'04.3〜 / '03.12〜'04.2 / '03.9〜11 / '03.5〜8 / '03.1〜4 / '02


2005/06/10

    pirocchio is gone. . .

              where is he ???

    maybe arrested in jail ?

              arrested by the left side of the brain. . .

    m_ _m

    (モウ スコシ・・)



2004/08/01
    夏ですなあ‥。

    青い空に、白いもくもく雲、蝉の声、子どもたちの焼けた肌。

    海外に出る人も多いようで。避暑地に行く人とかさ。いいな。

    僕は、別に。

    久しぶりにアイスクリームを食べたら、期待通り、美味しかった。‥から、良しとしよう!

    みなさんのなかにも、きっと何処か素敵な所へお出かけの方もいらっしゃるのでしょうね。

    今年最初で最後の夏をいっぱいお楽しみくださいませ。

    p。s。
    中島らもさんのサイトに行ったら、らも夫人が一文添えていらっしゃったのを、知った。
    ファンへの心遣いや優しさに満ちた文章で、なんだか心が楽になった。
    僕は(あり得るいろんな事情なんかは想像せずに)あの文章をそのまま受け取らせて貰います。
    らもさんの「白状」、目に水が溢れるぜ。


                              青空‥



2004/07/28
    昨夜、中島らもさんの訃報を知った。

    らもさんの書く文章が好きだった。

    『明るい悩み相談室』なんて最高だった。
    『ガダラの豚』のエンターテイメントぶりは凄かった。文章から映像が立ち上がって、文字通り鳥肌が立った。

    罠がたくさん仕掛けられてるみたいな独特のしゃべりも、流石という感じだった。

    お酒も葉っぱも存分にやって、運命という名のチャリンコに乗って/縛り付けられて、断崖から落っこちてったみたいな、そんな感じの一生。

    もちろん、哀しいし、寂しくもあるし、残念で一杯。

    でもそんなふうに思わなくてもいいのかもしれない。

    らもさんは、そんな気持ちにさせるところがある。

    みんな死ぬ。ぼくも。あなたも。

    ただの自然現象でした。

    多分、「たくさん楽しませてくれて、ありがとう。」ってことか。

    らもさん、ありがとうございました。



2004/07/26
    今夜の月を、みなさんは見られたでしょうか。

    半月で、どうってことないようだけど、何かがいつもと違って、ひどく美しく見えました。

    なんなんだろう? 僕だけなのか?

    思ったのですが、月は実は一つじゃないということ。 いつも違う。毎日。

    だから、今日のは67兆3522億‥56番目の月。

    月達の中でも評判の瓜実顔。

    ほほう、それでね、なるほどね。


    だからと言う訳じゃないですが、ビスコ(お菓子)を買った。

    半世紀ぶりに食べましたが、なかなか たのしい味でした。

    グリコによると、小さなビスコ1枚のクリームのなかに乳酸菌が800万個、入っています。

    乳酸菌、小さいんだね。



2004/07/18
    NHKの「日曜美術館」で陶芸家の河井寛次郎を特集していた。

    寝ぼけ眼でぼんやり見ていたけど、すごくすごく良いので驚いた。

    僕は10年位前になるかな、京都の河井寛次郎記念館で色々と作品を見て、それなりに感動した覚えがあるけれど、その思い出よりぜんぜん、良いものだった。

    あの何とも言えない かたち そして色。。。

    焼き物などはある程度歳を重ねないと理解できない世界かもしれないですね。これからどんどん好きになる気がします。

    ああいうものを手元に置いておけるといちばん良いですけれどね、ほんとうに。

    眺めたり、触ったり、たまには用いたり。

          *  *  *

    もうすぐ夏休み、という方もいらっしゃるでしょう、
    みなさん京都に行かれたたら、寛次郎記念館、お薦めします。



2004/07/10
    今日も暑いですね。

    布団を百枚干しました。

    町で危ない目つきのムルソーに煙草をせがまれました。

    帰宅すると、溶けたアスファルトの「はね」でズボンとスニーカーが黒く点々になってるじゃありませんか。これは こすっても落ちない。

    猫は にゃあとも鳴きませんでした。



2004/07/07
    暑い! なんて暑い!

    明日もかなり暑いとのことですが、なんだかもう、頭の芯がぼーとしてきます。

    参りますね。参りました。

    ところで今日は七夕で、近所の幼稚園の前を通りかかったら、たくさんの短冊や飾りを付けた笹竹を見ることが出来ました。

    すこしだけ涼しい気持ちになりましたよ。

    p。s。
    ゆでさん、書き込みありがとうございました。
    また僕の絵をお披露目させて頂くときは ここでお知らせしますので、ぜひいらして下さいね。



2004/07/02
    今夜ローチをやった。

    黒い大きなローチをだ。

    ローチっても、名作「ケス」を撮ったケンさんじゃあ、ないよ。

    「瞬間ゴキパオ」なる泡で包んじゃう新兵器で私はシュシューっとやったのよ。

    ふー、目下のストレスが軽減されたぜ。もう奴はただの白い泡だからさ。

    兵器には、「ローチが大キライな人用」との但し書きがあり、思わず、「ハイッ」と右手を挙手しそうだったね。

    え? ‥ひょっとして、あんたも買ったのかい?



