のサントラってだけで、何となく予測が付いてしまうあたりが怖いですが、これも例外なく・・・です。
、ダンスの上手い
Govindaを生かすノリの良い曲がほとんどではありますが、フィルミーソングの古典(そんな表現でええのか?)に忠実な曲もありで、なかなか楽しめます。大御所Kadar Khanを踊らせる「Thumka Lagake Naacho」はまさにそれ。うっかり手拍子してしまいそうな楽しい曲です。
冒頭、結婚式シーンで流れる「
O Chhori Gori Gori」のJaspinderは久々に良いですねぇ。こういう派手な曲がやっぱり似合うなぁ。
'03 9/26
Anand-Milind Sonu Nigam
Udit Narayan
Vinod Rathod
Alka Yagnik
Jaspinder Narula
Sunidhi Chauhan
Sanjeevani
Amar Akbar Anthony
マルチスターシステムで作られたゴージャスな映画にふさわしく、曲のほうもゴージャスに出来てます。
My Name Is AnthonyGonsaves」なんかはAmitabhのコミカルな味を上手く引き出してて良いですね。
Laxmikant Pyarelal Amitabh 
 
Bachchan
Kishore  Kumar
Mahendra  Kapoor
Mohammad  Rafi
Lata  Mangeshkar
Asoka
Anu MalikRajesh Roshanばりに大作に挑むとこんな感じになりますっていうか・・・
映画の内容的にもミュージカルシーンが少ないし、挿入する箇所的にも難しいところではありますね。
Asoka Themeは非常に良い出来だと思います。エンドロールで映画の余韻に浸りながら場内が明るくなるのを待つ・・・という見方を、ぜひインド人にも知っていただきたい。無理だろうなぁ。
ゲストコンポーザーに
Sandeep Chowtaが参加。ShaanSunita Raoの若手ヒンディポップスシンガーにも注目。
'03 4/23
Anu Malik Abhijeet
Shaan
Alka Yagnik
Sunita Rao
Sunidhi Chauhan
Chitra
Awara
チャーリーチャップリンを思わす風貌のRaj Kapoorの名作。娯楽映画なんだけど社会諷刺の効いた、まさにチャップリン映画のようなのが、初期のRajには多いです。そのため曲もメッセージ色の強い歌詞が多く、それがまたインド人の心を掴んで離さないんでしょう。
Shankar Jaikishan Mohammad  Rafi
Mukesh
Lata  Mangeshkar
Baaz
うははは、SukhwinderShaanのデュエット〜、しかも何じゃこりゃ〜?と思ったのもつかの間、それなりにカッコよく聞こえてきました。
ほかの曲はもうとにかく
Ismailの世界、ここまで来ると様式美と言っても過言ではないかと。
でも若干弱いかなぁ。最近続々Ismail作品が出てますけど、その中ではインパクト薄いほうかも。曲数が少ない(同じ曲の男性・女性バージョンなどでダブっているケド)から、その分バリエーションがないというか、お得意の古典アレンジがないからというか・・・
'03 9/26
Ismail Darbar Roop Kumar Rathod
Sukhwinder Singh
Shaan
Mohammed Salamat
Vijay Prakash
Kailash Kher
Sadhna Sargam
Sunidhi Chauhan
Kavita Subramaniam
Badhaai Ho Badhaai
太ったAnil Kapoorが印象的な映画でしたが、サントラのほうは歌手陣を見ていただければ分かるように、かなりポップな仕上がりです。おまけにディレクターはAnu Malikですからなぁ。やたらに太ったAnil Kapoorのキャンパスライフを描くにはこのくらいポップにいかなければならなかったってことか?
しかし
Anu Malikのやりくり上手なところは見せつけられたような気がします。「Dil Mera Dil Bata」のギターリフ、何が始まるのかとワクワクしました。ツボを押さえられた感じです。
かと思えば「
Jogan Jogan」のようなかっこいい曲もあるし。この曲はちょこっと入るSukhwinderのヴォーカルが効果的ですね。ダンスも一部ドリフっぽい振り付けが良かったし。
'03 9/26
Anu Malik Shaan
K.K.
Kunal
Udit Narayan
Pinky
Priti
Anuradha Sriram
Bas Itna Sa Khwaab Hai
Chhota Sa Mann Hai」でちょっと嫌な予感もしたのですが(また最近流行りのRahmanもどきか?と)、それを払拭してくれるようなほかの曲のクオリティの高さ!
なんだかいろんなタイプの曲が入ってて、統一感が無いのがたまにキズですが、最近のヒンディFilmSongの見本市のようなつもりで聴けば許せるかと。
SukhvinderShaanがいいですねぇ。「Dil NasheenSukhvinderはベテランの貫禄です。ヒンディポップは、個人的にはこういう路線でと思ったりして。
Jhoomen Yeh Zameen」メッチャ渋いです。妙なメロディラインが耳に残りますね。
このアルバムではShaanの歌の魅力を再発見しました。
Alka相手にUdit系の甘いヒーローボイスを聞かせてくれてます。ホントですよ〜。
Aadesh Srivastava Sonu Nigam
Shaan
Sukhvinder Singh
K.K.
