足立区のたけし、世界の北野

8月27日

高田「さぁ、今週もやってまいりましたが」

殿「何もスタジオこんなに広いとこでやんなくたって。何か貧乏人が始めて家建てたみたいによ(一同笑)。『どうですかこれ』なんてよ。それで和服で出てきちゃうんだ、みんなな、ヘコ帯しながら。何も今までの4階の貧乏なスタジオからここに変わっただけで、こんなカメラワークしなくたっていいじゃない」

高田「大騒ぎですよ、カメラワークまで。動き出しちゃってみんな。しかしまあ、監督が映画撮ってる間に、若い衆が大活躍じゃないですか、軍団みんな。連日誌面を賑わして」

殿「やかんがあれだってな」

高田「まずなべやかんがね、アジアベンチプレス選手権で金メダル、これ」

小島「え?何ですか、ベンチプレスって?」

高田「持ち上げるやつだよ、こうやって。『アジアベンチプレス選手権、金メダルを獲得』って書いてあるぜ」

小島「でもすごいですよねぇ」

高田「なあ、どこでやったんだかな、これ」

小島「力持ちなんですねぇ」

高田「できましたよ、スリービート結成」

殿「お前、しょうがないよ」

高田「ビートきよし師匠、すごいですよ」

殿「何考えてるんだろうなぁ」

高田「スリービートをやることを宣言してます」

殿「で、大喧嘩したって書いてあってさ、でも本気にしてるやついたぜ、これ」

高田「あ、そう?破門騒ぎを?」

殿「うん」

高田「東スポだからね、あれね」

殿「そいで本気にしてるやつがいて、知り合いにちょっと、ガラの悪いおやじが『タケちゃん、浅草キッドっての、そんなに恩知らずなのかね?何だったら、うちの若いやつが締めちゃおうか?』って、『ちょっと待って下さい、やめてよ、関係ないですよ、やらせですから』『あ、そうか。恩知らずだと思ってさぁ』」

永田「あたしもそうだと思ってた」

殿「馬鹿だなぁ。東京スポーツなんか、裁判何回もやって勝ってんだよ。東京スポーツがこないだも裁判になって、『東京スポーツは、みんな新聞として見てませんから』って判決なんだから」

小島「それ、いい事なのか悪い事なのか」

殿「SF的なんだって(笑)。だから関係ないって。それで東京スポーツは小さく勝ったって書いてるんだけど、こんな小さいんだ、恥ずかしくて。理由書けないんだ。『訴訟に勝つ』って。ダンカンがまた泥棒捕まえたんだって」

高田「これがすごいらしいよ」

永田「ダンカンさんねぇ!」

高田「これがもう、一面ね、ほんとびっくりしました。最初ね、『ダンカン逮捕』って書いてあるからさ、捕まったかと思ったら、ここに指名手配を捕まえた訳だな」

小島「ダンカンさんち、泥棒入ったんですよね」

殿「それがまた、囮捜査なんだよ」

小島「え?やらせだったんですか?」

殿「ずーっと入り口開けて待ってたんだ、こうやって。それでね、100円玉ずっとね、道路からまいててね。トーットットットって、鶏に米を置くみたいなもんなんだ。それで入ってきたらバッて捕まえようと思ったんだ」

永田「でも何か、傷見せてたじゃないですか、ダンカンさん」

殿「自分で付けたらしいんだ。大体その前にお前、ロカルノ映画祭ってよ、賞もらったんだって?」

小島「そうですよね、『生きない』。すごーい」

高田「ロカルノ国際映画祭。見にいってたんだ?」

ダンカン「はい。賞をいただいて、その一週間後に泥棒を」

殿「だって、これ映画祭ってのは、高校生8ミリ大会みたいなもんなんだろ?」

ダンカン「いやいや、立派な、ヨーロッパでは51回の歴史を重ねてる賞ですよ。これちょっとあの、記者会見でも使ったんですけど(エッフェル塔の横にサッカー選手のいる置物)。これ殿に」

殿「ワールドカップじゃねぇか」

高田「(笑)球蹴ってるじゃねぇかよ!」

ダンカン「かっこいいじゃないですか。エッフェル塔のとこにサッカーのボールがあって」

殿「出来の悪い、これ何だいこれは」

小島「値札付きですか?」

ダンカン「そうそうそう」

殿「これは作りが悪いね、どうも」

高田「貧乏臭いね」

殿「これ、東京タワーのお土産だってこんなの無いぞ、お前」

高田「ほんとだ。技術無いね、また」

永田「ダンカンさん、国際人ですね、これで」

ダンカン「違うよー」

殿「馬鹿野郎。俺がお前、いかにヨーロッパで有名かって、その結果だよお前だった。俺のあれだからってコンペ出してくれたんだよ」

ダンカン「どこ行っても『キタノ、キタノ』って言われるんですよ」

小島「知ってるんですね、たけしさんを」

ダンカン「町歩いてると、『よっ!キッズ・リターン』とか声かけられるんですよ」

高田「そんな『よっ!キッズ・リターン』って、『よっ!』は無いだろ!(一同笑)」

殿「何でキッズ・リターンなんだろ?やってたのかな」

ダンカン「やってたんじゃないですかね」

殿「『HANA−BI』ってのやってたのかな」

ダンカン「『HANA−BI』やってたんじゃないですか」

殿「どうだい、大したもんだろ、な?」

小島「すごいですねぇ」

殿「やらせろ」

小島「(笑)でも、たけしさんヨーロッパ行ったらもう、選び放題なんじゃないですか?」

殿「お金出せば?そりゃオランダ行けば選び放題だよ。みんなガラス窓にこうやって張り付いてるよ。それでSMは鞭が吊ってあるんだから。それがすごいだろ?冗談じゃないよ」

小島「林真理子さん妊娠四ヶ月なんですね。高齢出産で心配って言ってましたね」

ダンカン「体外受精ですもんね」

永田「どうやってやるんですか、体外受精って?」

殿「体外受精、卵子取って、旦那の精子入れて受精させて、また子宮に戻すんだよ」

小島「子宮を取って…」

ダンカン「子宮を取ってどうすんだよ!」

殿「ビーッツだよ、それじゃお前」

戻る


ジオシティーズの入り口へ このコミュニティの入り口へ ご近所を訪問する