2004/06/30
    午前中は雨と、あと雷も鳴っていた、今日の東京。

    でも午後には晴れが戻った。気持ちのいい陽気でした。

    夕方に吉祥寺の絵本屋さん「TOM'S BOX」に行った。けっこ ひさしぶり。

    沢野ひとしさんの展覧会がやってました。良かったです、かわいかった。

    やっぱ、絵はいいわ。絵本はいいわ。

    ちきしょー!ロケロー!



2004/06/27
    今日は涼しくて、とても過ごしやすかった。

    朝の散歩途中で 楳図かずおさんを見かけた。赤のボーダーTシャツに麦藁帽、遠くからでも分かります。

    さて、去年ピロッキオ展を開かせて頂いた(今年も秋に予定しています)、東京・西荻窪の「ル・ミディ」のホームページをリニューアルしましたので、お知らせします。

    ル・ミディはフランスの古道具や各種プロヴァンス製品、吉本ばななさんも買われたというオリジナルのドライフラワーなどを扱う素敵なお店です。ぜひ飛んでみてくださいね。

    ただしお店の方は 明日から3週間お休みなので ご注意を。
    オーナーがフランスへ買い付けに行かれるのです。(行きてー!)

    新入荷を楽しみにしていよっと。

    Le Midi website  (by Pirocchio)



2004/06/26
    鏡を見たら、自分の舌が青くなっていたので、驚いた。

    その前に僕はペプシを飲んだのだった。外はとても暑かったからね。

    知らずに買ったそのペプシは "blue"という新商品で、実際blueなのだ。
    冷蔵庫に入れておいた飲み残しを見て、それが青いコーラであることを確認した。

    舌も青くなるわな。

    思えば、子どもの時には怪しげなお菓子で、赤くなったり黄色くなったり、青くなったりしてたんだった、僕のべろ。みんなのべろ。

    ・・・

    そう思うと、急に夏がやってきた感じだった。入道雲とか、感じてしまった。

    にゅうどうぐも。‥この言葉、ずっと使ってない気がするのはどうしてだろう。



2004/06/25
    今日のニュース。

    個人的バッドニュース。

    道で、ぺしゃんこのカエルを見た。

    帰り道で、ぺしゃんこのカエルを見た もう一匹。

    今回は見ただけじゃなくて、自転車で踏んだ。けっこう堅かった。リアルだった。



2004/06/23
    あつい!
    あついですね、昨日から。みんな薄着です。

    さて、クリンペライさんからメールが来て、新しいサイトがオープンしたとのこと、嬉しさとともに皆さまにもお伝えさせて下さい。

    Klimperei website

    ぼくはやっぱりクリンペライが大好きなんだ。ほんとにほんとに大好きなんだ。

    上記サイトの方、ぜひ飛んでみてくださいね、皆さん。



2004/06/15
    梅雨は田畑の為には必要であろう。
    あろうけれども、ここ数日のように天気がすこんと良いのはやっぱり嬉しい。
    じめじめすると、服も布団もじめじめ、気持ちもじめじめしがち。

    ‥それにしても、こういう日本語の感覚が好きである。だって「じめじめ」だよ。もう、とってもじめじめして、気持ち悪い感じ、リアルだもん、うまい表現だと思いませんか。

    似たような音で、もじもじ、ってのもあって(似てないかな)、意味はぜんぜん別物ですが、これも面白いですよね。

    何処から、いったい、うまれたのか。誰が言い出しっぺだったのか。誰かが言い始めたんだよね。のいのい。あー、全くぬえぬえ。



2004/06/10
    徹夜しごとをしていたら、ひとつ、嬉しいことがあった。

    早朝のTVニュースを付けて、音声だけ聞いていたら、繰り返し「浅井さん」という名前が呼ばれた。音楽がどうの、という言葉も耳に引っ掛かった。

    「浅井さん」で音楽、と来れば、僕にはひとつしかない。

    僕の大好きな浅井健一さんである。

    振り返ってテレビ画面を見たら、ニュース読みの女の子がカラフルな本を紹介していた。

    『TED TEX』

    未読だけど、良いに決まっている。少なくとも僕はそう感じるだろう、それは分かってる。

    千原兄弟というタレントさんがお気に入りの本として推薦してくれたみたいです。それで紹介されたみたい。

    いいねー、千原兄弟。 目の付け所がいいぞ、兄弟! ありがとう!



