練習してますかコーナー!!

これは私が数年間に渡って少しずつ翻訳してきたものです。
時々おかしな日本語が沢山ありますが、その辺はお許しを!

言い回しは違っていても目指す物は一緒のような気がします。
何をやるかよりどうやってやるかが大事です!!

効率の良い奏法を身につけて長く楽器演奏を楽しんでください。

我々日本人にとって特に大事な言語イメージによる奏法の取り違いについてもその内に......。

新大久保クロサワ・ウインドで教えています。体験レッスンなどもやっていますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

あなたは腰の脊柱で頭と胸部のバランスをとることを学ぶことができます

音楽家の頭と胸部はカーヴしてバランスをとっています(他に何が?)。脊柱の腰の部分(仙骨より5本上の脊椎骨)。それらはもっとも重さに耐えうるこれらの脊椎骨は最もがっしりしたものである。(脊椎骨はそれらが運ぶのを必要とするものより重いことに気が付きましたか?)これらのがっしりとした脊椎骨は中央のポジションへ前方へ矯正します。それゆえ頭と胸部が慢性的に彼らの背中が優しく前方にシフトし背中の低い所の苦痛は緩和されるでしょう。

トロンボーン初級コース

「エアーはあなた自身を助けます」 M.D.スチュワート

「B.E.R.P. 説明とエクササイズ 」

「初心者のためのジャズ・インプロビゼーション:パート1」 デビッド・ウィルケン

「初心者のためのジャズ・インプロビゼーション:パート2」 デビッド・ウィルケン

「初心者のためのジャズ・インプロビゼーション:パート3」 デビッド・ウィルケン

「トロンボーンでのレガート奏法:入門編 」ウォルター・バーレット

「初心者の為の2オクターブのスケールとアルペジオ」

「初心者の為の1オクターブのスケールとアルペジオ」

「若いトロンボーン奏者のためのウォームアップ」リンダ・ヨー

トロンボーン中級、上級コース

呼吸装置の使用法 アーノルド・ジェイコブスNew!

Dr.ラインハルト 過ぎ去ったが、まだ重要である デイヴ・シーツNew!

マイケル・デイビスの助言1 2005夏 New!