Roopkumar Rathod
Alka Yagnik
Hema Sardesai
Bobby
当時の流行を反映した曲がたくさん収められていますが、「Jhooth Bole Kauwa Khate」が特にオススメの1曲です。インドの古典音楽を下敷きに、ヒンディ映画史上歴史に残る名曲に仕上がってます。この曲は映像のほうもなかなかですので、ぜひ映画も見てください。
Twinkle Khannaのお母さん、Dinple Kapadiaがとってもかわいいです。
Laxmikant Pyarelal Shailendra  Singh
Lata  Mangeshkar
Chalo Ishq Ladaaye
どこを切ってもハイテンションなSonu Nigamが出てくる、金太郎飴のようなアルバムです。こういうのを歌っていたらさぞ疲れるだろうなぁとか考えてしまいましたけど、よく考えるとSonuはずーっとこういう歌い方だったのでした。
これまた
Govindaの映画らしく、踊りまくれる曲ばかり。若干女性パートが少ない気もしますが、このアルバムはSonuのテンションが高ければOKってわけで・・・。それなりに耳に残る曲もあるし、買いかどうかはわかりませんが、聴いてみる価値はありでしょう。
'03 9/26
Himesh Reshamiyya Sonu Nigam
Subha Joshi
Alka Yagnik
Kavita Krishnamurthy
Chalte Chalte
うひゃひゃ〜、SRKRaniのこのジャケがなんともファンの心をかき乱す〜!
そうかそうか、
Jatin-Lalitには2パターン(大雑把ですが)あるのじゃな。「DDLJ」や「KKKG」的フィルミーギート古典要素こってりタイプと、「PBDHH」やこの「Chalte Chalte」的ポップでナウな(爆)ライト感覚タイプ。で、そのライト感覚タイプだとAbhijeetを起用なのね。なるほど。
お馴染み
Udit&Alkaの歌う「Dagariya Chalo」はノリもよく楽しい曲ですね。Sonuの「Ghum Shudha」もイイ感じ。欲を言えばもう一ひねりあると更に良かったなぁ。タイトル曲は穏やかで爽やかな雰囲気なんだけど、なんか映像が・・・ファンにとってはよだれモノですけど。
'03 9/26
Jatin-Lalit Abhijeet
Udit Narayan
Sonu Nigam
Sukhwinder Singh
Preeti
Alka Yagnik
Chor Machaaye Shor
Bipasha BasuBobby DeolShil;a Shettyのコメディー映画のサントラ。とはいえ、Bipashaが出ているだけで何となくスタイリッシュな雰囲気を醸しているから面白いですねぇ。
Anuradha Sriramのかわいい声が印象的な「Chhadh Gayi Chhadh Gayi」、いしゅかないしゅかな〜♪が呪文のような「Ishqan Ishqan Ho Gayi」と、かっこいいアレンジの曲がきて、突然「Aankhein Hain Teri Badi」で現実に引き戻されるというのはAnu Malikらしくて、ある意味安心します(笑)。
最近めきめき頭角を現している
Anuradha Sriramとポップス界の巨漢Adnan Sami、普段は完全脇にまわっているVinod Rathodの3人が素晴らしい、ちょっと珍しいアルバムでもあります。
'03 9/26
Anu Maliik Sonu Nigam
Udit Narayan
Vinod Rathod
Adnan Sami
Anuradha Sriram
Sunidhi Chauhan
Dimple Verma
Chori Chori
明るくてさわやかな曲が揃っています。映画のほうは見てませんが、曲から想像するに、甘くてちょっと切ないラブロマンス・・・でしょうか?ありがち過ぎて想像しなくてもわかるかな。
Alkaが歌う”Mehndi Mehndi”、”Chori Chori”はさすがベテラン、安心して聞いていられます。Sunidhiの”Main Ek Ladki”も軽やかで良いですね。
程よいポップさと昔ながらのヒンディ映画サントラの良いところがうまくミックスされた佳作でしょう。
'03 4/23
Milan Luhria
Lalit Kapoor
Sajid Wajid
Babul Supriyo
Kumar Sanu
Udit Narayan
Adnan Sami
Sabri Brothers
Alka Yagnik
Sunidhi Chauhan
Afroz Bano
Fareeda Khan
Deewangee
Ismail Darbar初のサスペンスもののサントラ。個人的にはこの人にサスペンスものを作らせちゃダメだよ〜と思うんです。妙にはまりまくって映画を見終わった後にもずーっと尾を引きそうだから。
で、どんな出来栄えかというと、やっぱり良いんですよねぇ。かっこいい曲はとことんかっこ良く、悲しい曲はとことん悲しく、すごいです。ヒンディー映画の作曲家さん達はみんな作れる曲の幅が非常に広いと、常々感心していましたが、この人は特に素晴らしい。「
Hai Ishq Khata」を聴いてそう思いました。絶妙なブレイクとラッパ、インド古典楽器とディストーションの効いたギターなど、とにかくカッコいい。
観客が一緒に歌ったり出来る曲は確かに少ないですが、サウンドトラックという意味の世界標準を考えると、これが普通ですな。
ちょっとくどいくらいに
Deewangee連発ではありますが、Ismail Darbarの世界が堪能できるアルバムだと思います。
'03 9/26
Ismail Darbar Sonu Nigam
Udit Narayan
Babul Supriyo
K.K.