2004/06/08
    今日はなんと、金星が太陽の上を渡ったのであった、んですね、テレビで知りました。

    日本で見られたのは130年ぶりだとか。

    なんか、久しぶりに自分が宇宙のなかのちっぽけすぎる存在に過ぎないこと、思い出した。

    まったく、地球なんて塵みたいなものですよね。それで僕は塵の上のそのまた塵。

    宇宙的視野ってやつ。たまに思い出すと良いな。

    あー、金星があんなにちっちゃいなんて、太陽があんなにおっきいなんて、知らなかった。

    金星が、小さな子どもに見えました。

    空はすごい。

    すごい!!



2004/06/03
    今夜は満月。

    夜空をすごく明るくしてる。

    懐中電灯みたいな月。びかーー、って。

    何でも見てるでしょ。

    実はぜぇんぶ知ってるでしょ。



2004/05/30
    イラクで日本人ジャーナリストが撃たれてしまった、というニュース。

    戦争で片目の視力を失った少年を日本に連れ帰り病院治療を受けさせるつもりだったとか‥。

    このようにして命を落とす人もいるのですよね。

    あー。。。。。

    べつにむかしからそうなんだろうけど。

    。。。。。。。  



2004/05/29
     ひと月ぶりの更新になってしまいました。
    この間アクセスしてくれたひと、ごめんなさいです。

    なんか心が濁り水になってた感じ。にがり水は体に良いと聞きますが。

    遠い空の下、鉄塔や給水塔や煙突たち‥ が見えなくなったら、まずいの兆候なんだ。

                     * * *

     さてさて、indexは珍しく4駒になってます。

     これは名古屋のフリーペーパー制作グループ "noh activations"の依頼で作ったもので、
    4枚のシールになってます。

    頂いたお題「溢れる情報(と、その儚さ)」に基づいて作りました。

    4駒のストーリーがうまく伝わるといいんですけど。

    p.s. フリーペーパーは箱入りの豪華版。ただじゃないみたい。名古屋の人は見かけたら手にとってみてくださいね。  



2004/04/29
    なんか毎日、すごくいい天気。空気が気持ち良くて、思わず散歩したくなる。空がきれい。

    少雨の嵐みたいな、こないだはそんな日もあったけれど。

    僕は風が大好きなので、たまにそういう日もあると嬉しい。

    ゴールデンウィークが始まって、もうニュースでは海外組の人たちをレポートしてた(うらやましい)。僕は特に何処にも行く予定はないけれど、散歩はたくさんしようと思う。

    みなさんの中には、きっと旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。
    めいっぱい楽しんできてくらさい。

    ‥ところで僕は、「チーズおかき」に はまり始めたようです。



2004/04/24
    今日は、いい一日でした。

    朝起きると、まずは近所の大きな公園を散歩した。気温は少し低め。青く晴れた空。

    春の若々しい緑をじっくりと味わったのは、案外、この春 初めてかもしれない。

    木々は若い生命力に満ちてこぼれそうな勢いで、枝葉の隙間を日の光がきらきらと舞っていた。

    そんな背の高い木々たちを、何本も何本も眺めながら歩いた。

    そうして緑が眼に良いのは当然と思った。

    昨夜なぜかMD録音した映画「ミリオンダラー・ホテル」を聴きながら歩いていた。

    耳の中は英語で、だから僕はそこをNYCのセントラルパークとした。

    小一時間ほど歩いて、公園近くのスターバックスに寄った。

    熱いコーヒーを持って、テラス席に座った。

    外国人、犬連れの人が多く、英語やスペイン語が耳に入ってくる。

    だから僕はセントラルパークを続けられた。

    * * *

    帰宅すると、昨日知人から頂いた山菜(こしあぶら)を茹でてお浸しを作った。

    鰹節を生姜を添えた。白いご飯。お茶。簡素だけれど、美味しかった。

    * * *

    戦争が続いていることを知っているけど、別に。

    いい一日でした。



2004/04/15
    3人の人質が無事解放されたとのニュース。

    良かったですねー。はー‥。

    この人たちがどんな人たちなのかあまり知りませんが、その志や活動には非常に素晴らしいものがあるらしいですね。きっと止むに止まれぬ気持ちで、危険を冒して行ってしまったのでしょう。

    結果的にたくさんの人にたくさんの心配や迷惑をかけてしまったですが。

    とにかく、無事だったのは良かったです。

    でも日本人はまた別の2人が人質になってるようですし、各国の人々に対しても同様の事件がたくさん起こっていますし。。。これからどうなるのか、読めないです、イラク。

    何だって起こりうるのかもしれない。


    (だけど、これってそもそも、何だったのか。)