「高音域とアンブシャについての思考を開発すること」 ジョー・アレッシ

「概念上のアプローチ:練習すること」サム・バーティス

「アンブシャ:速い2つのパーチャル・フリクシビリティをマスターすることへのアプローチ」サム・バーティス

「アンブシャ:湿ったアンブシャ、または乾いたアンブシャ?」サム・バーティス

「帰納的な推理の誤り」サム・バーティス

「テナー・トロンボーン用のプラクティス・ミュートの比較分析」アーロン・ディガート

「インプロヴィゼーション:体、魂、心と音楽」サム・バーティス

「アタック、アンブシャ、タング(舌)と良いタイム」 サム・バーティス

「2パーチャル・フリクシビリティ・エクササイズ」サム・バーティス

トーン・プロダクション:ミルト・スティーヴンズによる思案のアウトライン

「タイム(拍子を取ること)とタイミングに関するより多くの考察」サム・バーティス

「スライド・テクニック、左手、マウスピース・プラクティス、ホーンの角度とトーン」サム・バーティス

「アンブシャ開発への交互のアプローチ、パート2」サム・バーティス

「アンブシャ開発への交互のアプローチ、パート1」サム・バーティス

グローヴァー・ミッチェルによるマスタークラス「リード・トロンボーン奏者のためのアドヴァイス」

「オーディション」ジェームス・マッキー

「上級ジャズ・トロンボーン奏者のためのリップ・フリクシビリティ」デビッド・M・ウィルケン

「ディック・グリフィン・マスタークラス:トロンボーンのマルチフォニックス」

「よりよいアーティキュレーションに向けての3つの(迅速な)ステップ」アレックス・イレス

「今日の言葉」

「今週の助言」ベン・ヴァン・ダイク

「スティーブ・ツゥーレ のマスター・クラス:シェルで音楽を作る 」

「コンラッド・ハーウィック・マスター・クラス:ドゥードゥル・タンギング入門 」

「ロビン・ユーバンクス・マスタークラス:クリアなアタックを手に入れる」

「フォンタナは病気にもかかわらずまだ伝説の技術を閃かします」
ジェリー・フィンク

「プレ・ウォームアップとウォームアップ・エクササイズ」ベン・ヴァン・ダイク

「トロンボーン演奏の為の助言」ヨセフ・アレッシ

「ア・シンギング・アプローチ・トゥー・ザ・トロンボーン」より
チャールズ・バーノン

「金管楽器を演奏するための肉体的な外見」ノーマン・ボルター

「フィル・ティールのバストロンボーンのための高度なアンブシャの研究」

「自給自足トロンボーン奏者」マイケル・マルケイ

アート・バロン・マスタークラス/プランジャー入門

プロフェッショナル・トロンボーン奏者の現在の練習戦略:2001

「ニュ−ヨークからの手紙」サム・バーティス

「ニュ−ヨークからの手紙」と「シックス・ノーツ」サム・バーティス

金管楽器全般

呼吸装置の使用法 アーノルド・ジェイコブスNew!

チコーヴィッツ・マスター・クラス1999New!

オクターブ・グリッサンドNew!

Dr.ラインハルト 過ぎ去ったが、まだ重要である デイヴ・シーツNew!

喉の位置 薔薇の臭いを感じる ― 「後方に」― ウォルト・ジョンソンNew!

良いアンブシャとは何であるか? カール・サンダース6/20Upし直しました。

マイケル・デイビスの助言1 2005夏 New!

「エアーはあなた自身を助けます」 M.D.スチュワート

「高音域とアンブシャについての思考を開発すること」 ジョー・アレッシ

「概念上のアプローチ:練習すること」サム・バーティス

「アンブシャ:湿ったアンブシャ、または乾いたアンブシャ?」サム・バーティス

「帰納的な推理の誤り」サム・バーティス

「B.E.R.P. 説明とエクササイズ 」

「アーノルド・ジェーコブス・マスタークラス手記」'90

「インプロヴィゼーション:体、魂、心と音楽」サム・バーティス

「シルキー・マスター・クラス」

「アーノルド・ジェーコブス・マスタークラス手記」'93

「アタック、アンブシャ、タング(舌)と良いタイム」 サム・バーティス

「タイム(拍子を取ること)とタイミングに関するより多くの考察」サム・バーティス

「アンブシャ開発への交互のアプローチ、パート2」サム・バーティス

「アンブシャ開発への交互のアプローチ、パート1」サム・バーティス

「レゾナント・サウンド」デレク・リーバン

「リラックスし続けること」ディレク・リーバン

魅惑の宵「モスト・レゾナント・サウンドを経験すること!」ディレク・リーバン

「トーン・クオリティの改良」ディレク・リーバン

「シカゴ交響楽団での経験に基づく音楽的金管演奏の洞察 」ジョン・ハグストロム

「エアー・デリヴァリー」リッチ・ザーボ

「レゾナント・イントネーションの効率」マーク・ヴァン・クリーヴ

「ノート・ベンディング・エクササイズ」ロジャーA. マクダフィー Jr

「ザ・スティーヴンズ・アイソメトリック・エクササイズ」ロイ・スティーヴンス

「ベルカントと金管を演奏すること」チャールズ・デイビス

「スタジオ・ミユージシャンの為のマニュアル」ゲイリー・グラント

呼吸法エクササイズ「ハタ・ヨガの呼吸法」リッチ・ザーボ

「耳栓と金管プレーヤー」Dr.ニコラス・ドロズドフ

「サウンドと音質-ヴォーカル・アプローチ」ジェームス・トンプソン・セミナー

ジェームス・スタンプ

「スタンプ:交響曲第一番」
ホーカン・ハーデンベルガーと彼のウオームアップ・ルーチン

アーノルド・ジェーコブス

呼吸装置の使用法 アーノルド・ジェイコブスNew!

