[→トップページに戻る]
アマチュアオーケストラ奏者のホームページ集

アマチュアオーケストラで様々な楽器を演奏しているorしていた方々のホームページを集めました。
下に行くほど、新しいリンクです。


Tromboneな日々。 もと徳島大学交響楽団のトロンボーン奏者&指揮者で、現在も函館市民オーケストラのトロンボーントップとしてご活躍中のBACCHUSさんのページ。 音楽関係リンク充実。トロンボーン奏者の特徴分析や「語録」がめちゃ楽しい。
赤瀬善太郎☆作品集 九大フィルのVn赤瀬善太郎さんのページ。ヴァイオリン力学はヴァイオリニスト必見!!他にも、大ボケ君という漫画から、収束電子回折図形のエバルト作図、火成岩の歌まで幅広く網羅されていて、楽しいページです。
Wassan's Home Page 山形大フィル、山形フィル、島森室内合奏団で、2ndやビオラを演奏なさる、英さんのページ。「クラシックのススメ」は、クラッシク音楽をもっと身近に、自由に楽しもうという提案です。小さいときからヴァイオリンを習っていた方の視点は、大人になって始めた者にとっては、かえって新鮮。宇宙物理学者で、車がお好き。本業の解説は私には理解できなかったけど(^^;)なんだか面白そうです。
日曜楽士 いろいろなオケでVnを弾いておられる、ちゃい子さんのページ。私と同じく、パーカッションからの転向?で、大学オケからVnをはじめられたそうです。アマオケのお作法は、アマオケ奏者必見!
シャコンヌ酒井's HP バッハのシャコンヌに惚れ抜いている、その名もシャコンヌ酒井さんのページです。ピアノ→トロンボーン→フルート→トランペット→ヴァイオリンって、かなりオールマイティーな異色の経歴?の持ち主の、大学オケからヴァイオリンをはじめた同士です。Violinのコーナーの解説は簡潔かつ丁寧でわかりやすいのでお勧め。何よりも、シャコンヌのMIDI集がすごいです。
KIMI's WORLD 慶應義塾大学アインクライネスオーケストラのヴァイオリンパートKIMIさんのページ。6歳からはじめて、アメリカでも弾いていたという…なんだか羨ましいような経歴の持ち主。バイオリンわーるどの他にも、様々な掲示板やチャットがあり、双方向性のある構成です。ここのリンク集は、厳選素材という感じで、密度の濃い役に立つページが集められているので、助けられました。ただし、現在、リンク先消失中
fromme's homepage 大阪府大・女子大オケPercのたつみひとしさんのページ。なんと指揮や作曲・編曲もされる方です(すごい!)。打楽器関連のリンク充実。ここには、関大オケも所属している「オケ連」こと「阪神学生オーケストラ連盟」の非公式HPオケ連 fan clubもあり、関西の大学オケのいろいろが調べられます。
よが Home Page 芸工大オーケストラでヴィオラを弾いておられる小川雄幹さんのページ。Violaのお稽古解説Ver.2(未完)はヴァイオリンにも十分対応できる、すばらしく高度な内容。ほんとすごいわ〜。中途半端な技術書よりも、役に立つと思います。必見!! で、こんなに真面目な内容のコーナーがあるかと思えば、マクドやモスやカレー屋さんの話もあったりする…かなり笑えます。傑作です(笑)トップページの登場の仕方も凝ってますねぇ。
Der Leiermann ユリウス室内管弦楽団のクラリネットの「Leiermann(ライアー回し)」さんのページです。パソコン苦手…なんておっしゃりながらも、できたページはこの通り。う〜ん、凝ってるなぁ。デザインもさることながら、モーツァルトやクラリネット…はまりにはまって書いたてはりますねぇ(笑)ええ、人のことは言えませんけど(^^;)
Makopi's Home Page ユリウス室内管弦楽団のフルートのまこぴさんのページです。アマオケやフルートに関する音楽のおへや あり。まこぴのひとり言、 すきすき、Pingu!!、デジカメ写真館など、いろいろな企画があって楽しいです。共同チャットもあります。私にはまねできそうにない かわいいページです。ただし、現在、リンク先消失中
亜愈離の第一歩 元龍谷大オケのフルートで、龍谷大在学中に相愛大学音楽学部に編入移籍された亜愈離 さんのページです。短歌や詩がいっぱい。キティちゃんが大好きなお方です。