2004/04/07
    あたたかい一日でした。道端で僕はつむじ風を見ました。

    風は目には見えないので、つむじ風の存在を 僕達は 落ち葉の動きなどによって知る。

    だけど今日見たのは、さくらの花びら。

    僕の目の前で 小さな桃色の花びらが くるくると回ってみせたのだ。

    「つむじ風」とは、トウ・シューズを履いた妖精がくるりとトゥールしたもの、

    僕の「なになに辞典」(p.1318) に載っていました。

    さすが、春。


     東の方から火薬の匂いがするけれど。



2004/04/04
     新年度スタート。街もフレッシュな感じ。新人の人々。上京したての人々。発散される不安と期待。

     さて、先だってのエイプリルフールにここで一言、言おうと思ってたのですが、もう一つお話が決まらなくて、アップしませんでした。

     そのお話のなかで、僕はピッコロを吹きながら青山界隈を練り歩き、街の女・子どもを酔わせたり、表参道駅交差点角のみずほ銀行に立ち寄って13億ほど引き出したり(すごく大荷物になったので、10は捨てました。)、イタリア産の一流ブティックで棚毎の買い物をしたり、ジャック・シラクからの電話でNATOの記念式典への参加を懇願されたり、ウィノナ・ライダーに10年位前に貸した本とCDを、ようやく本人が持ってきてくれたり、‥いろいろ大変だったんですけどね。

     いやいやいや。



2004/03/29
    夜の道には帰路の人々。

    片手にはブリーフケースやハンドバッグ。

    一日の疲れを背負って歩く いくつもの後ろ姿。

    あの人も あの人も、みんな それぞれの家やアパートメントに向かっているんだろう。

    だけど、あの後ろ姿 みんなが ぼくたちが、'本当は' どこに帰っていくのか、それだけ いつも分からないんだ。

    折りしも 桜が満開で、やっぱり今年もすごく綺麗で、そして幾ばくかの哀しみを伴っていて。



2004/03/26
    街のカフェテリアで昼食をとった。

    少し離れた席で、若い母子がパスタを食べているのが見える。

    3,4才の幼な子は 頭を上に向け おしぼりを目の上に乗せて、両腕をぐるぐるぐるぐると回している。

    ーあれはなんだっけ。。。

    姿勢を元に戻すと、レモンスカッシュを飲みながら、つまり口にストローをさしたまま
    ぐるぐるぐるぐる やっている。

    ークロール。。。

    クロールするのに夢中なんだね。それしか頭にないんだね。

    そういうの なかなかうらやましいもの、ひるさがり。



2004/03/19
    桜がちょこっとずつ咲いてきましたね。

    サッカーもオリンピック出場が決まって、良うござんしたねぇ。

    新しいindexは、かわいそうな兵隊さん、です。



2004/03/17
     更新を空けてしまって、ずびばぜん。。
    この間アクセスしてくれた方、ずびばぜんでした。。

    なかなか気分になれなくて空けておりました。

     さてそれでは半月振りのジャーナルを。ー宜しければまたお付き合い下さい。


     夜のニュース番組を見ていたら、僕たちの国の憲法についてのコーナーがあった。僕は途中から見たんですが、大江健三郎さんが登場するVTRなんかもあった。

     コーナーの最後でキャスターの久米宏さんが私見を語った。
    「日本の憲法の第9条は、日本が世界に誇れるものの一つ。だってそれは世界の理想を謳ったものだから。半世紀前の戦争で日本は2発の原爆を体験した。そのような悲劇の後、日本国憲法が生まれた。所詮 連合国軍が作ったものじゃないかという人もいるが、それを日本の国民は自らの憲法とすることを認め、受け入れたのだから、やはり我々の憲法というべきだろう。」

     久米さんは、だからそのような大切な憲法を我々は大事にすべきだ、というスタンスで語っていた。そこには一定の熱がこもっていて、僕はそれを感じた。

     そして僕は思った。うーん、そうだよなー、と。なんか素直ですけど。
    で、改めてさっそく読んでみました。こちら 読んでみて下さいませ。第2章を。第9条を。かっこいいよね。かなりかっこいいよね。相当大事だよね。

     そろそろ東京でもテロが‥、って うすうす感じてる人、少なくないんじゃないかな、と思っている。

     今日、9条を読むことは、ほんの1グラムくらいかも知れないけど、なんか意味があるんじゃないか、と思ってます。

     僕はそれを空気みたいだと思ってるけど、それは間違いなのだろう。あれは人が作ったんだ。意志があったんだ。悔いとか反省とか、希望とか、願いとか、そういうのの上に出来たんじゃない?

     ‥と、いう風に、少なくとも今日は感じて思って、、なんだけど。



2004/03/03
    寒い。花粉が減るのは助かりますけど。今日は雛祭りでしたね。


2004/03/01

    それにしてもサッカーとか見てる場合じゃないけど、見る、見るだろうなぁ。。
    ひひ、楽しみ。