Alka Yagnik
Kavita Krishnamurthy
Jaspinder Narula
Sunidhi Chauhan
Mahalaxmi
Devdas
このところ立て続けにIsmail Darbarの作品が出ましたが、これはもう非の打ち所なし。
ストーリーや映像もすばらしいですが、このサントラも間違いなくすばらしいです。音の厚みや間を非常に緻密に計算してあり、心地よい緊張感があります。
今までの
Ismail Darbar作品の中では一番古典要素の強い作品ですが、ヒンディ映画サントラを聴いたことのない人にもぜひオススメしたい作品。
'03 4/23
Ismail Darbar Udit Narayan
Vinod Rathod
Pandit Birju Maharaj
K.K.
Shreya Ghosal
Kavita Subrakaniam
Jasinder Narula
Dhaai Akshar Prem Ke
Jatin−Lalitお得意の路線ですが、主演のAishを意識してか、ちょっときらびやかな印象です。
中でも「
Yeh Sama Yeh」は素晴らしい出来で、本当にAishの為に作ったような感じですね。タイトル曲もGood
Jatin-Lalit Babul  Supriyao
Kay Kay
Anuradha  Paudwal
Dil Ka Rishta
Sapna AwasthiJaspinder Narulaの二大フィルミー民謡歌手の競演が目を引きました。しかも同じ曲(Saajan Saajan)を別テイクで歌っているという、何ともニクイ演出。個人的にはSapnaに軍配が上がったかな?
全体的にふた昔前くらいのホームドラマなんかに流れてそうな、ほのぼのノッペリな曲が多くて、ありゃ?ほんとにこれ
Nadeem-Shravan??と思ってしまいました。あまり良い出来とは言い難い・・・
'03 9/26
Nadeem - Shravan Kumar Sanu
Udit Narayan
Babul Supriyo
Alka Yagnik
Sapna Awasthi
Jaspinder Narula
Sarika Kapoor
Dilwale Dulhania Le Jayenge
どれも名曲揃いなのですが、特に「Ho Gaya Hai Tujhko To Pyar Sajna」は良いです。LataUditのデュオの中でも出来は最高級じゃないでしょうか。
ストーリーにぴったり合った曲を作るのが上手い
JatinLalitならではの作品だと思います。
Jatin-Lalit Abijeet
Kumar Sanu
Udit Narayan
Lata  Mangeshkar
Don
全編「ヤバい」感の漂うカッコイイ作品。今聴いてもわくわくしてきます。
Amitabhの作品は名曲が多いですが、このサントラは押さえておいたほうがいいでしょう。映画のほうも相当カッコ良かったですが。
Khaike PaanBanaras Wala」が良いですね。Amitabhお得意の酔っ払い系です。
Kalyanji Anandji Kishore  Kumar
Lata  Mangeshkar
Dum
やっぱりSandeep Chowtaという人はハードロック好きなんでしょうねぇ。タイトル曲、どうにかならんのか。「Mast」をはるかに超えちゃってます。まぁ主演のVivek Oberoiのイメージとはうまく重なっているかもしれませんが。15年前くらいなら素直に「おぉ、かっこいい〜」と思えたかもしれません(涙)。
特筆すべきは「
Bijli Giri」。サントラでは2バージョン入っていてリミックスは別になってますが、映画の中では後半にリミックスをつなげて1曲になっています。この方が良かった気もするが・・・。とにかくかっこいいですよ、これは。最近のキャバレー(?)シーンはえらいセクシーなんだなぁと口を開けて見ちゃいました。
Dil Hi Dil Mein」もいいですね。男臭いテーマの映画にこういう曲があるとほっとします。
'03 9/26
Sandeep Chowta Sonu Nigam
Sukhwinder Singh
Sandeep Chowta
Jolly Mukherjee
Sonu Kakkar
Sowmya Raoh
Anuradha Sriram

Back to Japanese Pege