「アーノルド・ジェーコブス・マスタークラス手記」'90

「アーノルド・ジェーコブス・マスタークラス手記」'93

ビル・アダム

「ビル・アダムの言明」

「リードを演奏することの一般的な問題を解決すること」 チャーリー・デイビス

「ベルカントと金管を演奏すること」チャールズ・デイビス

「トランペット・ペダゴギー」(トランペット教育)ウイリアム・A.アダム

「ザ・アダム・ルーチン」マーク・ミナシャン

カーマイン・カルーソー

「アタック、アンブシャ、タング(舌)と良いタイム」 サム・バーティス

「タイム(拍子を取ること)とタイミングに関するより多くの考察」サム・バーティス

「ゆっくりなブレス/はやいブレス」サム・バーティス

「カルーソー・レッスン・メモ」 パット・ハービソン

「カーマイン・カルーソー/ザ・マスター・ティーチャー」キャリー・レイモンド

「ゲッティング・スタート1」チャールズ・レイモンド

「ゲッティング・スタート2」チャールズ・レイモンド

「ゲッティング・スタート3」チャールズ・レイモンド

「カルーソーとクラーク・テクニカル・スタディズ」チャールズ・レイモンド

ITG'99ローリー・フリンク・マスター・クラス

「ラインハルト・フリードリッヒのセミナー」2

「ニュ−ヨークからの手紙」サム・バーティス

「ニュ−ヨークからの手紙」と「シックス・ノーツ」サム・バーティス

Dr.ラインハルト ピボット・システム

Dr.ラインハルト 過ぎ去ったが、まだ重要である デイヴ・シーツNew!

ジェローム・カレ

「スーパーチョップスに関する新しいアイデア」ジェローム・カレ

「スーパーチョップスを開発する方法
と新しい自由で容易さを備えたすべての音域での演奏」ジェローム・カレ

トランペット

チコーヴィッツ・マスター・クラス1999New!

Dr.ラインハルト 過ぎ去ったが、まだ重要である デイヴ・シーツNew!

喉の位置 薔薇の臭いを感じる ― 「後方に」― ウォルト・ジョンソンNew!

良いアンブシャとは何であるか? カール・サンダース6/20Upし直しました。

「B.E.R.P. 説明とエクササイズ 」

「ドク・セバリンセンのウオームアップ」

「シルキー・マスター・クラス」

「レゾナント・サウンド」デレク・リーバン

「リラックスし続けること」ディレク・リーバン

魅惑の宵「モスト・レゾナント・サウンドを経験すること!」ディレク・リーバン

「トーン・クオリティの改良」ディレク・リーバン

「練習ノート」クリス・ゲッカー

「サマー・プラクティス2001 」クリス・ゲッカー

「シカゴ交響楽団での経験に基づく音楽的金管演奏の洞察 」ジョン・ハグストロム

「エアー・デリヴァリー」リッチ・ザーボ

「レゾナント・イントネーションの効率」マーク・ヴァン・クリーヴ

「 ノート・ベンディング・エクササイズ」ロジャーA. マクダフィー Jr

メンデスのクリニックについての詳細「私はラファエル・メンデスに会いました」- ビル・ブリッジ

「シルキーのレッスンからの他のエクササイズ」

「シルキー・パワー・エクササイズ」デビッド・ビールガー

「練習メモ」ロジャー・イングラム

「ビル・アダムの言明」

「アドルフ・ハーセス・レッスン・メモ」

「ウオーム・アップ」

「リードを演奏することの一般的な問題を解決すること」 チャーリー・デイビス

「ベルカントと金管を演奏すること」チャールズ・デイビス

「ウィントン・マルサリスの練習課題と助言」

「ウィントン・マルサリスの有効な練習の為の12の規則」

「バルブを使わないスケール・エクササイズ」

「ウォーム・ダウン」

「アンブシャと呼吸のテクニックにおいて」アレン・ヴィズッティ

「コンサートの準備とパフォーマンス・テクニック」アレン・ヴィズッティ

「クラッシックとジャズ両方を演奏することの問題と長所」アレン・ヴィズッティ

「ウォームアップとデイリー・エクササイズ」アレン・ヴィズッテイ

「スーパーチョップスに関する新しいアイデア」ジェローム・カレ

「スーパーチョップスを開発する方法
と新しい自由で容易さを備えたすべての音域での演奏」ジェローム・カレ

「アタック」コンラディン・グロート

「ラインハルト・フリードリッヒのセミナー」1

「ラインハルト・フリードリッヒのセミナー」2

「サウンドと音質-ヴォーカル・アプローチ」ジェームス・トンプソン・セミナー

「クリフォード・ブラウン--トランペット奏者のトレーニング」ホーリー・ウエスト
ダウン・ビート・マガジン、1980年7月

「トランペット・ペダゴギー」(トランペット教育)ウイリアム・A.アダム

「ザ・アダム・ルーチン」マーク・ミナシャン

ボビー・シューのクリニック'99

「スタンプ:交響曲第一番」
ホーカン・ハーデンベルガーと彼のウオームアップ・ルーチン

木管楽器

サクソフォンの為の「マウスピースでの練習 」シューシャイン

「シューシャイン・メソードの10ステップの為のガイド」

「アンブシャ・コントロール」ジャック・レイング


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