フルート吹きの部屋 近畿大学交響楽団でフルートを吹いておられる、もっちさんのページ。なんともかわいい、すっきりしたデザインで、センスいいですね〜♪フルート大好きなんだなぁっていうのが、にじみ出ています。そして、これぞ非公式ページの魅力!というのも変な話かもしれませんが、近大オケの様子がよくわかります(^^)ただし、現在、リンク先消失中
曲解!? クラシックへの勧誘 愛知県の刈谷市民管弦楽団の打楽器奏者Msさんのページ。クラシック音楽について、一風変わった視点から 独自の解釈も交えて語るMsさんの刈谷市民管弦楽団定演パンフ用曲目解説(略称「曲解」)がメインです。 演奏会のパンフといえば、難単語羅列の超マニアック曲目紹介が多い中、素養のない私のような人間にも楽しく読める、この読みやすさは特筆もの。他にも、音楽への愛情が感じられる文章が豊富にあります。
Das Orchester und ich 我が関西大学交響楽団Vnパートのかずちゃんのホームページです。外にいては全く分からない、貴重な現役団員の日常がつづられています。関大オケの現役団員やOBも多くつどっている模様。今の関オケが知りたい人は、ぜひ行ってみましょう。
S・H・H (Say Hello to HAMELN) 大人になってからヴァイオリンを始め、今アマオケでご活躍中のSAYさんのページです。「ハーメルンのヴァイオリン弾き」というマンガ中心。♪そんな時代もあったねと♪というヴァイオリン日記があります。 
にゃんこ先生の音楽室 大学に入ってからヴァイオリンを始め、現在区民オケで活躍中のイオリさんのページです。アマオケについて、ヴァイオリンについて、初心者が知りたいと思われる情報満載。思わず頷くことばかり。楽しく読めます。おすすめ!ただし、現在、閉鎖中
船の上のバイオリン弾き 6歳からバイオリンを初め、現在は市民オケで活躍されているよっちんさんのページ。「幼い頃は苦行だったはずのバイオリンが、今となっては仕事よりものめりこむ」までのいきさつが非常に楽しく綴られています。私が一番興味を持ったのは、幼い子供とバイオリンという一見違和感のない組み合わせを、子供本人がどう思っていたのか、という検証過程。奥様がバイオリンの先生ということもあって、なかなか普遍的な内容になっていると思います。なにより、読んで楽しいエッセイが盛りだくさん。もう一つのご趣味の洋上模型のページもあり。
野放図−オケとバラの日々− 浜松交響楽団の栗巻さんのページ。文字ばっかりの私のホームページとは逆に、浜松交響楽団について、バラについて、その他諸々の出来事を素敵なマンガで綴ってあります。くすっと楽しいストーリーで、個性的なキャラクターは、柔らかい線とやさしい色遣いで描かれていて、作者の人柄がしのばれます。「同人」的なマンガがネット上には多い中(私はそういうのも割と好きだけど)、予備知識なしで、素直に楽しく読ませてくれるマンガは貴重。「オケの日々」シリーズは「そういうの、あるある〜」と、思わず笑ってしまう情景が描かれています。ぜひ一度、見に行ってみてください。おすすめ!
YOSSHY's Homepage!! 7歳でヴァイオリンをはじめ、福岡大学交響楽団→立川の社会人オーケストラで活躍中のYOSSHYさんのページ。特に、YOSSHYの音楽論(オケ論)は読み応えがあり、何度も頷きながら読みました。オーケストラで弾いている人、必読。また、ヴァイオリン経験者がオーケストラに入った時、何に気をつけなければいけないかについて具体的に書かれたホームページは少ないため、ヴァイオリン経験者でオケ初心者な人にとっては、とても貴重な情報でしょう。ヴァイオリン初心者にとっても、「経験者でも、こんな苦労をしてたんだ〜」と気づかされると同時に、自分自身がソロを弾くときとオケで弾くときとで、何を変えなければいけないかが、これを読めば明確にわかるようになるはず。おすすめです。
アマ・オケ 滋賀県草津市周辺に新しいアマチュア・オーケストラを設立しようとされているよっし〜のしっぽさんのページ。アマチュアオーケストラがすごくお好きなんだなぁ…というのが、よく伝わってくるホームページです。初心者のあなたもアマオケに!特に草津周辺の方必見。
Einsatz 高校オケ→大学オケでヴァイオリンを弾いておられるひろさんのページ。アマオケ育ちのヴァイオリニストの日常が垣間見られる練習日記や、演奏したことのある曲の反省や記録がある音楽雑記など。これからの発展が楽しみです。
[→トップページに戻る]